人気連載中!はじめての海外一人旅講座

崩れた廃墟に感動!ベンメリア遺跡(カンボジア)の行き方、注意点

こんにちは。
Backpackers WireのYoshi(@yoshi_bpwire)です。

 

カンボジア・シェムリアップといえば、世界遺産アンコールワットが有名ですよね。

でも、シェムリアップ近郊には他にも多くの遺跡があります。

 

その1つ、ここ数年人気が急上昇している遺跡が「ベンメリア遺跡」です。

旅友の中には、「アンコール・ワットよりベンメリアのほうがよかった!」と言う人も。

巷では、ジブリスタジオの名作映画「ラピュタ」に似ているとか、似ていないとか言われています。

 

この記事では、

  • ベンメリア遺跡ってどんな遺跡なの?
  • ベンメリアへの行き方、現地ツアーを知りたい
  • ベンメリア遺跡を観光する際の注意点は?
という疑問をお持ちの方に、実際に遺跡を訪れた感想を踏まえ、ベンメリア遺跡についてご紹介していきます。

ベンメリア遺跡とは?

カンボジア・シェムリアップ近郊にある廃墟遺跡

ベンメリア遺跡(Beng Mealea)は、カンボジア・シェムリアップ郊外にある仏教寺院です。

ベンメリア遺跡は、アンコール・ワット遺跡群の1つで、アンコール・ワットをつくったスリヤヴァルマン2世という国王によってつくられました。

そのせいか、アンコール・ワットと構造がよく似ており、「東のアンコール・ワット」とも呼ばれています。

 

ベンメリア遺跡の特徴は、遺跡のほとんどが崩壊していることです。

遺跡のあちこちがまるで巨人になぎ倒されたかのように、崩れ落ちています。

廃墟となった遺跡と青々とした自然が絡み合い、どこか神秘的な雰囲気を感じさせてくれます。

 

ベンメリア遺跡は、シェムリアップの街から北東65km離れたところにあります。

ヒンドゥー教の寺院であるコーケー(Kor Ker)遺跡と近いので、一緒に観光することもできます!

関連記事>>>どう楽しむ?シェムリアップのおすすめ観光スポットまとめ

入場料5$。アンコールワット入場券とは別です

ベンメリア遺跡への入場料は、1人$5です。

カンボジアは、なぜかドルが主流通貨なので、いちいち両替する必要はありません。

 

そして、気をつけたいのは、アンコール・ワット入場券とベンメリア入場券は別のものだ、ということです。

通常、アンコール・ワットの入場券を買っておけば、アンコールワット関連の遺跡にはほぼ入れます。

しかし、ベンメリア遺跡は別途入場券を買う必要があるので、窓口に立ち寄って購入しておきましょう。

 

写真のような建物があるので、こちらで入場券を買ってくださいね!

入場券売り場と遺跡の入口は若干距離が離れているので、チケットを買ったら入口まで送ってもらってください。

本当にラピュタ?ベンメリア遺跡旅行記

ベンメリア遺跡は、巷ではジブリスタジオの映画「ラピュタ」に似ていると言われています。

どうやらモデルとなったという話はデマですが、実際にラピュタの雰囲気が味わえるのか見てきました。

コブラ(ナーガ)がお出迎え

 

ベンメリア遺跡

正門からベンメリア遺跡にまっすぐ伸びる道にしたがって進んでいきます。

まずは、こちらのヘビの像がお出迎えです。

 

こいつは、ナーガ(※1)という名前がついています。

ヒンドゥー教の神の1つで、インド土着信仰から形成されました。

いわゆるコブラの形をした神さまです。

よく見ると、精巧な模様が彫りつけられており、当時の技術の高さを感じられます。

※1…コトバンク「ナーガ」

瓦礫を進む。さながらインディージョーンズ

ベンメリア遺跡

さらに進むと、いよいよベンメリア遺跡の全貌が見えてきます。

遺跡を進めば進むほど、どうしてしまったのか!と突っ込まざるを得ないほど遺跡が崩壊しています。

そして、がれきの隙間から木が生え、青々と茂っています。

自然と人口の遺跡がうまく調和されており、不思議な気分になっていきます。

ベンメリア

ベンメリア遺跡には順路があり、道にはこういった崩れた瓦礫のような場所がかなり多くあります。

どこか映画インディージョーンズのような探検家になった気分が味わえます。

 

ベンメリア

木々から漏れる日の光が、このベンメリア遺跡を引き立たせてくれます。

遺跡内は、鳥のさえずりが時折聞こえてきます。

普段、騒がしい暮らしの中にどっぷりと浸かっている僕には、どこか別世界に来たような気持ちです。

ベンメリア

いったいなぜ、ここまで遺跡が崩壊してしまったのでしょうか。

巨人でも来たのか、本当に「バルス」されてしまったのか・・・

ベンメリア遺跡は、いまだに僕にこの謎を問いかけています。

ベンメリア遺跡に行く際の注意点

ベンメリア遺跡は朝イチがオススメ!

ベンメリア遺跡は、最近とても人気が出てきている遺跡です。

したがって、大型観光バスに乗って団体ツアー客も訪れるようになりました。

 

ただ、ベンメリア遺跡は通路がとても狭いです。

当然、大勢の人が押し寄せると、全然ゆっくり回れません。

 

よって、個人旅行で行かれる方は、ベンメリア遺跡には午前中の早い時間(9時とか)には到着することをオススメします

10時を過ぎると、バスツアーの団体客がどっとやってきて、遺跡内はとても混雑します。

足場が悪い!動きやすい服装で行こう

ベンメリア遺跡

ベンメリア遺跡内は、かなり足場が悪いです。

大きな岩がごろごろしていますし、崩れた遺跡の一部も散らばっています。

そこで、動きやすい服装で行くのがオススメです。

 

具体的に言うと、

  • 上下の服は、汗をかいても大丈夫なもの
  • 履き慣れたスニーカー(サンダルはやめたほうがよい)
  • スカートよりパンツのほうがおすすめ(女の子は)

歩いている人を見ると、タイパンツを着用している人も多くいました。

自分で一番動きやすそうな服を着ておくとGoodです。

水は多めに用意しよう

ベンメリア遺跡は、思ったより大きい遺跡です。

遺跡内は足場が悪いため、けっこう体を動かします。

一方で、遺跡内には売店はないため、水を途中で買えません。

 

よって、ベンメリア遺跡に行く際には大きめの水ボトルを買っておきましょう。

シェムリアップでは、1Lボトルが$1以下で買えるはずです。

 

また、ベンメリア遺跡の入口前では、おばちゃんが水を売っています。

その際は、1本2000リエル(=$0.5)」が相場です。

言い値で買うと、高いので、気を付けましょう。

トイレは入場券を買うブースで行っておこう

ベンメリア遺跡内は、トイレがほとんどありません。

お手洗いは、あらかじめチケットを買うブースの横にあるので行っておくといいでしょう。

かなり数もあり、割と清潔なのでご安心を。

ぼったくりガイドには要注意!

ベンメリア遺跡に限った話ではありませんが、遺跡を歩いていると現地人の子どもに話しかけられることがあります。

流暢!な英語で、いろいろと説明してくれて、ずっと一緒に歩いてきます。

それで、最後まで聞くと、「ガイド料を払ってくれ」と言われることが多いです。

 

まあいい話が聞けたのなら、気持ち程度に払うのはありだと思います。

ただし、中には法外なガイド料を払うよう言ってくる人もいるので、要注意です。

ベンメリアへの行き方・アクセス

ベンメリア遺跡は、カンボジア・シェムリアップから65km離れたところにあります。

車で1時間弱、トゥクトゥクだと2時間近くかかります。

ベンメリア遺跡へ行く方法として、下の3つが有力です。

トゥクトゥクで相乗りツアー

相乗りツアーとは、ゲストハウスなどで行われている希望制のツアーです。

「ベンメリアに行きたい!」という行きたい人同士を集めて、費用を割り勘で払っていきます。

 

僕もこの方法でベンメリア遺跡に行きました。

個人的には、一番オススメです。

 

ベンメリア行きの相乗りツアーで有名なのは、シェムリアップにある「クロマヤマト ゲストハウス」というところです

日本人バックパッカーには名の知れたゲストハウスです。

ここのカフェの壁にホワイトボードが設置されていて、名前を書くことで参加の意思表明ができます。

ちなみに、クロマヤマトゲストハウスに宿泊していなくても、ここのツアーに参加できます。

 

ベンメリア行きの相乗りツアーは、4名1グループ(トゥクトゥクが4人乗りのため)です。

当然4人集まると、一番おトクに行くことができます。

 

>>>Agodaでクロマーヤマトゲストハウスの詳細を見てみる

現地ツアー

VELTRA

「ベンメリア遺跡に行きたいけど、面倒なことは嫌だなあ」という方には、現地ツアーもあります。

近くのコーケー遺跡や、水上マーケットなども1日にまとめて行けるので、あまり時間がない方にはいいかもしれません!

日本からネットで予約できるので、安心して旅もできそうです。

 

>>>VERTRAでベンメリア遺跡の現地ツアーを探してみる
icon

トゥクトゥクドライバーと直接交渉

旅慣れしている方は、人数を集めてトゥクトゥクドライバーと交渉するのも手かもしれませんね。

ただし、それなりに価格交渉に慣れていないと厳しいかと思います。

相場は$25~30程度のようです。

なお、タクシーを利用したら早く付きますが、その分$50程度と高くなります。

参考 トゥクトゥクでシェムリアップの中距離遺跡へ!トゥクトゥクの料金や注意点もおくびょう女の一人旅 参考 ベンメリア遺跡はラピュタのモデル?行き方やトゥクトゥクの相場について!海外移住計画。

まとめ

今回は、カンボジアにあるベンメリア遺跡をご紹介しました。

 

ベンメリア遺跡は、新しいカンボジアの観光スポットとして近年人気になりつつあります。

シェムリアップ市内からの現地ツアーなどを使えば、1時間足らずで訪れることも可能です。

ぜひカンボジアのシェムリアップを訪れるなら、行っておきたいですね!

あわせて訪れたい

プレアビヒア
プレアビヒア遺跡
プレアビヒア(プレアヴィヒア)寺院は、カンボジアにあるヒンドゥー様式の寺院です。2008年に世界文化遺産に登録され、カンボジアではアンコール・ワットに次ぐ2番目の世界遺産となりました。このプレアビヒア遺跡は海抜600メートル弱の山上にあり、遺跡のそばにある崖から見える絶景が本当に美しいのです。シェムリアップから4時間とちょっと時間はかかりますが、ぜひ一度は訪れてみてください!
>>>天空寺院プレアビヒア。カンボジア第2の世界遺産は絶景でした
シェムリアップ
シェムリアップ市内
アンコールワット観光の拠点となるシェムリアップ。カンボジアで最も観光客が訪れる街の1つです。シェムリアップは観光客が多いため、買い物に便利なマーケット、おしゃれなカフェ、マッサージ屋さん、バーなども多くあります。居心地がよく、ついつい長居してしまいそうな街ですね!
>>>どう楽しむ?シェムリアップのおすすめ観光スポットまとめ

 

▼東南アジアの旅の予算考えてみました

これから海外旅行に行く人必見!東南アジアを旅する費用と節約するコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください