路線バスで行く!タイのビーチリゾート・サメット島への行き方まとめ

スポンサーリンク


 サメット島

近年、タイで人気急上昇中のビーチリゾートがあります。それが、サメット島です。
バンコクからほど近いのにもかかわらず、白い砂浜が広がる美しいビーチ、島独特の時間の流れ、そして様々なアクティビティがそこにあります。

 

ビーチでゆっくりと過ごしたい人、また騒ぎたい人それぞれに合ったビーチがあり、みなが楽しめる島です。
島内は、比較的値段が安いゲストハウスから、コテージを持つ高級ビーチリゾートまであります。

だから、バックパッカーだけでなく、カップルや家族連れも思い思いの楽しみ方ができます。

 

詳細は、こちらの記事で紹介しているのでご覧ください。
バンコクから一番近い楽園!? サメット島に行くべき3つの理由

 

サメット島に行くには、大きく3つの方法があります。

  • ツアーで行く
  • タクシーで行く
  • 路線バスで行く

サメット島へ行くツアーは、カオサンロードを中心に旅行代理店で扱っていると思います。値段はおそらく少し高めで、場合によってはボラれるかもしれません。
タクシーで行く方法は、最短で行けますが、距離が長いのでそこそこお金がかかってしまいます。余裕がある方のみオススメです。

 

そして、今回の記事では、路線バスで行く方法を徹底解説します。僕は、このルートで過去2回サメット島を訪れました。値段も安く、時間に融通が効くので、バックパッカー的な旅をする人には、特にオススメです!

 

なお、情報は2016年9月現在のものです。情報は時とともに変化するので、あくまで参考程度にしてください。

スポンサーリンク


バンコク市内からエカマイ駅へ

サメット島へ向かう路線バスは、バンコク市内にある東バスターミナル「エカマイ」というところから出ています。
このエカマイに行く方法としては、市内バスとBTS(スカイトレイン)があります。

しかし、バンコク市内を走るバスは路線がかなり複雑で、間違いなくバスに乗るのはかなり注意がいります。また、出勤時間帯のバンコク市内は恐ろしく混雑しています。
僕は以前、カオサンロード付近からエカマイまでバスで行きましたが、1時間以上かかりました。(バンコクの道路事情は恐ろしいです)

そこで、僕は迷わずBTS(スカイトレイン)に乗ることをお勧めします。

 

 

自分のBTS最寄駅を探して、エカマイ駅を目指してください。おそらく最大40Bほどで行けるのではないかと思います。
BTSの乗り方が分からない!って方は、こちらのサイトが詳しく解説してくださっているので、参照してくださいね。
BANGKOK Navi | BTSに乗ってみよう(新しいタブが開きます)

エカマイ駅から東バスターミナルへ

エカマイ駅

駅に着いたら、東バスターミナルへ向かいます。

しかし! バスターミナルまでの案内がないため、割と迷います!(僕だけ?)

まず、下の写真にあるガラス張りのビルを探してください。バスターミナルは、こちら側です。

 

1階?に、スタバが入っていました
そして、このビルと同じ側の、ビル近くの階段と反対側の階段を降りてください!!

うまく行けると、あなたはきっとこんな景色を見ているでしょう。
まっすぐ進むと、左手にセブンイレブンが見えてきます。
その奥が、東バスターミナル・エカマイです。

もし下の景色を見ていたら、反対側に降りています。
バスターミナルは手前側にあります!
間違っても、道を渡ってはいけません。手前側にまっすぐ行ってください。

チケットを買う際の注意

東バスターミナル・エカマイ

無事に、バスターミナルに着くと、こんな建物があります。

この中に、チケットブースがあります。

このバスターミナルからは、サメット島のほか、パタヤ、チャーン島、アランヤプラテートなどのバスも出ています。
よって、チケットブースが多いので、「Koh Samet」と書いてあるブースを探してください。

 

ここでオススメは、入って左手にある、Cherdchai Tourのジョイントチケットを購入することです!
ここでは、400B(=1200円弱)で、バスターミナルからサメット島への
フェリー乗り場(バーン・ペー)までの往復バスチケット&サメット島までの
往復フェリーチケットがセットになった券を買うことができます。

これさえ買っておけば、現地で追加チケットを買う必要もありませんし、何よりここではボラれないので安心です!!

 

Cherdchai Tour Ph.085-7639889, 086-1500782
To Banphe (Nuantip pier for Koh Samet)
07.00 / 08.00 / 09.00 / 11.00 / 12.00 / 13.00 / 14.00 / 16.00 / 17.30 / 18.30 only on Fri.
173THB / Round Trip 306THB
出典:Cherdchai TourHP

これによると、7時、8時、9時、11時、12時、13時、14時、16時、17時、(金のみ18時半)と、
朝から1時間刻みで、夕方頃までバスがあります。

バスのみだと、往復306B(=900円弱)となってます。

ちなみに、サメット島まで4時間かかるので、9時ごろまでのバスに乗ることをオススメします。

 

ちなみに、右手にもサメット島行きのバス会社ありますが、バンで行くため値段が高く、フェリーチケットも付かないので自分で購入するしかありません。
何より、ここの係員から不愉快な対応をされたので、お勧めしません。(笑)

バス内の設備

出発時刻になり、チケットを乗るときに見せて、乗車します。
cherdchai tourのバス内はこんな感じです。意外と綺麗です。

 

座席は、どうやら指定みたいで、バス会社の人に指示されます。
座席はちょいちょい壊れているので、もし我慢できなかったら文句を言いましょう。

 

車内は、エアコンはついてますが、トイレなどはありません。乗車する前に、トイレは済ませておいてください。
もし途中で行きたくなったら、運転手さんにアピールするしかなさそうです。

 

このバス会社は、1人1本ボトル・ウォーターが支給されます。ありがたくもらいましょう。

 

バスはほぼノンストップで、サメット島の対岸の街バーン・ペーに向かいます。
途中休憩などはないので、お菓子などを持ち込んでおくといいでしょう。

 

4時間ほどしたら、バスは港町バーンペーに到着します。

ここから、サメット島行きのフェリーに乗ることができます!
サメット島行きのフェリー乗り場

まとめ

路線バスを使って、バンコクからサメット島まで行く方法をご紹介しました。
内容をまとめると、

  • 東バスターミナル・エカマイまではBTSを使え!
  • 駅からバスターミナルまでは分かりづらいので、気をつけて!
  • バスチケットは、左手にあるCherdchai Tourのジョイントチケットがオススメ

といった感じです。

 

 

いかがでしたか??
ぜひこの情報を参考にして、サメット島に行き、ビーチをエンジョイしてくださいね!

Backpackers Wire では、旅に役立つスキル、情報をどんどん公開しています。
ぜひ更新情報を、Facebook、Twitterでフォローしてくださいね。



スポンサーリンク




人気記事

この記事を書いた人

Yoshi
Yoshi
バックパッカー&アマチュアカメラマン。
東南アジアを中心にこれまで7カ国旅をしました。
綺麗な景色、美味しい物、そして人との交流が好きです。
実際に行ったからこそ分かる生の情報を発信していきます!

1件の返信

  1. 2017年1月6日

    […] 路線バスで行く!タイのビーチリゾート・サメット島への行き方まとめ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA