海外旅行前に読んでおきたい記事まとめ

飛行機に持ち込める?海外旅行時のコンタクトレンズ事情まとめ

みなさん、こんにちは。

Backpackers Wire のYoshi(@yoshi_bpwire)です。

 

みなさんは普段コンタクトレンズをしてますか?

メガネが嫌いとか、似合わないからとコンタクトを使っている人も多いかと思います。

 

さて、いざ海外旅行に行くとなると、コンタクトについていろいろと迷いますよね。

  • 「飛行機にコンタクトレンズや洗浄液って持ち込めるの?」
  • 「飛行機でコンタクトをしていて大丈夫?」
  • 「海外旅行にコンタクトレンズってあったほうがよい?」

この記事では、こういった疑問をお持ちの方に、飛行機で行く海外旅行で知ったおきたいコンタクトについてご紹介していきます。

飛行機に機内持ち込みできる?

コンタクトレンズ:OK

コンタクトレンズ機内持ち込み可能

 

結論から言うと、国際線・国内線ともに、コンタクトレンズは機内持ち込みができます。

飛行機に液体物を持ち込む場合、制限があります。ただし、国内線の場合は、危険物でなければ全く問題ありません。

 

一方で、国際線はルールが厳しいです。

2001年の9・11同時多発テロ以降、飛行機内に持ち込める液体物のルールが厳格化しました。

しかしながら、コンタクトレンズは液体の含有量が少ないため、検査で引っかかることはありません。

僕も機内持ち込み手荷物に何度もコンタクトレンズを入れていますが、いまだ問題となったことはないです。

 

ただ、念のため容量1リットル以内のジップ付き透明ビニール袋に入れておきましょう。

国際線の液体持ち込みルールでは、以下のようになっています。

 

▼液体物を機内持ち込みできる条件

(1)液体の入る容器が各100ml以下

(2)容量1リットル以下のジップ付き透明ビニール袋に入れる

 

ジップ付きの透明なビニール袋は、近くの100円ショップで売っているものでOKです。

小物入れにもなるので、とりあえず買っておくといいですよ。

 

なお、機内持ち込みにすれば、地上と大きく気圧は変わらないので、コンタクトレンズは破裂するようなことはありません。心配しなくて大丈夫です!

コンタクトレンズ洗浄液:OK

コンタクト洗浄液

 

コンタクト洗浄液についても、飛行機内への機内持ち込みが可能です。

ただし、ルールについてはコンタクトレンズと同様です。

100ml以下のボトルのものを、1リットル以下のジップ付き透明ビニール袋に入れておきましょう。

 

特に、コンタクト洗浄液でも、サイズが大きいボトルなどは持ち込むことができません。

そういった時は、スーツケースなどに入れて預けるか、旅行用の小さなボトルを使用しましょう。

 

▼旅行用の携帯コンタクトレンズ洗浄液は便利です!

 

飛行機でコンタクトを使う際の注意点

点眼液を用意しておこう


飛行機は、高度1万2千メートルと、かなり高いところを飛んでいます。

そのため、機内は気圧が下がらなさすぎないように、空気を送って加圧しています。

ゆえに、飛行機の中はかなり乾燥しています。

コンタクトレンズをするのは問題ないですが、かなりパサパサします。

 

よって、コンタクトレンズを着けて飛行機に乗る際は、点眼液を持って行くとよいです。

なお、点眼液もやはり液体物の持ち込みルールにかかります。

繰り返しになりますが、100ml以下のボトルのものを、1リットル以下のジップ付き透明ビニール袋に入れておきましょう。

夜行便はメガネで搭乗がおすすめ

中長距離の国際線などは夜行便が多くあります。

最近では夜に搭乗して朝には現地に着く夜行便が、弾丸旅で使えると人気があります。

 

夜行便の場合、飛行機の中で寝ることになります。飛行機の中は暗くて、トイレもそこまで広くありません。

よって、夜行便に乗るときは、搭乗前に空港のトイレなどでコンタクトを外しておくといいでしょう

メガネで搭乗すれば、いつでも寝れるので安心ですね。

海外旅行でコンタクトを使う際の注意点

2ウィークとワンデー併用がおすすめ

それでは、いったいどんなコンタクトを持っていけば良いのでしょうか。

結論から言うと、2ウィークとワンデー(使い捨て)のソフトコンタクトレンズを持って行きましょう。

 

海外、特に東南アジアはまだ未舗装なところも多く、砂埃がすごいです。

また、アクティビティで海や川で遊ぶ場合は、雑菌などがコンタクトに付着する危険も高いです。

だとすると、1日使ってすぐ捨てられるワンデーが便利です。

 

ただ、ワンデーのコンタクトレンズは何かとかさばります。

あまり荷物が多いと、移動するのも一苦労です・・・

 

よって、2weekのコンタクトレンズを持って行き、状況によってワンデーのコンタクトレンズを使うのがベストだと思います。

僕の場合、旅行期間分の2weekコンタクトレンズと、1パック分ワンデーのコンタクトを持ち歩いています。

 

サングラスは1つあると重宝します

glasses

東南アジアを旅すると思いますが、日差しがとても強いです。

また、道路がダート状態なところも多く、砂埃がすごいです。

 

実際、以前カンボジアのプノンペン郊外をトゥクトゥクで走っていた時のこと。

前を走るトラックが地面の土を舞い上げて、もう前が見えなくなるほどでした。

 

よって、特に途上国を旅する人はサングラスを1つ持っておくと、とても役立ちます|

日本で買わなくても、海外のストリートなどでも売っています。

そのようなとこで調達するのもありですね。

 

現地調達は大変!日本で買っておこう

コンタクトレンズは、海外でも探せば買うことができます。

実際、僕はフィリピンでコンタクトを切らして、モールにあるお店で買って使ったことがあります。

 

ただし、どこの国でもコンタクトレンズが売っているとは限りません。

また、品質に関しては、やはり日本で販売されているもののほうが安心です。

コンタクトレンズはネットショップが激安!



旅行のために新たにコンタクトを買うと、それなりにお金がかかってしまいますよね。

「もっと安く買えたらいいな・・・」って思う方に良いお知らせです。

実は、コンタクトレンズをネットで買うと、実店舗のお店の価格より2〜3割ほど安く買えるんです。

 

僕も、以前は近所の店舗でコンタクトレンズを買っていて、1箱3千円程度していました。

しかし、インターネットで同じ商品をより安く買うようになって、月に2千円程度安くなっています

注文して数日で届くし、いままでトラブルになったこともありません。

 

「ネットで買うのはちょっと心配・・・」という方もいるかと思います。

でも、安心してください。ネットのお店でも、ちゃんと有名なブランドのもの(メニコン、Johnson&Johnsonなど)が売っています。

いつも使っているコンタクトレンズをネットで買うだけです。

 

買う際は、PWR(マイナス4.0みたいな数字)と、BC(ベースカーブ・コンタクトの湾曲度)を把握しておく必要があります。

診断書やこれまで買ったコンタクトの外箱などを見て、確認しておくといいですね。

 

>>>アットスタイルでコンタクトレンズを探してみる

まとめ

生活に欠かすことができないコンタクト。

でも、飛行機に乗る時、海外旅行の時には、持って行く方法に注意すること、ワンデーや2ウィークと併用することがおすすめ!とご紹介してきました。

しっかりと準備して、楽しい海外旅行を送ってくださいね!

 

▼海外格安航空券を探せるサイトまとめました

4項目で比較!格安海外航空券が検索できる予約サイト

 

▼海外旅行に保険って必要かな・・・と思っているあなたへ

海外旅行保険入るべき?万が一のための保険のおすすめの掛け方

 

 

▼海外にお金を持って行く方法を考えましたか??

オススメの両替方法は?海外にお金を持って行く方法まとめ

コメントを残す