海外旅行前に読んでおきたい記事まとめ

海外旅行の費用と予算の立て方

前回の「海外旅行の行き先を決める方法」という記事では、海外一人旅で行く国を決める際の4つの視点について書きました。

  1. 季節・時期
  2. 旅の目的(テーマ)
  3. 滞在時間(目的地までの距離)
  4. 旅行に使えるお金(予算)

まだ読んでいない方は、「海外旅行の行き先を決める方法」をお読みくださいね。

 

海外一人旅の旅行先も決まったところで、次に旅行の費用を見積もって、予算を立ててみます。

「なぜ予算なんて必要なの・・・?」と不思議に思っている人もいるかもしれません。

しかし、あなたが楽しい旅をする上では、お金のマネジメントがとても大切です。

 

予算を立てなければ、どの程度貯金をすればよいか分かりません。

また、海外旅行中に「お金が足りなくなってやばい・・・」なんてことは避けたいですよね。

 

  • 海外旅行にはどんなお金がかかるの?
  • 海外旅行にどのくらいお金を準備したらよいの?

今回は、こういった疑問のお持ちの方に、海外旅行にかかる費用と予算を立てる方法をご紹介していきます。

海外旅行の予算の立て方

海外旅行の平均予算は15万円

旅行予算

日本旅行業協会「海外旅行に関する調査」調査報告書 直近海外旅行費用のデータを元に作成

日本旅行業協会の調査によると、海外旅行にかかる1人あたりの費用の全体平均は15万円ほどです。

全体の分布を見ると、10〜15万円未満が19%でトップ、次いで7〜10万円未満が18%、15万〜20万円未満が14%となっています。

つまり、ほとんどの人は海外旅行で10万円程度のお金がかかっていることが分かりますね。

なお、この数字はお土産代などは含まれていないため、高額なお土産などを買うと額は増えてきます。

予算は国、旅のスタイルで大きく変わる

カオサンロード

旅の予算は、行き先の国やどういった旅をするかによって費用が大きく変わってきます。

 

韓国や台湾などは、距離が近く、日本よりも物価が若干安いため、もっと安い金額で旅行することができます。

一方で、スウェーデンやフィンランドなどの北欧の国は日本よりはるかに物価が高いため、旅行の費用がかさみます。

また、旅行先で、ゲストハウスなど安宿に泊まるか、高級リゾートに泊まるかによっても、大きな差となってきます。

海外旅行の予算の計算方法

海外旅行の予算の立て方

旅行の予算を計算する方法として、一つの式を紹介しましょう。

海外旅行の費用=(出発までの)準備費+航空券代+(1日の生活費×旅行日数)+予備費 で見積もることができます。

 

一例として、東南アジアに7日間旅行した場合を考えてみましょう。

項目については、後述の「海外旅行でかかる費用」で丁寧に説明しますのでご安心ください。

項目費用
準備費3万円
航空券代4万円
1日の生活費予算5千円
予備費2万円

この場合、旅行の予算は、3万+4万+(5千×7日間)+2万=12万5千円 となりますね。

 

同じように、ご自分の旅行の費用をこの式に入れて行くと、およそどの程度お金が必要か見えてきます。

では、それぞれの項目の費用がどういったものか確認してみましょう。

海外旅行にかかる費用

準備費:1〜2万円

準備費とは、海外旅行に行く前にかかるものの費用です。

具体的には、下記のようなものです。

  • パスポート(発行費)
  • 旅行カバン(バックパック・スーツケース)
  • 医薬品
  • 海外旅行保険
  • 海外旅行グッズ(海外対応コンセントなど)

「まだパスポートを持ってないよ!」という方は、発行費が1万6千円(10年タイプ)かかります。

また、旅行のカバンを持っていない人は、1万円程度かかります。

 

すでにパスポートやカバンを持っているよ!という人は、新規であれこれ買う必要はなさそうです。

およそ1〜2万円程度で、医薬品や海外旅行グッズは揃うはずです。

詳しい持ち物は、「旅行の準備」(現在作成中)で丁寧に説明していきます。

航空券代:1万〜 ※場所による

海外旅行の費用の中でも、大きなウェイトを占めるのが航空券代です。

韓国など近距離の国であれば、2〜3万円で済みます。

一方で、北米やヨーロッパなどの遠い国では、10万円程度はかかってきます。

MEMO

航空券代は、かなり価格の変動が大きい商品です。

お盆やGW、年末年始など長期連休では、通常の2〜3倍になることもあります。

航空券代を抑えたい場合は、長期連休や旅先のベストシーズンを外すとよいですね。

1日の生活費

1日の生活費は、海外旅行中に発生する費用の1日あたりの額です。

ここには以下のような費用が入ってきます。

  • ホテル代
  • 食費
  • 現地交通費
  • アクティビティ費
  • お土産代

特に、ホテル代と食費は毎日かかってくる費用になります。

東南アジアなどでは1日5千円程度でも、十分旅ができます。

一方で、北米、ヨーロッパなどでは1日1万円弱は最低でも欲しいところです。

予備費:1〜2万円ほど

予備費は、いわば雑費&緊急費用です。

全体の費用の2割程度があれば十分だと思います。およそ1〜2万円ほどですね。

自宅から最寄り空港までの往復の交通費や、万が一の際の費用として使います。

まとめ

今回は、海外旅行にかかる費用と予算の立て方を紹介してきました。

海外旅行の予算は「準備費+1日の予算×旅行日数+予備費」で計算するということでしたね。

あらかじめ海外旅行でどのくらいお金が必要か見積もっておくことは、安心して旅をする上でも大切です。

ぜひご自分でどのくらい費用が掛かるか計算しておきましょう。

 

次回からは、「旅の準備」編になります。

いよいよ具体的な旅の準備に入ってきます。第1回は「パスポートを申請する方法」です。

ぜひご覧くださいね!

 

次の記事>>>パスポートを申請する方法

 

初めての海外一人旅講座「旅を計画する」編
  1. 海外一人旅をおすすめする理由
  2. 海外旅行の行き先を決める方法
  3. 海外旅行の費用と予算の立て方