中国旅行入門に最適!新旧が交わる何度でも訪れたい街「上海」

スポンサーリンク


こんにちは!

Backpackers Wire ライターのharukaです。

 

突然ですが、みなさんは「中国旅行ってハードル高い…」というイメージはありませんか?

 

「なんとなく怖い…?」

「反日だし…?」

こんな風に思っている人も多いと思います。

 

いやいや、実際に行ってみると、日本で報道されているような反日の雰囲気はほとんど感じません!

だから、旅行する分には全然心配要りません。

 

むしろ中国は、こんなところなんです。

まず、ごはんは美味しい!

そして、人は優しい!(意外ですよね?仲よくなれば暑苦しいほど親切です笑)

さらには、長い長い歴史と、大陸ならではのスケールの大きさ!

 

とにかく魅力がたくさんあるんです。

日本の約25倍と広大な国土だけに、地域ごとに「本当に同じ国なのか!?」と思うほどの違いがあります。

 

その中で初めに訪れやすい都市といえば、上海ではないでしょうか。

それでは、なぜ私が上海をオススメするのか

その理由からご紹介していきます。

 

スポンサーリンク


上海が中国旅行入門に最適な理由

日本から近い

飛行機

実は、上海は日本から意外と近いんです。

飛行機で3時間なので、気軽に訪れることができます。

 

上手に周れば、週末旅行でも満喫できちゃいます。

だから、仕事が忙しくて何日も休めない・・・という人にもおすすめです。

 

外国人に寛容

上海

アヘン戦争の南京条約締結(1843)後、アメリカ、イギリス、フランスが上海に租界と呼ばれる居留地を設けました。

この租界時代は約100年続き、この期間に海外の文化や生活様式が上海に根付いたのです。

 

中国の大都市の中でも北京が政治の中心であるのに対し、上海は経済の中心です。

なので、世界中から大企業やヒト・モノ・カネが集まっています。

 

また、外国の支配下にあった歴史的背景もあり、経済の中心で国際色豊か。

だから上海は外国人や旅行者に寛容な街なんです。

 

 

上海旅行に行く前に知っておきたいこと

航空券

英字新聞

日本から直行便で約3時間

上海には上海浦東空港上海虹橋空港の2つの国際空港があります。

 

日本発着でLCCを利用するなら浦東空港。

春秋航空、ピーチ・アビエーションが就航しています。

LCC以外でも中国東方航空などLCCと思ってしまう程安いものも(こちらは虹橋空港へも就航しています)。

 

私は前回、中部国際空港→浦東空港を、春秋航空で片道7000円で行くことができました\( ˆoˆ )/

ぜひお得な航空券を探してみてください!

 

▼格安航空券を探す際にオススメの予約サイトを紹介しています

【保存版】格安航空券で海外旅行に行こう!国際線予約サイト7選

地下鉄

浦東/虹橋どちらの空港からも市内へ地下鉄が通っていて便利です。

上海の地下鉄はとても発達しており、その営業距離は2017年4月現在約600kmで世界一の長さ!

地下鉄の駅も360を超えています。

 

ただ乗り換えは分かりやすいので、路線図さえあれば移動で迷うことは少ないでしょう。

運賃も安く、3元(約60円)〜なので気軽に乗れます。

ちなみに、切符はICカードになっています。

携帯電話

旅行中でもインターネットが使えれば、調べごとや地図、辞書などが使えて便利ですよね!

 

海外Wi-Fiルーターを借りる

イモトのWi-Fi

日本、もしくは現地の空港でWi-Fiを借りる方法。

複数人で使っても同じ料金なので、グループ旅行におすすめです。

日本で借りれるものだと、イモトのWiFiや、海外専用グローバルWiFiなどが人気です。

 

▼詳しくは、こちらの記事で解説しています

海外WiFiレンタルって必要?本当におすすめな人を考えてみた

 

SIMカードを購入する

SIMフリーのスマートフォンを持っているなら、SIMカードを購入する方法もあります。

 

中国では端末とSIMカードは別売りが基本となっているため、街中でもSIMカードを購入することができます。

プリペイド式のSIMカードが主流です。中国語では「手机卡」と言います。

露店

China Unicomの店舗

日本のスマートフォンを持っていくなら中国聯通(China Unicom)のSIMカードがおすすめです。

上海では上海市内専用のものが主流となっています。他の都市も訪れる予定なら、全国で使えるものを購入しましょう。

 

 VPN

中国ではインターネットの規制があり、GoogleやFacebook、Twitter、LINE、InstagramといったSNSは基本的に使えません

しかしVPNのアプリで海外の回線を利用すれば、中国でもこれらを使うことができます(機種によっては一部使えないサービスもあります)。

 

無料のアプリでおすすめは「VPNネコ」です。

 

アプリ

上に書いたようなSNSは基本的に使えませんが、それに代わるアプリが存在します。

インストールしておくと便利です。

 

百度(バイドゥ)

Google mapのような地図アプリです。

地下鉄やバスの乗換案内としても使えます。

 

また、無料の地図アプリとして、Maps.Meもオススメです。

オフラインで地図が見れるので、旅で役立つこと間違いなし!

▼詳しくはこちらから

旅好き必携!最強オフライン地図アプリ「Maps.Me」の使い方まとめ

 

微信(we chat)

LINEのようなメッセージアプリです。

短期の旅行では不要かもしれませんが、お金をチャージして買い物の際にこのアプリでも支払いができるという優れもの!

お金を移すこともできるので、割り勘にも便利。すごい…!

 

 

中心部の見どころ

 

南京東路

外灘へ続く上海中心部のショッピングストリート。

色々な店を覗くのが楽しいです。

  

 

外灘

言わずと知れた上海一の観光名所。向こう岸には高層ビル群が、こちら側は旧租界のヨーロッパの様な石造りの建物が並びます。

 

 

空港での両替は市内までの交通費くらいに抑え、外灘にある旧租界の建物を利用した銀行で両替するのがおすすめです。

 
空港よりレートが良く、建物の中も見ることができ一石二鳥です。

私は中国工商銀行で両替しました。

 

豫園

 
大都会上海にいながら、昔ながらの中国建築や庭園を楽しむことができます。

お土産屋さんも多く、ショッピングにもおすすめです。

 

 

中心部の観光地の南京東路、外灘、豫園は全て徒歩圏です。

時間があまりないのなら、この付近に宿を取ると良いでしょう。

 

私は外灘から徒歩10分のゲストハウスに宿泊しました。

上海は中国の中では物価の高い街です。

 

ある程度の綺麗さを求めるなら、立地が良いのに格安すぎるゲストハウスは注意しましょう

北京と上海でほぼ同じ値段のゲストハウスに泊まりましたが、北京は日本と変わらない程綺麗だったのに対し、上海はトイレやシャワーがあまり綺麗ではありませんでした…(場所によると思いますが)。

 

▼ホテル・ゲストハウスを探すなら、トリップアドバイザー、アゴダのサイトが便利です!
トリップアドバイザーで上海のホテル・ゲストハウスを調べる

アゴダ(agoda)で上海のホテル・ゲストハウスを探す

夜の楽しみ方

外灘の夜景

昼と夜、両方の景色を見てほしいですが、どちらかしか時間が取れないのならぜひ夜景を!

時間をかけられるのならクルージングを楽しむのも良いですね。

 

 

展望台からの夜景

 

世界環球金融中心(上海ワールド・ファイナンシャル・センター)の展望台は474mで世界一の高さ!

上海環球金融中心 SWFC HPより

 

上海といえば思い浮かべる球が二つ付いた変わった形のテレビ塔、東方明珠

こちらは地上350mの展望台だけでなく、267m地点には夜景を楽しむことのできるレストランも。

东方明珠HPより

 

 

雑技団

上海のエンターテイメントといえば雑技団!

 

私は上海馬戯城でERA時空之旅を観ました!

 

大迫力、驚きの連続で、一番安い席でも大満足でした。

いくつかの会場があり、コンセプト、演目などそれぞれ異なります。

ぜひピッタリのものを探してみてください。

 

時間、日数に合わせて

 

新天地

昔の石造りの建物を改装したお洒落なお店やカフェが並びます。
 

田子坊

芸術家のアトリエや雑貨屋さんが集まっています。
お土産を買うのにも良いです。
   

上海ディズニーランド

日本にはないアトラクションも!

入園料は平日/土日・祝日によって異なるのでHPでチェックを(中国語、英語のみ)。

上海ディズニーリゾート公式HP

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

上海は中国で1番旅行しやすい都市だと思います。

ここで紹介した以外にも沢山見どころがあるので、何度でも訪れたくなりますね!

 

上海から各地へ新幹線や長距離列車も出ているので、慣れてきたら他の都市へ移動するのも良いかもしれません。

ぜひ自分なりの楽しみ方を見つけてみてください^ ^

スポンサーリンク




人気記事

この記事を書いた人

haruka
haruka
大学で観光と中国語を勉強しています。
今までにオーストラリア、イギリス、ロシア、台湾、中国へ行きました。
旅行と顔はめパネルが好きです!
私目線で旅の魅力を伝えていきます^^
2017年9月より中国留学予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA