旅をより快適に!空港のカードラウンジ、エアラインラウンジまとめ

スポンサーリンク


みなさん、こんにちは!

Backpackers WireライターのYoshi(@yoshi_bpwire)です。

 

みなさんは空港って好きですか?

僕は、空港の空気感が好きで、飛行機に乗るわけでもないのに空港によく行きます。

羽田空港なんて、乗るわけでもないのに3回も行きました。(京急使うと品川から近いですよね)

 

さて、ほとんどの人は飛行機に乗るために空港に行くと思います。

一般的に、国際線では2〜3時間前、国内線でも1時間前には空港に着いていたほうがよいと言われています。

でも、早く着いてしまったり、思ったよりフライトまで時間があると、時間を潰さないといけませんよね

 

「あー、ゆっくりと待っていられるスペースがあればいいのに」と思うあなた。

そんなあなたに、ぜひオススメの過ごし方が「空港ラウンジ」です。

 

空港ラウンジは、より快適に旅を楽しめるとっておきの空間です。

きっとあなたの旅をさらに優雅なものにしてくれるはず。

 

僕も空港ラウンジを最近使い始めました。

今まで時間潰すのにウロウロしたり、席が埋まっていてなかなか座れなかったこともありました。

しかし、ラウンジのおかげで、飛行機に乗る前にくつろげるようになり、快適に旅ができるようになりました!

 

そこで今回は、空港ラウンジの良さについて、ご紹介していきます!

 

スポンサーリンク


空港ラウンジって何?

空港ラウンジとは、空港にある特別待合室です。

飛行機の出発を待つ人のために設置されており、利用資格を持つ人なら誰でも使うことができます。

 

ラウンジに入場できる人が制限されていることから、基本的には落ち着いた空間です。

また、接客担当者が常駐していて、飲み物や軽食が提供されていることも多いです。

 

空港ラウンジは、大きく分けると2種類があります。

それぞれ利用資格が異なります。

 

カードラウンジ

セントレアラウンジ

カードラウンジは、クレジットカード会社がカード会員の便宜を図って、設置しているラウンジです。

基本的には、制限区域外(保安検査に入る前)のスペースにあります。

入場できる資格は、クレジットカードの上級会員(ゴールドカード以上を持っている)ことです。

 

さまざまなカード会社が共同で運営していることが多いです。

空港によっては、空港直営のラウンジがカードラウンジを兼ねていることもあります。

 

エアラインラウンジ

サクララウンジ

エアラインラウンジは、各航空会社が自分のエアラインの顧客のために設置しているラウンジです。

基本的には、制限区域内(保安検査を通った後)にあります。

飛行機の搭乗口に近いので、使う資格のある人にとってはかなり便利です。

 

入場資格は、ビジネスクラス、ファーストクラスを予約した人や、エアラインの上級会員(特別な会員カードを持っている常連さん)であることです。

また、ラウンジによっては同じアライアンス(航空会社のグループ)であれば、使えることもあります。

 

例えば、日本の代表的なエアラインであるJAL、ANAを見てみましょう。

 

JAL(日本航空)

JALエアラインラウンジ資格

エアラインラウンジが使えるJALの会員ステイタスは現在5種類です。

  • JMBダイアモンド
  • JGCプレミア
  • JMBサファイア
  • JMBクリスタル(※ラウンジクーポンが必要)
  • JALグローバルクラブ

 

JALは国内に3タイプのエアラインラウンジを持っています。

  • ダイアモンド・プレミアム ラウンジ
  • サクララウンジ
  • 共有ラウンジ

これらのラウンジは、会員資格によって使える、使えないが違います。

詳しくは、JALラウンジサービス利用基準をご覧ください

 

ANA(全日空)

エアラインラウンジが使えるANAの会員は下の6種類です。

  • 「ダイヤモンドサービス」メンバー
  • 「プラチナサービス」メンバー
  • 「ブロンズサービス」メンバー
  • スーパーフライヤーズ会員
  • ミリオンマイラーのお客様
  • スター アライアンスゴールド会員

また、その他にもクーポンなどを持っていると入れることもあるようです。

 

ANAが国内に持つラウンジは以下の4種類です。

  • ANA SUITE LOUNGE
  • ANA LOUNGE
  • ANA ARRIVAL LOUNGE(成田空港のみ)
  • セントレア エアラインラウンジ(JALと共用)
  • スターアライアンス ラウンジ(セントレア)

こちらも入れるラウンジに細かい条件があるので、ANAラウンジ利用基準をご覧ください。

 

カードラウンジと違って、エアラインラウンジは入るための資格が厳しいです。

中には、上級会員になるためにマイルを貯める人もいるほどです。

 

空港ラウンジを使うメリット

清潔でゆったりとしたスペース

セントレアカードラウンジ

空港ラウンジは、飛行機の出発を待つ人のために設置されているため、居心地が良くなるように工夫されています。

ラウンジ内には、大きめのソファのほか、ビジネスマンのための作業テーブル席や、向かい合ったテーブル席などがあります。

 

ラウンジに入る人が限定されているため、比較的静かな空間で、ゆっくりと時間を過ごすことができます

スマートフォンを見ている人、雑誌を読んでいる人、歓談している人など、それぞれの人が思い思いの時間を過ごしています。

 

ただし、ゆっくりとし過ぎて飛行機を乗り逃さないように気をつけましょう!

ラウンジ内には、電光案内板が設置されているので、時々自分のフライトの情報を確認しておくといいですね。

 

また、ラウンジ内はスタッフが常駐していて、掃除などを頻繁に行っているためとても清潔です。

空港の施設って、場所によって全然違いますよね。

「国際空港なのに・・・」という空港も世の中にはありますが、空港ラウンジは割と綺麗です!

特に、お手洗いなどは明らかに掃除が行き届いているので、ここぞとばかりに使ってください。(笑)

 

充電ができる

多くの空港ラウンジでは、充電スペースが設けられています。

スマートフォンやPCなどを使っていると、バッテリーがすぐ無くなってしまいます。

しかし、ラウンジ内ならば充電ができるため、バッテリーの心配はいりません。

 

Wi-Fiが使える

Wifi

空港ラウンジ内では、ラウンジ内専用のWi-Fiがあるところも多いです。

もちろん空港によっては、利用者の便宜のために無料Wi-Fiがあるところもあります。

しかし、ラウンジ内Wi-Fiは利用者が少ないため、比較的高速にインターネットに接続することができます。

 

飲み物・軽食も食べれる

空港ラウンジでは、利用者のために飲み物や軽食などが用意されています。

カードラウンジでは、ジュースやコーヒーといった飲み物のほか、簡単なお菓子などが用意されています。

 

カードラウンジ

セントレアカードラウンジ

上の写真は、中部国際空港のカードラウンジですが、愛知の銘菓しるこサンドが食べ放題です。

また、チョコレートなども置いてあり、飲み物を飲みながらつまむことができます。

 

セントレアラウンジ

 

また、セントレアのカードラウンジは国内で珍しくビールが飲み放題です。

ハートランド、キリンなどあるので、ビール好きにはたまらないですね!

ただし、飲み過ぎには要注意です。

 

那覇空港

また、那覇空港のカードラウンジ(ラウンジ華~hana~)では、生絞りのジュースが飲めます

種類は、

  • グアバジュース
  • トマトジュース
  • シークワーサージュース

の3種類です。

特に、シークワーサージュースは絶品です。

1杯では物足りなく、おかわりしました。(笑)

 

エアラインラウンジ

一方、エアラインラウンジはさらに豪華です。

軽食が用意されていることが多く、お腹が空いても困りません。

 

スターアライアンスラウンジ

例えば、ここはセントレアにある「スターアライアンスラウンジ」です

国際線出発フロアからエレベーターで降りたところにあります。

 

全面がガラス張りになっていて、とても解放感があります。

また、デザインも精錬されていて、とてもオシャレな空間です。

 

スターアライアンスラウンジ

ラウンジ内では、パンやフルーツ、カレーなどが食べられるコーナーが設置されています。

また、カップ麺なども置いてあるので、フライト前に小腹が減っても安心ですね!

 

もちろんソフトドリンクもありますし、ビールなども自由に飲むことができます。

 

エアラインラウンジは、時間を「潰す」ところではなく、時間を「過ごす」場所と言えますね。

 

シャワー・仮眠室などが使えることも

バンコク国際空港

エアラインラウンジでは、利用者のためにさまざまな設備が用意されています。

ほとんどが無料、もしくは少額の使用料を払うことで使うことができます。

 

具体的には、

  • シャワー室
  • マッサージ
  • 仮眠室
  • スパ

などなどです。

 

例えば、タイ・バンコクにあるスワンナプーム国際空港には、エアラインラウンジとしてCIPラウンジというものがあります。

ビッフェ、ドリンクバー、ワインなどのお酒が取り揃えてあるほか、パターゴルフ場、シャワー室などが完備されています。

ここだけで何時間もゆっくりできそうですね!

 

ラウンジを使う際に知っておきたいこと

当日有効の航空券が必要

空港ラウンジを使用する際には、「当日有効の航空券」が必要です。

ふらっと空港に行って、ラウンジだけ使うことはできません。

 

ラウンジに入る際には、必ずスタッフの人に、「カード(クレジット・会員)」と「搭乗券」を見せる必要があるので、忘れないようにしましょう。

カードラウンジに関して、チェックインが始まる前に使用したい場合は、「Eチケット控え」など予約が証明できるものがあれば大丈夫です。

 

到着便もOK

空港

カードラウンジのうち、制限区域外(保安検査場前)にあるところは、到着便でも使えます

これは意外と知られていないんですよね。

だから、飛行機が到着して、電車やバスなどを待つ間、ラウンジで時間を潰すこともできちゃいます。

 

国内主要空港のうち、到着便で使えるカードラウンジは以下の通りです。

  • 羽田空港 第1旅客ターミナル エアポートラウンジ
  • 成田空港 なし
  • 中部空港 プレミアムラウンジセントレア
  • 大阪空港(伊丹) カードラウンジ(ラウンジオーサカ)
  • 関西空港 カードメンバーズラウンジ 「比叡」
  • 福岡空港 くつろぎのラウンジTIME

 

本人しか入れない?

エアラインラウンジ、カードラウンジともに同伴者が入れるかどうかは、そのカードの資格によります。

カードラウンジの場合、家族会員ならば入室できるようです。

ただし、基本的には本人しか使えないと思われます。

 

また、エアラインラウンジでも、上級ステータスならば可能の場合もあります。

詳しくは、各カードのサイトで確認してください。

 

泊まれるの?

国内線ラウンジは、営業時間が決まっていて、最終の飛行機が出発するとクローズしてしまいます。

したがって、宿泊はできません。

 

国際線ラウンジの中には、夜間営業しているところもあります。

そういったところなら、仮眠くらいはできるかもしれません。

 

なお、最近では空港に格安宿泊施設(カプセルホテル)などができてきています。

 

比較的安く泊まれるので、使うのも手かもしれません。

 

どうしたら使えるの?

利用料金を支払う

カードラウンジでは、料金を支払うことで空港ラウンジを使うことができます。

国内線ラウンジでは1000円ほどが多いようです。

 

《参考》国内主要空港 空港ラウンジ使用料(大人1名(税込))

  • 羽田 1030円(シャワー別途+1030円)
  • 成田 Narita TraveLounge (ナリタ トラベラウンジ) 1200円
  • 成田 トラベラーズラウンジラシュラン 1030円
  • 中部 第2プレミアムラウンジ セントレア 1540円
  • 大阪(伊丹) ラウンジオーサカ 1230円
  • 関西 KIXエアポートラウンジ 時間制(※関空直営)
  • 福岡 くつろぎのラウンジTIME 1080円
  • 福岡 ラウンジTIMEインターナショナル 1080円

 

ファースト・ビジネスクラスに搭乗する

ファースト、ビジネスクラスの航空券を買えば、エアラインラウンジを使うことができます。

また、最近はプレミアムエコノミー(通称プレエコ)でも入れることもあるようです。

僕はしばらくお世話にならないことでしょう。(笑)

 

クレジットカードで入る

カードラウンジ、エアラインラウンジともにクレジットカードをつくるのが一番近道だと思います。

ここでは、僕がオススメする旅向きなクレジットカードをご紹介します。

 

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

出典:楽天HP

旅人の中で絶大の人気なのが、この楽天プレミアムカードです。

このカードはゴールドカードなので、国内線カードラウンジが使えます!

 

そして、このカードには「プライオリティ・パス」というのが無料で付きます。

プライオリティ・パスとは、全世界1000箇所以上のラウンジなどが使えるフリーパスです。

通常、使用回数無制限のプレステージカードで年間4万円の年会費がかかるそうです。

 

▼プライオリティ・パスの詳細

今なら、年会費10%OFF!89ドル(USD)で最高なサービスを~【PriorityPass】


しかし、楽天プレミアムカードを持っていれば、無料でついてくるんです。

楽天プレミアムカードの年会費は10800円ほどなので、それだけでも3万円おトクですよね。

 

僕もこのカードを持っていますが、海外のビジネスラウンジ、ファーストクラスラウンジなどが使えちゃいました!

身なりの良い人しかいなくて、サンダルで行った僕は多分少し浮いていたと思います。

 

しかも、楽天プレミアムカードはキャンペーンで最大15000ポイントがプレゼントされます。

実質、1年目のカード年会費はタダも同然です。

 

▼詳しくは、公式サイトをチェック

楽天プレミアムカード

 

JAL CLUB ESTカード

JAL CLUB EST

出典:JAL HP

JALカードには、いろいろと種類があります。

その中でも、特に20代の方にオススメしたいのが、JAL CLUB EST です。

 

このカードはなんと、サクララウンジ利用クーポンが年間5回分プレゼントされます

サクララウンジは、JAL会員の上級ステータスにならないと使えないエアラインラウンジです。

しかも、同伴者1名まで無料という太っ腹なカードです。

 

また、チェックインもビジネスクラスのカウンターを使えます

エコノミーの時のように、列に並ばなくてもいいんですね。

飛行機に乗る前にきっと優雅な時間を過ごせるに違いありません。

 

他にも、マイルの有効期限を5年に延長したり、ポイントがもらえたりと至れり尽くせり。

ぜひ20代の方は、チェックしてくださいね!

 

▼詳しくは、公式サイトをチェック

マイルがたまる「JALカード」

まとめ

いかがだったでしょうか?

普段、何気なく使っている空港でも、ラウンジが使えれば、さらに充実した旅になるに違いありません。

ぜひみなさんもカードをゲットして、優雅な旅をエンジョイしてくださいね!

 

スポンサーリンク




人気記事

この記事を書いた人

Yoshi
Yoshi
バックパッカー&アマチュアカメラマン。
東南アジアを中心にこれまで7カ国旅をしました。
綺麗な景色、美味しい物、そして人との交流が好きです。
実際に行ったからこそ分かる生の情報を発信していきます!

1件の返信

  1. 2017年2月11日

    […] 旅を優雅に!空港ラウンジをまとめてみた […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA