プロフィール

Backpackers Wire

 

Backpackers Wire(バックパッカーズ・ワイアー)をご覧いただき、ありがとうございます。

「このブログって何?」と思われているみなさまに、このブログについて簡単に紹介いたします。

 

Backpackers Wireとは?

このブログができた理由

1冊の本に突き動かされた20歳の夏

運営者であるYoshiは、当時大学生でした。

もともと国内を旅行するのが好きで、青春18切符を使って、日帰りで遠出することもありました。

 

7月のある日、学校の図書館に立ち寄りました。

そして、図書館の本棚を見ていると、1冊の本が目に止まりました。

 

それが、この本です。

 

この「僕が旅に出る理由」という本を読んで、僕は鳥肌が立ちました。

「ほとんど年齢が変わらない人たちが、1人で世界に出て、素敵な体験をしている!」

そんな衝撃を受けた気がします。

 

その頃、漠然と大学生だし「海外に行ってみたいなあ」と思っていました。

しかし、一人で行くのは勇気が出ず、躊躇していたのです。

 

でも、この本を読んで、「僕も行けるかも!」と思いました!

そして、数日後には航空券を買って、東南アジアでバックパッカーデビューすることにしたのです。

 

一人で旅をするって、どうしたらいいの?

困る

それまで海外旅行へ行ったことは数回ありましたが、1人で行ったことはありませんでした。

だから、旅行に行く前までは分からないことだらけでした。

 

「東南アジアへ旅行する時、お金どのくらい持って行けばいいの?」

「持ち物は何がいるの?」

「ネットは使えるの?海外Wi-Fiレンタルとか必要かな?」

 

あまりに分からないことが多すぎて、ひたすらグーグルで調べていました。笑

しかし、断片的な情報ばかりで、分かりやすくまとめてあるサイトは少なかったのです。

必死にあちこちを調べて、考えて、準備をなんとかしたのでした。

 

初めて行った東南アジア1人旅

空港

20歳の夏、僕は初めて1人で飛行機に乗り、タイに向かいました。

日本の空港で、フライトを待っている時のことは今でも鮮明に覚えています。

 

「2週間後、無事に日本に帰ってこれるのかな・・・?」

正直なことを言えば、期待より不安のほうが大きかったのでした。

 

持っているのは、往復の航空券と、1日目のゲストハウスの予約のみ。

明日からの予定は、まだ何一つも決まっていなかったのです。

 

カオサンロード

実際、2週間タイとカンボジアを旅してみて、最初の不安は吹き飛びました。

 

執拗なトゥクトゥクドライバー、けたたましいクラクション、雑踏の熱気・・・。

目にするもの全てが目新しく、人のエネルギーに満ちていました。

 

「これが、アジアなんだ・・・」

テレビで見たことしかなかった世界が目の前にあって、それを5感でリアルに感じていました。

 

僕は、これほど自分が生きていることを感じたことはありませんでした。

それ以来、東南アジアに魅了され、バックパッカーとして旅をするようになりました。

僕の経験が誰かの役に立つ!

情報を調べる

旅をするようになって、友達にもいろいろと旅について聞かれるようになりました。

僕も、丁寧に質問に答えていました。

ある時に、こう思ったんです。

「僕が調べて、旅した経験は誰かの役に立つのじゃないか」と。

 

そして、自分がこれまで経験したこと、学んだことを分りやすく伝えるサイトをつくりました。

それが、このBackpackers Wireです。

編集方針

実際に行って「生」の情報を発信する

旅行は昔から人気なジャンルです。

だから、インターネットで調べてみれば、多くの旅行サイトが見つかります。

しかし、その中には誰かの記事をただまとめただけで、実際に行ったことがない人が書いている記事も数多くあります。

そのような浅い記事は、読む側にもあまり有益とはならないでしょう。

 

だからこそ、このBackpackers Wireでは、実際に行ってみて感じた「生」の情報を提供するようにしています。

現場で見て、聞いて、肌で感じた温度感をみなさまに共有してきます。

 

本当に役立つ情報を紹介する

副題にもあるように、Backpackers Wireでは、「お得」に「賢く」旅をするための情報を数多く掲載しています。

旅をする上で、知っておけば費用を抑えられるノウハウや、効率的に旅をするための知識などを積極的に公開します。

 

また、Backpackers Wireでは、「本当によい」と思ったものを紹介していきます。

インターネット上では、残念なことに、不確かで偏った情報というのが少なからずあります。

Backpackers Wireでは、良い面、悪い面も含めて紹介して、出来るだけ公平な情報提供を心がけています。

 

圧倒的な分かりやすいコンテンツ

このサイトのターゲットは、このような人たちです。

  • ツアー旅行ばかりで、個人旅行をこれからしてみたいと思っている人
  • バックパッカーにデビューしたい、またはデビューしたての人

 

旅行をする前、旅行をする中で「知りたい!」と思った情報を、分りやすい表現、また圧倒的な丁寧さで解説していきます。

それゆえに、1記事ごとにかなりのボリュームになっています。

ぜひはてなブックマークや、Pocketなどでお気に入りなどをして、繰り返しみていただけると嬉しいです。

写真等の著作権

Backpackers Wire内に掲載されている写真は、すべて当サイトに権利帰属します。(※)

したがって、断りなく他サイトへの転載、SNSへの投稿、雑誌やメディアへの掲載はできません。

利用を希望する場合は、お問い合わせフォームよりご連絡いただきますようお願いします。

 

なお、定期的にインターネット上で無断使用がないかチェックしています。

万が一、無断使用が発覚した場合、写真の掲載の中止及び、使用料および割増金の請求をします。

※但し、引用、フリー素材サイトからの写真は除きます

免責事項

Backpackers Wireの記事を執筆するにあたっては、実際の経験を元にし、文献等の調査を行い、正確な情報を発信するように努めています。

しかしながら、時間とともに環境が変化し、情報が最新でない場合もあります。

当サイトを利用して知り得た情報によって発生した損害などについては、責任を負いかねます。

あくまで参考としていただき、自己責任で旅をお楽しみいただくようお願いいたします。

運営者紹介

Yoshi

Profile

Backpackers Wireの運営者。

バックパッカー、フォトグラファー、現役ゲストハウススタッフ。

趣味は、旅、カメラ、映画鑑賞。

途上国に興味があり、名古屋でNGOの活動にも関わる。

 

 

▼お役立ちの旅情報を発信中!

Twitter:

▼日本、世界の絶景、紹介しています

Instagram

Instagram

 

▼これまで訪れた場所

〔国内〕1道1都2府20県

北海道、東京、千葉、神奈川、静岡、新潟、山梨、長野、富山、石川、福井、岐阜、愛知、三重、奈良、京都、大阪、岡山、広島、香川、徳島、愛媛、高知、沖縄

〔海外〕7ヶ国

韓国、アメリカ(ハワイ)、タイ、カンボジア、フィリピン、ラオス、ベトナム

 

スポンサーリンク


人気記事