旅好き必携!最強オフライン地図アプリ「Maps.Me」の使い方まとめ

スポンサーリンク


みなさん、海外旅行でこんな経験したことはありませんか?

街をぶらぶらと歩いていて、気づいたら「今、ここどこ〜!?」ってなったこと。

必死に地図を見ても、現在地が分からないと途方に暮れてしまいますよね・・・

 

しかし、スマホが普及した今、スーパー便利なアプリが登場しました。

そう、Google Map(グーグルマップ)です。

「日常生活でいつも使ってるよー」という人も多いと思います。

 

しかし、基本的にグーグルマップは電波があるところでしか使えません

実は、グーグルマップの地図をダウンロードして使うこともできるんですが、いくつか問題があります。

 

問題① 場所によっては地図がダウンロードできない(地図の著作権の関係だそうです)

問題② ピンポイントごとに地図をダウンロードしなくてはいけない

 

 

海外で電波がなくても、オフラインで使える地図&ナビアプリがあればいいのに・・・!

実は、あるんです。

 

それが、Maps.Me(マップス・ドット・ミー)です。

 

Maps.Meがおすすめする理由、まずしておきたいこと、目的別の使いかた、海外で使う際の注意などをまとめてみました。

短期や長期の旅行から、バックパッカー旅までみなさんにお勧めできるアプリです。

それでは行ってみましょう!

 

スポンサーリンク


Maps.Meをおすすめする理由

オフラインでもOK

MAPS.ME説明

出典:Maps.Me HP

Maps.Meの最大の特徴は、ほぼすべての機能をオフラインで使える、ということです!

オフラインとは、インターネットに接続することなく使うことです。

当然、インターネットに繋がないのでパケット通信せず、費用も発生しません。

 

「海外でインターネットをすると通信料がやばい!」って聞いたことがあると思います。

海外でインターネットを国際ローミング(日本の携帯会社を経由する方法)して使うと、とんでもない請求が来るんですね。

その点、Maps.Meはパケ死する心配する必要もありません

 

では、どうやって地図を表示しているかというと、地図データを端末に保存して、それを表示しています。

GPSの電波を拾って、ちゃんと現在地も表示してくれます。

自分の居場所がわかると、とても安心できますよ!

 

詳細な地図&情報

大阪駅周辺のホテル地図

Maps.Meは、Open Street Mapの地図を使用しています。

Open Street Mapとは、いわば地図のウィキペディアみたいなもので、世界中の人が協力して地図を作成して、更新を続けてくれています。

 

無料の地図だからと言って舐められません。

地図には、交通機関、有名な建物のほか、飲食店、ホテル、銀行、ATMまでありとあらゆる情報が載っています。

 

また、最近ではリニューアルしてさらに機能が強化されました。

アプリの地図がBooking.comのデータベースと接続して、オフラインでもホテルの評価やグレードを見ることができます

グレードは、$=ゲストハウス(比較的安い宿泊施設)、$$=中堅ホテル、$$$=高級ホテル といった記載になっています。

 

強力な検索機能

Maps.Meでは、大きく以下の2つの検索ができます。

  1. スポット検索(キーワード検索)
  2. 周辺検索

 

スポット検索

スポット検索は、キーワードで場所を探す機能です。

みなさんには一番馴染みのある方法ですね。

 

検索窓に、キーワードを入れれば、検索結果がリストで表示されます。

それぞれをタップすれば、その場所の地図を表示してくれます。

 

周辺検索

周辺検索は、現在地(もしくはピンの位置)の周辺にある施設を探す機能です。

 

飲食店、ホテル、観光名所、Wi-Fiスポット、公共交通の施設など普段使いそうなお店がリストにまとめられて表示されます

リストは現在地(もしくはピンの位置)に近い順に出てくるので、分かりやすいです!

特に、飲食店とホテルは旅をしているとかなり使います。

 

ルート検索・ナビゲーションもできる

名古屋駅から名古屋城

Maps.Meは検索した結果を元に、そこまでのルート検索、ナビゲーションをすることができます

GPSを受信して、現在地から目的地までのルートを教えてくれます。

ルート表示は、下の3つのパターンがあります。

  1. 車(タクシー)
  2. 自転車
  3. 徒歩

 

ナビゲーションモードでは、目的地までのルート、方角、距離をリアルタイムで教えてくれます

移動する速度も検知していて、距離もそれに合わせて変化していきます。

これさえあれば、もう地図とにらめっこする必要はありませんね!

 

直感的な操作性

スマホを触る人

Maps.Meの基本的な操作は、とてもわかりやすいです。

画面はシンプルで、精錬されているので、誰でも使うことができます

 

グーグルマップなどと画面の動かし方なども一緒です。

地図を拡大したければ、2本指でピンチ(指を押し開くイメージ)することで拡大できます。

また、アプリは動作が軽く、使っていてストレスが溜まることもありません!

 

日本語対応!

 

Maps.Meは現在、日本語に対応しています

みなさんが持っているデバイスの言語設定に合わせて自動的に設定されます。

海外製のアプリですが、安心して使うことができますね!

 

全部無料!

お金

ここまでMaps.Meについてさまざまな機能があることを説明してきました。

こんなに高機能だったら、アプリもそれなりのお値段な気がしますよね。

 

しかし、本当にすごいのは、Maps.Meはダウンロードが無料でできるのです!

ここまで高機能だと、お金を払ってもいいのではないかと思うほど。

 

世界中を旅する上で、今後必須アプリになるのではないでしょうか

「まだMaps.Meのアプリを入れていないや」という方、下のリンクからぜひダウンロードしてくださいね!

 

まずしておきたいこと

先の章では、Maps.Meでできることを紹介してきました。

ここからは、実際の使っていくための方法についてご紹介していきます。

 

アプリをダウンロード

Maps.Meのアプリは、現在のところ、iPhone、Androidなどのスマートフォン、またiPad、Kindleなどのタブレットで使うことができます。

 

ダウンロードはこちらからできます。

App Store(iPhone、iPadなどの方)

Google Play(Android端末の方)

Amazon(Kindleの方)

 

地図をダウンロード

Maps.Meは、オフラインで地図が見られるアプリだと先にお伝えしました。

しかし、地図をあらかじめダウンロードしておかなくては、詳細に見ることはできません。

 

そこで、まずこの先旅行する、もしくは地図を見たい地域の地図をダウンロードしましょう。

Maps.meホーム

まずは、アプリを起動します。

すると、上のような画面が出てくるはずです。

 

次に、一番右下にあるボタンをタップします。

 

Masp.me ダウンロード

すると、上のような画面が出てきます。

そこで、2番目にある「マップをダウンロード」というボタンをタップしてください。

 

Maps.Meマップダウンロード

上のような画面が出てきます。

ここでは、地図のダウンロードが2通りあります。

  1. キーワード検索
  2. リスト検索

①は、国名で地図を探せます。

国名(大きな国は地域名)を入力すると、候補が表示されます。

 

②は、リストから地図を探すことができます。

今回はこの方法で探してみましょう。

「+」のボタンをタップしてみてください。

 

地図リスト

このような画面が出てきましたか?

ここでは、あいうえお順で国名がリスト表示されています。

 

「アイルランド」は、地図:4と表示されていますよね?

これは、その国の地図ファイルが複数あることを示しています。

その場合、地域ごとにダウンロードをしてください。

 

Maps.Me地図ダウンロード確認

ダウンロードしたい国(地域)を見つけたら、タップをしてみてください。

すると、上のような確認画面が出るので、「地図をダウンロード」をタップしてください。

これで、地図のダウンロードはOKです!

 

位置情報をオンに

Maps.Meでは、GPSに基づいて現在地を表示しています。

もちろん位置情報を出さなくても、アプリは使えます。

しかし、それではせっかくの機能も有効的には使えません。

 

そこで、位置情報をオンにするようにしましょう。

位置情報の設定の仕方を紹介しておきます。

※あいにくiPhone しか持っていないため、その説明だけになります。

【iPhoneの場合】

設定

まずは、「設定」を開いてください。

さまざまな項目があると思いますが、「プライバシー」を開いてください。

 

プライバシー設定

すると、プライバシーの項目が出てきます。

そこで、「位置情報サービス」をタップします。

位置情報サービス

位置情報サービスがオンになっていなければ、オンにしてください。

すると、アプリで位置情報を使うことができようになります。

 

また、合わせて「Maps.Me」の項目を探して下さい。

Maps.Me位置情報サービス

ここで、「常に許可」もしくは「このAppの使用中のみ許可」を選択しておいてください。

 

目的別使い方を解説

現在地を知りたい

Maps.Meのホーム画面を開いてください。

基本的なボタンは上のようになっています。

 

現在地を表示したい場合は、現在地のボタンを押してください。

青い三角のアイコンがあるところが、あなたの現在地です。

 

また、現在地の表示は「機内モード」でも大丈夫です

道に迷ったら、とりあえず現在地を表示して場所を確認するといいですね!

 

なお、現在地の表示にはGPSの電波を使用しています。

したがって、電波の届かない室内、トンネル内などは使えないことがあります。

 

場所を調べたい

Maps.Meでは、以下の2種類の検索ができます。

  1. キーワード検索
  2. カテゴリー検索(周辺のお店を調べる)

 

トップメニュー

検索する時は、ホーム画面の一番下にあるメニューで、左の虫眼鏡マークをタップしてください。

 

1.キーワード検索

キーワード検索とは、字のごとく場所の名前などを入力して探す方法です。

検索

ホームにある虫眼鏡マークを押して、検索画面を開きます。

すると上のような画面になるはずです。

 

一番上にある検索窓にキーワードを入力してみましょう。

今回は「大阪駅」と入れて、「検索」を押します。

 

検索結果

すると、検索結果が出てきます。

それぞれの住所、また現在地からの距離も表示してくれます。

もしうまく表示されない場合は、日本語でなくアルファベットで入れてみてください。

 

では、一番上にある「三菱東京UFJ銀行 大阪駅南出張所」を押してみます。

大阪駅地図

すると、このように地図が出てきます。

 

 

2.カテゴリー検索

カテゴリー検索は、周辺にある施設を検索してくれる機能です。

普段、旅をしている中で使いそうな場所がリスト化されていて、かなり使い勝手がよいです。

 

虫眼鏡の検索ボタンを押すと、このような画面になります。

検索

「カテゴリー」のタブを押すと、このようにカテゴリー別でお店・施設のリストが並んでいます。

 

現在、リストは以下の通りです。

  • 飲食(レストラン等)
  • ホテル(ホテル、ゲストハウス等の宿泊施設)
  • 観光
  • 無線LAN(Wi-Fiスポット)
  • 公共交通(電車の駅、バスターミナルなど)
  • ガソリンスタンド
  • 駐車場
  • 買い物(コンビニ、スーパーマーケット、その他小売店など)
  • ATM
  • 銀行
  • エンターテイメント(映画館、ボーリング場、劇場など娯楽施設)
  • 病院(病院)
  • 薬局
  • 警察
  • トイレ
  • 郵便局

ホテル検索結果

それぞれの項目を押すと、現在地から近い順でリスト表示されます。

項目を押すと、その場所の地図が表示されます。

 

大阪駅周辺のホテル地図

また、「地図を検索」と押すと、リストに載っている施設が地図上に表示されます。

今回は、大阪駅周辺のホテルを表示させてみました。

 

ホテルの場合は、Booking.comの評価とホテルのグレードが表示されます。

$=比較的安い宿泊施設(ゲストハウス)、$$=中堅ホテル、$$$=高級ホテル です。

 

なおホテルの予約は、予約サイトによって値段が違うので、様々なサイトを見て検討してくださいね。

おすすめの予約サイトを載せておきます。

 

【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

Agoda(アゴダ)

Hotels.com(ホテルズ・ドット・コム)

 

 

目的地までのルートを調べたい

Maps.Meの特徴の1つに、オフラインでルート検索ができます。

目的地検索

トップのメニューの左から2番目にあるボタンをタップしてください。

 

ルート検索窓

すると、検索窓が出てきます。

①出発場所、②目的地を設定してください。

設定の仕方は、「場所を調べたい」の章で詳しく解説しています。

 

 

また、ここでは移動手段も選択できます。

左から、

  • 自転車
  • 徒歩
  • タクシー(Uber)

の移動手段が選べます。

設定が終われば、検索をしましょう。

名古屋駅から名古屋城

今回は、名古屋駅から名古屋城まで車で行く方法を検索してみました。

すると、3.0km、5分で行けるそうです。

 

目的地までナビしてほしい

Maps.Meの大きな特徴の1つに、オフラインでナビゲーションする機能があります。

まず目的地までのルートを検索してください。

分からない方は、「目的地までのルートを調べたい」の章をご覧ください。

ナビゲーションをする

ルート検索ができたら、「開始」のボタンをタップしてください。

すると、ルート案内が始まります。

ナビゲーション

ナビゲーションでは、GPSの信号を元にして、移動速度、目的地までの時間・距離を表示してくれます。

また、この先の曲がり角なども教えてくれるので、初めてのところでももう迷わないですね!

 

場所をお気に入りしておきたい

地図を見ていて、そこを保存しておきたいということもありますよね。

Maps.Meには、場所をブックマーク(保存)する機能があります。

 

場所を検索した際や、ピンを刺した際などに画面の株に、こういったボタンが出てきます。

bookmark

このボタンを押しておけば、ブックマークリストに保存されます。

ブックマークリストは、トップメニューの左から3番目のボタンをタップすると見れます。

ブックマーク

 

海外で使う際の注意

常に機内モードにしておこう

海外でインターネットを使うと、高額請求になるって聞いたことがありませんか?

実際、日本の携帯会社を経由してインターネットを接続する「国際ローミング」というサービスを使うと、後からとんでもない額の請求がやってきます。

 

Maps.Meは、機内モードでも地図を見たり、ルートを検索したりと、ほとんどの機能を使うことができます。

なので海外では、スマートフォンを機内モード(電波OFF)にしておくことをおすすめします!

 

機内モード

iPhoneの場合、「設定」を開いた後、1番上にある「機内モード」をオンにすればOKです!

 

 

歩きスマホには気をつけて

特にナビゲーションをしていると、スマートフォンを見ながら歩く人も多いと思います。

 

しかし、海外では不意を突かれてスリに遭ったり、危険な目にあう危険もあります。

Maps.Meはとても便利なアプリですが、使う際は周囲を確かめて使ってくださいね。

また、歩きスマホは危ないので、時々立ち止まって見ることをお勧めします。

 

モバイルバッテリーを持とう

Maps.Meはオフラインで使えるアプリなので、そこまでバッテリーを食うことはありません。

しかしながら、使っているとバッテリーは少しずつでも減っていきます。

 

もし、迷った時に「バッテリーがない!」とならないように、モバイルバッテリーを1つ持っていると安心です

 

 

僕は、このモバイルバッテリーを使用しています。

iPhone6Sを使っていますが、充電器が満タンならば、3〜4回は100%まで充電できます。

 

まとめ

この記事では、Maps.Meがなぜお勧めなのか、まずしておきたいこと、目的に応じた使い方、海外で使う際の注意などをお伝えしてきました。

 

Maps.Meは、多機能でとても便利なアプリです。

これからの海外旅行に必携になるに違いありません。

また、頻繁にアップデートがされ、ますます便利になってきています。

 

ぜひみなさんもこのアプリを活用して、素敵な旅をしてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク




人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です