女子旅にロシア?私が旧首都サンクトペテルブルクをおすすめするワケ

スポンサーリンク


こんにちは!

Backpackers Wireのharukaです。

 

みなさんは、海外に1人旅に行ったことがありますか??

初めての一人旅って、すごく思い出に残るものなんですよね。

 

みなさんの一人旅デビューはどこでしたか?

「まだ行ったことないよー」という方は、これからどこに行きますか?

 

実は、私の海外一人旅デビュー・・・ロシアだったんです!

たぶんかなり珍しいですよね(笑)

 

「行ってきました!」とあまり人から聞かないロシア。

でも、実は女子に嬉しい魅力がたくさんあるんです。

今回はそんなロシアの旧首都、サンクトペテルブルクを写真を交えてご紹介していきます!

 

スポンサーリンク


サンクトペテルブルクとは?

サンクトペテルブルクは、バルト海の東部、フィンランド湾最東端に位置しています。

フィンランドから船で入国することもできるんです。

 

1914年までロシア帝国の首都でした。

現在は、レニングラード州の州都です。

ピョートル大帝をモデルにした青銅の騎士像

サンクトペテルブルクは、ピョートル大帝によってつくられた街です。

英語ではSaint Petersburg(聖ペテロの街)と表記し、ピョートル大帝が自分の名前と同じ聖人の名にちなんでつけました。

 

女子旅におすすめな5つの理由

「カワイイ」がいっぱい!

雑貨といえば、北欧のものが有名ですよね。

でもロシア雑貨は、北欧とはまた違った可愛さがあります。

 

マトリョーシカや民族衣装の店を見て回るのが楽しいです!

 

露店

 

露店がたくさん!

マトリョーシカは一つひとつ手作りのため、顔が微妙に違ったり、開けにくいものもあります。

手に取ってよく見て購入しましょう。

他の店と値段を比べたり、値段交渉もしてみましょう!

 

私が購入したのは家族のマトリョーシカ。

最初は3000ルーブル(約5400円)と言われました・・・。

 

ちょっと買えない・・・と思った私は、

「私学生なんです、お金ない!」

「もう一声!」

と値段交渉。

 

すると、1000ルーブル(約1800円)になりました!!!

 

もっと安いのもありましたが、デザインが気に入ったので即購入です。

 

スターバックスのタンブラー

 

世界一可愛いと言われるスターバックスのタンブラーが、サンクトペテルブルクにはあります。

そう、マトリョーシカのデザインなんです。

ちなみに、ロシア限定とサンクトペテルブルク限定のものがあります。

 

 

オーガニック化粧品

冬の寒さが厳しいからでしょうか?

ハンドクリームがよく売っていて、種類も豊富です。

こちらはシベリア発のブランド「ナチュラシベリカ」のハンドクリーム。

デザインが可愛いだけでなく、お肌にも優しいんです。

しかもまだ日本に直営店はなく、なかなか手に入りません!

 

私はここでリップクリームを購入。

日本で使っていたのですが、なんと夏の暑さで溶けてしまいました…

さすがオーガニック…!

 

ちなみに、ネフスキー大通り沿いに専門店があるとの噂を聞いて、実際に行ってみました。

すると、なんと潰れていました。

結局、ショッピングモールで購入しました。

 

夜でも比較的安全

こちらは夜9時頃のサンクトペテルブルクの様子です。

 

ネフスキー大通り沿いの宿だったので、遅くまで街灯が明るく人通りもあり、治安は比較的良い印象でした。

王宮広場のライトアップを見に行って、夜10時過ぎに帰ったりもしましたが大丈夫でした。

しかし路地に入ると暗いので、やはり一人で出歩くなら大通り沿いを歩くと安心です。

 

芸術の街

アート

街中では似顔絵師が店を広げていたり、作品の即売会を目にしました。

アート好きにはたまらない!

 

 

音楽

マリインスキー劇場では世界トップレベルの演奏、バレエ、オペラを楽しむことができます。

マリインスキー劇場には旧館と新館があります。

私は旧館でオペラ、新館でバレエを観ました。

お目当てだった演目のバレエは奮発して良い席で。

きっと一生に一度ですからね!

 

今死んだら幸せ…と思うほど素晴らしかったです。号泣

 

おしゃれカフェがたくさん

ちょっと一休みするのにも、素敵なカフェがたくさんあります。

 

ちなみに、スターバックスもちゃんとロシア語です。

どこを撮っても絵になる

建築

サンクトペテルブルクは、西ヨーロッパとは違った東欧の雰囲気が楽しめます。

血の上の救世主教会

こちらは、アレクサンドル2世が暗殺された場所の上に建てられた教会です。

ロシアと聞いて思い浮かべるタマネギ!

 

こちらは、ロシア・ビザンチン建築様式の代表、イサク大聖堂です。

天井がとても高いです。

別売りのチケットを買うと、展望台から市内を一望することもできます。

向こうには、エルミタージュが見えます!

地下鉄

 

地下鉄の駅まで美しい装飾が施されています。

駅ごとに違うので、用事がなくても降りたくなってしまいます!

 

エルミタージュ美術館

エルミタージュ美術館は、世界四大美術館の一つに数えられます。

(他3つはアメリカ・メトロポリタン美術館、フランス・ルーブル美術館、台湾・故宮)

エカチェリーナ2世の冬宮だっただけあって、コレクションだけでなく内装も素晴らしいです!

まとめ

ヨーロッパの旅行先というとフランスやスペインなどを選びがちですが、ロシアにもぜひ目を向けてみてください!

 

女子旅に限ったことではありませんが、ロシアはまだ日本人にメジャーな旅行先ではありません。

「ロシアに行った」と言うだけで興味を持ってもらえるのもおすすめポイントです(笑)

 

人とは一味違った旅行をしてみたい方。

東欧を体験したい方。

西ヨーロッパとは違った雰囲気のロシアに、ぜひ行ってみてくださいね!

 

▼ロシアに行く格安航空券を探すならこちらもご覧ください

【保存版】格安航空券で海外旅行に行こう!国際線予約サイト7選

スポンサーリンク




人気記事

この記事を書いた人

haruka
haruka
大学で観光と中国語を勉強しています。
今までにオーストラリア、イギリス、ロシア、台湾、中国へ行きました。
旅行と顔はめパネルが好きです!
私目線で旅の魅力を伝えていきます^^
2017年9月より中国留学予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA