どう楽しむ?シェムリアップのおすすめ観光スポットまとめ

こんにちは!

Backpackers WireのYoshi(@yoshi_bpwire)です。

 

カンボジアのシェムリアップ。

ここは世界遺産アンコール・ワットの最寄りの街として、世界的に有名な観光地です。

「一度は行ってみたい!」という方も多いのではないでしょうか。

でも、アンコールワット以外にシェムリアップはどんな楽しみ方があるのでしょうか?

 

そこで今回は、

「シェムリアップのおすすめ観光スポットは?」

「シェムリアップへの行き方を知りたい!」

という方に、僕が大好きな街シェムリアップをご紹介していきます!

シェムリアップとは?

カンボジア随一の世界的観光地

シェムリアップシェムリアップは、カンボジアの北西部にある街です。

世界遺産のアンコール・ワットへいく起点の街となるため、世界中の観光客が集まって来ます。

とは言っても、まだまだ都会化はされておらず、田舎町の雰囲気も残しています。

少し街から出てみると、雄大なカンボジアの平原が広がっています。

おすすめの理由

治安がよい!

シェムリアップは、比較的治安が良い街です。

多くの観光客がいるため、警備もしっかりしているようですね。

メインストリート周辺ならば、夜に出歩いても基本的に大丈夫です。

 

ただ、日本ほど治安が良いわけではありません。

夜の女性の一人歩きなどは控え、できるだけ複数人で行動しておくと安心ですね。

食事が美味しい

カンボジア・アンコール航空

シェムリアップは、世界的観光地であるため、様々な食事が食べられます。

カンボジア郷土料理のほか、西洋職、中華、フレンチ(元々カンボジアはフランス植民地だった)まであります。

特に、カンボジアの料理は味付けがマイルドで、日本人好みの味です。

 

食事の値段も、スタイルによって様々です。

高級レストランもあれば、1食200〜300円で食べられるようなレストランや屋台もあります。

自分の旅のスタイルに合わせて選べますね!

見どころがたくさんある!

シュムリアップには、遺跡や自然などを生かした観光スポットが数多くあります。

他にも、マーケットなども充実していて、お買い物好きな人も大満足です。

 

そこで、目的別に僕がシェムリアップでおすすめするスポットを紹介していきましょう。

目的別おすすめスポット

ショッピング&マーケット

パブ・ストリート

パブストリート

シェムリアップの夜遊び?で定番なのが、このパブストリート(PUB STREET)です。

ナイトマーケットの南側に位置しており、外国人のためにできたスポットです。

 

ナイトクラブ、バー、レストラン、マッサージ屋さんなど、一通りの店はここに揃っています。

たくさんのお店があるので、ぶらぶら歩き回りながら、気になったお店に入ってみるのもいいかもしれませんね。

テンプル

個人的におすすめは、パブストリート入ってすぐ右手にある「TEMPLE BALCONY」です。

ここは、カンボジアで勢いに乗っているTEMPLEグループが運営するレストランです。

 

このTEMPLE BALCONYでは毎日、7時半からカンボジアの伝統的なダンス(アプサラ)を無料で見ることができます。

ドリンクやご飯もお値打ちなので、お得感がありますね。

ダンスの後は、カンボジア人ダンサーと記念撮影もできます(笑)

 

なお、このTEMPLE BALCONY の1階は、TEMPLE CLUBというナイトクラブです。

夜遊びしたい人は、そちらに行かれるといいでしょう。

 

※一流のお店ではないので、本格的なモノを見たいという人には別のお店がよいでしょう。

 

Temple Club/Balcony

Pub Street, Mondul 1, Krong Siem Reap – カンボジア

【グーグルマップ】Temple Club/Balconyの場所確認

マッサージ屋

マッサージ

汚い足ですがご容赦ください

シェムリアップでは、いたるところにマッサージ屋があります。

一口にマッサージと言っても、フットマッサージからボディマッサージまでさまざま種類のお店があります。

費用も店によってまちまちなので、好きなところで入りましょう。

 

注意
客引きが強引、入り口に水槽があるようなマッサージ屋は要注意です。

店によっては、スペシャルマッサージ(※あっち系)を勧めてくるところもあります。

普通のマッサージを受けたいなら、よく確認しておきましょう。

TEMPLE MASSAGE

おすすめは、こちらもTEMPLEグループが運営する「TEMPLE MASSAGE」です。

マッサージ屋によって技量レベルが異なりますが、このTEMPLE MASSAGEは割と腕がいいです。

30分で$6ほどでフットマッサージを受けられます。

パブストリート内にあるので、歩き疲れたときにはぜひ立ち寄ってみてください。

TEMPLE MASSAGE

2 Thnou St, Krong Siem Reap, カンボジア

【グーグルマップ】TEMPLE MASSAGEの場所確認

ナイトマーケット

ナイトマーケット

シェムリアップのナイトマーケット(Angkor Night Market)は、街の中心部に毎晩開かれているマーケットです。

だいたい日が暮れる夕方ごろから徐々にお店が開きます。

活気があるエリアなので、歩いていても楽しいですね。

 

ナイトマーケットでは、夜ご飯のほか、Tシャツやサンダル、小物といった雑貨まで手に入れることができます。

店を見ていると、女子が好きそうなゾウ柄の可愛いポチ袋やストールなどがたくさんあります。

お土産の調達にも最適な場所です。

ナイトマーケット

写真のようなオープンテラスのレストランがたくさんあります。

僕は、ここでフライドライス(炒飯)を頼みました。

味付けも程よく、美味しくいただきました!

 

メモ
ナイトマーケット内は値札がないので、すべて交渉次第で値段が変わります

感覚的に、Tシャツ1枚は2.5$〜$3ほどが相場です。

店員さんに話しかけられたら、「トライ〜」(クメール語で「高い」の意味)といって値段交渉をしてみましょう。

オールドマーケット

オールドマーケット

オールドマーケット(Old Market)は、ナイトマーケットとは異なり、本当に「市場」です。

食材から世界雑貨まであらゆるものが売っています。

 

現地の人が普段から買い物をする場所なので、値段も現地価格でお値打ちとなっています。

ただし、英語が使えないお店もあるため、買い物をする際は頑張りましょう。笑

ちなみに、僕はここでお土産などを買い揃えました。

カフェ&スイーツ

ブルーパンプキン

ブルーパンプキン

写真のお店は現在閉店しているようです

ブルーパンプキン(Blue Pumpkin)は、カンボジアで大人気のおしゃれカフェです。

店内は、白色で統一されていて、とても清潔感があります。

 

このブルーパンプキンでは、ベッド席があります。

背もたれにだらーっと横になりながら、ドリンクを飲むことができます。

エアコンもバッチリ効いていて、ビデオ通話できるぐらいフリーWi-Fiも快適です。

シェムリアップで一番落ち着く場所と言っても過言ではありません。

 

ブルーパンプキンでは、コーヒー、ジュース、シェイク、ジェラートなどが売っています。

僕は、ここでよくマンゴーシェイクを飲んでいます。笑

また、ブルーパンプキンのパンはめちゃ美味いので、ぜひ1つ買ってみてください。

 

Blue Pumpkin Old Market

#563, 2 Thnou Street, Mondul 1 Village, Svay Dangkum Commune, Siem Reap District, Krong Siem Reap 17252 カンボジア

営業:6時〜23時

【グーグルマップ】ブルーパンプキンの場所確認

スノー・ヨーグルト

スノーヨーグルト

「シェムリアップでスイーツが食べたい!」

そんな方におすすめが、スノー・ヨーグルト(Snow  Yogurt)です。

 

ここは、カップに好きなアイスを入れて、自分の好みでトッピングをすることができます。

最後に、そのアイスの重さによって値段が決まるシステムなんです。

 

スノーヨーグルト

シェムリアップは、日差しが強く、日中は暑いです。

そんな時に、冷たいアイスは本当に美味しいです。

友達と行っても盛り上がりますね。

Snow Yogurt

Preah Sangreach Tep Vong St, Krong Siem Reap, カンボジア

【グーグルマップ】スノーヨーグルトの場所確認

観光名所・遺跡

アンコール・ワット

アンコールワット

アンコール・ワット遺跡群は、いわずと知れた世界遺産ですね。

3つのとんがりがあるアンコール・ワット遺跡が有名ですが、実は他にも大小様々な遺跡が一帯に散らばっています。

それらすべての遺跡を含めて、アンコール・ワット遺跡群と呼んでいます。

 

アンコール・ワット遺跡群はとてもサイズが大きく、それ自体が大きな宗教施設であり、街となっています。

実際、遺跡の敷地には、原住民がいて、今でも世界遺産の中で!生活をしているのですね。

 

基本的には、シェムリアップに滞在し、アンコールワット遺跡を日帰りで訪れます。

シェムリアップからは、以下の3通りの方法で行くことができます。

自分たちでトゥクトゥクをチャーターする場合、値段交渉をしておきましょう。

一番ポピュラーの遺跡を回る「大回りコース」の場合、1日で$15〜20ほどが相場かと思います。

ベンメリア遺跡

ベンメリア遺跡(Beng Mealea)は、カンボジア・シェムリアップ郊外にある仏教寺院です。

ヒンドゥー様式らしいのですが、置いてある石像は仏教系のものが多いです。

この一帯に多くあるアンコール・ワット遺跡群の1つです。

 

アンコール・ワットをつくったスリヤヴァルマン2世という国王によってつくられました。

そのせいか、アンコール・ワットとつくりが似ていて、「東のアンコール・ワット」とも称されるとか。

なぜか巷では、ラピュタに出てきそうな遺跡だと有名になりつつあります。

 

この遺跡は、シェムリアップの街から北東65km離れたところにあります。

ヒンドゥー教の寺院であるコーケー(Kor Ker)遺跡と近いので、一緒に観光することもできます!

 

▼ベンメリア遺跡はこの記事で詳しく解説しています

遺跡好きには外せない「ベンメリア遺跡」への行き方・注意点

トンレサップ湖&ハンモックカフェ

ハンモックカフェ

シェムリアップの街の南には、カンボジア最大級の湖であるトンレサップ湖があります。

その付近には、たくさんのフローティングビレッジ(湖の上にある村)があります。

シェムリアップから現地ツアーが出ているので、行ってみたい方は使ってみるのもいいかもしれません。

 

個人的におすすめが、トンレサップ湖近くにある「ハンモックカフェ」です。

簡素な作りのカフェですが、ハンモックに寝転がると目の前にはカンボジアの広大な湿原が広がります。

「自然って素敵だなあ」と思わされる場所なんです。

 

僕はシェムリアップからレンタサイクルをして、ハンモックカフェに行きました。

ただし、かなり距離があるので、楽をしたい方はトゥクトゥクを拾うといいですね。

 

▼ハンモックカフェ、トンレサップ湖についてはこちらで詳しく紹介しています

ハンモックカフェで贅沢なひとときを。カンボジア・シェムリアップの道の果てで

プレアビヒア遺跡

プレアビヒア

プレアビヒア(プレアヴィヒア)寺院は、カンボジアにあるヒンドゥー様式の寺院です。

タイとカンボジアの国境近くにそびえるダンレク山地の上にあります。

2008年に世界文化遺産に登録され、カンボジアではアンコール・ワットに次ぐ2番目の世界遺産となりました。

 

このプレアビヒア遺跡が有名なのは、遺跡のそばにある崖から見える絶景が本当に美しいことにあります。

寺院は、海抜600メートル弱の山上にあり、崖からは地平線まで広がる大地が見えます。

ここに来ると、ため息が漏れてしまします。。。

 

シェムリアップから4時間とちょっと時間はかかりますが、絶対後悔はしません。

ぜひ一度は訪れてみてください!

 

▼プレアビヒア寺院遺跡はこちらで詳しく解説してます!

天空寺院プレアビヒア。カンボジア第2の世界遺産は絶景でした

ホテル・ゲストハウス事情

ホテルシェムリアップは、世界的な観光地なだけあって、高級ホテルからリーズナブルなゲストハウスまで、たくさんあります。

目安として、1泊2,000〜3,000円だせば、かなり良いホテルに宿泊できます。

 

特に、シェムリアップは気温が比較的高く、汗ばむ日も多いです。

暑いのが苦手な人は、「ACルーム(エアコンが付いてる部屋)」かどうかを確認しておくといいですね。

 

シェムリアップのホテル・ゲストハウスを予約する場合、こちらのサイトが便利です。

また、予約サイトの使い方、注意点については、「旅行前に必読!海外ホテルの予約方法・おすすめ予約サイトまとめ」でご紹介しているので、合わせてご確認ください。

 

ちなみに、僕は1泊$3.5のゲストハウスによく泊まっています。

シェムリアップでは、以下のゲストハウスがオススメです。

特に、高知家さんは、リーズナブルなのに設備は綺麗で、ナイトマーケットまでかなり近いです。

日本人宿ではないですが、日本人宿泊者も多いので、安心ですね。

シェムリアップへの行き方・アクセス

日本から

日本からシェムリアップへ行く直行便は、現在のところありません。

しかし、2016年夏にANAが成田ープノンペン(カンボジア首都)の直行便を出し、カンボジアへのアクセスがかなりよくなりました。

他にも、タイ・バンコク、ベトナム・ホーチミン/ハノイ、韓国・ソウル乗り換えなどでも行くことができます。

関連記事>>>【保存版】格安航空券で海外旅行に行こう!国際線予約サイト7選

 

「面倒な手続きが嫌!」「ツアーで行きたい!」という方は、日本発のアンコールワット遺跡ツアーを利用するといいでしょう。

下記のようなツアーが人気です。

バンコクから

タイの首都バンコクは、日本からのアクセスもよいため、東南アジア旅行の起点となる街です。

バンコクからシェムリアップへ行くには、「タイ・バンコクからカンボジアへ! 空路&陸路での行き方、ビザ事情まとめ」で紹介しているように、以下の2通りの方法があります。

  • 飛行機を使って行く(およそ1時間)
  • 陸路で行く(およそ8時間)
旅行期間が短いといった人であれば、空路を使うのがオススメです。

圧倒的に時間が短縮できますし、面倒な国境越えをしなくて済みます。

 

一方で、時間がある、陸路で旅をしたいバックパッカーのみなさんは、陸路で行くのもアリです。

自分の足で国境を超えるのは、感慨深いです。

 

▼バンコクからシェムリアップに行く方法は、この記事で詳しく解説しています

タイ・バンコクからカンボジアへ! 空路&陸路での行き方、ビザ事情まとめ

プノンペンから

カンボジアの首都プノンペンからシェムリアップに行くには、以下の3通りの方法があります。

  • 飛行機を使う
  • バスを使う
  • スピードボートを使う
プノンペンーシェムリアップ間は、バスでおよそ6時間程度かかります。

昼行便から夜行便まで本数はかなり多いです。

およそ$10〜でバスは乗れるはずです。

 

飛行機を使う場合は、カンボジア・アンコール航空などを利用することになります。

所要時間は55分程度です。

関連記事>>>【保存版】格安航空券で海外旅行に行こう!国際線予約サイト7選

 

スピードボートは、トンレサップ湖を走るボートです。

ただ、過去に強盗事件といったトラブルが報告されているため、控えたほうがいいでしょう。

まとめ

カンボジアのシェムリアップ。

これまで2回訪れましたが、「また行きたい!」と思わせてくれる素敵な街です。

 

たくさんの遺跡、美味しいご飯、美しい自然・・・

 

老若男女問わず、どんな人にも過ごしやすそうな場所ですね。

ぜひ次のお休みに行ってみてはいかが??

 

▼東南アジアの旅行する費用をまとめてみました

これから海外旅行に行く人必見!東南アジアを旅する費用と節約するコツ

 

▼海外にお金を持って行く方法、考えました?

オススメの両替方法は?海外にお金を持って行く方法まとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA