人気連載中!はじめての海外一人旅講座

カンボジア観光ガイド

アンコールワット

カンボジアは、日本人に人気が高い東南アジアの国です。

世界遺産として有名なアンコールワットのほか、ベンメリア遺跡プレアビヒア遺跡といった古代アンコール王朝の遺跡が数多くあり、世界中の人々を惹きつけています。

他にも、悲劇の歴史であるクメール・ルージュの大虐殺の様子が学べるS21、キリングフィールドといった場所もあります。

自然と歴史が織りなすハーモニーを五感を通して学べるカンボジア。

ぜひ一度は訪れてみてはどうでしょうか?

カンボジアの代表的な観光スポット

プノンペン

プノンペンは、カンボジアの首都です。
近年、イオンが進出するなど日本との結びつきが強くなっています。
市内には、数多くのマーケットのほか、クメール・ルージュのポルポト政権が行った大虐殺を知ることができるキリングフィールドなどもあります。

シェムリアップ

シェムリアップは、世界遺産アンコールワットに観光拠点となる街です。
毎年多くの外国人観光客が来るため、外国人向けの飲食店やホテル・ゲストハウスなども充実しています。
一方で、郊外に出ればカンボジアの原風景を見ることもできます。

シェムリアップの詳細をを見る

バッタンバン

battambang
バッタンバンは、カンボジア第3の都市です。
カンボジア最大の湖トンレサップ湖に面し、フランス様式の建物が立ち並びオシャレな街です。
郊外には絶景が見渡せるワット・プノウ・サンパウほか、何十万羽のコウモリが空を飛ぶバットケイブなどもあります。
バッタンバンの詳細を見る

シアヌークビル

battambang
シアヌークビルは、カンボジアで随一のビーチ・リゾートです。
ビーチリゾートとしては割安感があり、まったりできると評判です。

目的別!カンボジアの楽しみ方

アンコール王朝遺跡巡り

プレアビヒア

カンボジアといえば、やっぱり世界遺産アンコールワット

シェムリアップ近郊には、アンコールワット遺跡群が広がっており、あなたはそれぞれの遺跡がそれぞれ違うことに気づくでしょう。

せっかく巡るなら、3〜4日は確保して、アンコールワットのほか、映画『ラピュタ』のような風景が広がる「ベンメリア遺跡」、地平線まで広がる絶景が見える「プレアビヒア遺跡」なども回ってみるといいですね!

可愛い小物も揃う!マーケットでショッピング

シェムリアップやプノンペンなどの都市には、ナイトマーケットがあります。

ナイトマーケットでは、女子ウケが良さそうな可愛い小物やTシャツなどが数多く売られており、見ているだけで楽しくなってきます。

歩き疲れたら、近くのマッサージ屋さんで一休み。

きっと素敵なカンボジアの思い出ができるに違いなし!

モデルコース

4日間:シェムリアップを楽しむ

  • シェムリアップ市内
    シェムリアップに到着。夜はナイトマーケットでお買い物。
  • 2日目
    アンコールワット観光
    早朝に、日の出を見に行く。アンコールワット観光小回りコースに参加する
  • 3日目
    ベンメリア遺跡
    ベンメリア遺跡観光に出かける
  • 4日目
    シェムリアップ市内
    マーケットでお土産などショッピング。夜、帰路につく

7日間:シェムリアップ・プノンペン2都市を回る

  • シェムリアップ市内
    シェムリアップに到着。夜はナイトマーケットでお買い物。
  • 2日目
    アンコールワット観光①
    アンコールワット観光小回りコースに参加する
  • 3日目
    アンコールワット観光②
    早朝に、日の出を見に行く。アンコールワット観光大回りコースに参加
  • 4日目
    ベンメリア遺跡
    『ラピュタ』っぽい遺跡ベンメリアに行く
  • 5日目
    プレアビヒア遺跡
    カンボジア第2の世界遺産プレアビヒア遺跡で、絶景に感動する!
  • 6日目
    シェムリアップ→プノンペン
    シェムリアップからプノンペンにバスなどで移動
  • 7日目
    プノンペン観光①
    ポルポト政権の負の遺産キリングフィールド、S21を見学する
  • 8日目
    プノンペン観光②
    プノンペン市内を観光

カンボジア基本情報

カンボジアについて

首都プノンペン
時差−2時間(GMT+7)
言語クメール語
電圧220V・50Hz
コンセントの形状A型、C型
ビザ必要
チップ必要なし

カンボジアに入国する際は、必ずビザ(査証)が必要となります。

ビザはカンボジアの空港ほか、国境などでも取得できます。

詳しくは「旅行前に必見!カンボジア観光ビザ申請方法まとめ」に記載してありますので、ぜひ確認してくださいね。

cambodia-visa旅行前に必見!カンボジア観光ビザ申請方法まとめ

カンボジアの通貨

カンボジアでは以下の通貨が使われています。

  • カンボジアリエル(R)
  • アメリカドル($)

旅する上では、基本的にアメリカドル($)を持っておけば問題ありません

リエルは、お釣り代わりに使われており、市内では便宜的にR4000=$1で取引されています。

カンボジアへの行き方・アクセス

日本からのアクセス

2018年5月現在、日本からカンボジアに行く方法としては、以下の方法があります。

  • 直行便(ANA 成田=プノンペン便)
  • 経由便(日本各地から韓国、ベトナム、タイなどで乗り換え)

カンボジアへ行く格安航空券は予約サイトを使うと見つかります。

徹底比較!格安海外航空券が検索できる予約サイトまとめ」などを参考にしてください。

徹底比較!格安海外航空券が検索できる予約サイトまとめ

周辺国からのアクセス

カンボジアは、タイ、ラオス、ベトナムと接しており、陸路での入国も可能です。

タイからの入国方法は「タイからカンボジアへ!空路・陸路での行き方・国境越え方法まとめ」で紹介しています。

タイ・カンボジア国境タイからカンボジアへ!空路・陸路での行き方・国境越え方法まとめ