人気連載中!はじめての海外一人旅講座

本当に安い?クレジットカードの海外キャッシングの手数料を実際に調べてみた

海外旅行を控えているみなさん。

あなたはこんなことを聞いたことはありませんか?

「両替するならクレジットカードの海外キャッシングがお得だよ」

 

ただ、どこかで「本当に海外キャッシングってお得なの?なんかキャッシングって危なさそう」って思っている人もいるかもしれません。

手数料がそこまで変わらないなら、ふつうに現金を持っていて両替するほうがいいよって人もいますよね。

 

というわけで、こんにちは。
Backpackers WireのYoshi(@yoshi_bpwire)です。

今回は、海外キャッシングは本当にお得なのか、調べるべく韓国に行ってきて検証した結果をまとめてみました。

実際に両替してみたら、なんと手数料に意外と差があったのです。

先に答えを言ってしまうと、海外キャッシングは確かにお得な両替方法です

海外キャッシングをしてみたい方は、この記事の最後で海外旅行におすすめのクレジットカードも紹介しているので、あわせて見ていってくださいね。

海外キャッシングとは?

クレジットカードを使って現地通貨を引き出す

海外キャッシングとは、クレジットカードの与信枠の一部をつかって、海外ATMから現地通貨を引き出す方法です

クレジットカードさえあれば、両替所でいちいち両替をしなくてよいので、近年人気になりつつあります。

海外ATM

海外キャッシングをするにあたって、特別な手続きはありません

海外キャッシングに対応したクレジットカードを現地に持っておき、ATMに入れます。

あとは手順に従って操作すれば、誰でも簡単に現金を引き出せるんですね!

詳しい操作方法は「海外ATM活用パーフェクトガイド」などを参考にしてください。

キャッシング=お金のレンタル

「キャッシングって借金でしょ?ちょっと怖いんだけど」と思っている方もいるかもしれません。

確かに、キャッシングは紛れもなく借金です。あとで借りた分を返さなくてはいけません。

 

ただイメージとしては、現地通貨のレンタル料に近いです

利用日から締め日までの期間がレンタル料(金利)としてかかってくるわけです。

キャッシングできる額は制限があるので、計画的に使えば有効な両替手段になるのですね。

本当にクレジットカードはお得な両替手段なのか

ネットでは海外キャッシングがおすすめと聞くけど・・・

為替レートがお得
利用日の実勢レートで換算されるため、銀行や両替商よりも為替レートがお得な場合があります。海外キャッシュサービスの最大のメリットといえるかもしれません。(出典:三井住友カード

インターネットで「海外キャッシング」を調べてみると、たいてい「海外キャッシングは手数料が安いからお得」と書いてます。

ただ、手数料が安いといっても「どのくらい安いの?そんなに違うの?」って思いませんか?

 

そこで、実際に韓国に行って、3万ウォンを両替してきました!

いったいどのくらい手数料が違っているのでしょうか?

韓国で3万ウォンを両替した手数料を実際に調べてみた

今回は手数料を比較するために、以下の3種類の方法で韓国の現地通貨であるウォン(KRW)を引き出してみました。

  1. 現金両替(韓国・仁川空港の両替所にて)
  2. キャッシュパスポート(海外プリペイドカード)
  3. エポスカード(海外キャッシング)

条件を同じにするために、同じ日に3万ウォン(KRW30000)を両替しています。

 

実際に両替してみた結果がこちらです。

海外キャッシングと手数料比較

3万ウォンを両替した手数料

3万ウォン(KRW)を引き出すのにかかった費用をみると、

  1. エポスカード
  2. 現金両替
  3. キャッシュパスポート

の順で安く両替できました。

それぞれ手数料について、計算式を以下に紹介しますので、気になる方は見てくださいね。

この日のレートは、¥1=8.9400KWでした。

1KRWあたりのレートに直すと、0.11185682 となります。

よって、3万KRW(ウォン)×0.11185682=3,356円(※小数点下第一位を四捨五入)となります。

キャッシュパスポートは、海外現地ATMから引き出す際に、以下の手数料がかかってきます。

  1. 為替手数料(Purse Currency Conversion Fee)
  2. 海外ATM使用料(ATM Internaitonal Country Fee)
  3. 現地ATM使用料

3万KRWを引き出すのにかかった手数料の内訳は、以下の通りです。

項目費用
為替手数料139円
海外ATM使用料200円
現地ATM使用料3,000ウォン(≒300円)

実際に支払う金額は、(引出額+現地ATM使用料)×為替レート+為替手数料+海外ATM使用料の合計になります。

今回の為替レートは、提携のマスターカードのレートで、1KRW=0.10512120 となっていました。

上の数字を計算してみると、(30,000KRW+3,000KRW)× 0.10512120 + 139円 + 200円 = 3,808円(※小数点下第一位を四捨五入)となります。

>>>キャッシュパスポートについてもっと詳しくみる

エポスカードは、現地通貨を引き出す際に、以下の手数料がかかってきます。

  1. 現地ATM使用料
  2. 海外ATM使用料
  3. 金利

今回3万ウォンを引き出すのに、以下の費用がかかっています。

項目費用
現地ATM使用料0円
海外ATM使用料108円
利子16円

実際に支払う額は、(引出額+現地ATM使用料)×為替レート+海外ATM使用料+利子となります。

両替手数料は、エポスカードが負担してくれるので、無料となっています!

為替レートは、提携のVISAの為替レートで、1KRW=0.1054となっていました。

上の数字を計算してみると、(30,000KRW + 0)× 0.1054 + 108円 + 16円 = 3,288円(※小数点下第一位を四捨五入)となります。

>>>エポスカードについてもっと詳しく見る

結論:海外キャッシングは確かに一番手数料が安い

結局、エポスカードを利用した海外キャッシングが一番安く両替することができました

次いで現金両替、一番レートがよくなかったのがキャッシュパスポート となりました。

一番レートがよかったエポスカードと、レートが良くなかったキャッシュパスポートだと、およそ500円近く手数料に差が出てきます

 

海外キャッシングでは、年利18%の金利がかかります。

ただ、1万円を1ヶ月借りても、かかる金利はおよそ150円で済みます。

海外キャッシングは、お得な両替手段だといえそうですね!

海外キャッシングできる人気クレジットカード

楽天カード

楽天カード

年会費永年無料
おすすめポイント還元率が1%と高い

楽天カードは、言わずと知れた日本でもっとも有名なクレジットカードです。

100円のカード利用で1円分ポイントが溜まるの高還元率が特徴です。

溜まったポイントは、楽天での買い物のほか、楽天トラベル経由でホテルなども予約できるので使い道は多いですね!

年会費も永年無料なので、とりあえず1枚は持っておきたいカードです。

 

>>>楽天カードについて詳しく見る

エポスカード

エポスカード

年会費永年無料
おすすめポイント海外旅行保険が自動付帯

エポスカードは、この記事の冒頭で紹介したクレジットカードです。

年会費が無料でありながら、海外旅行保険(自動付帯)が無料でついてくるので、海外旅行好きに人気があるカードなんです。

さらには、マルイの店舗に行けば最短即日で発行してくれるので、海外旅行まで時間がない人にもいいですね。

 

>>>エポスカードについてもっと詳しく見る

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費初年度無料(2年目から3千円)
おすすめポイント海外旅行保険が充実

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードは、海外旅行に特化したクレジットカードです。

海外旅行保険(自動付帯)が無料でついており、治療費用は300万円までと、かなり充実した保障となっています。

年会費は3千円ですが、初年度は無料。さらには、あなたが26歳未満なら、26歳になるまで無料です!

こちらのカードも、セゾンカウンターで最短即日発行できるので、急ぎの方にいいですね。

>>>セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードについて詳しく見る

まとめ

この記事では、クレジットカードを使った海外キャッシングが本当に安いか検証してみました。

結果として、海外キャッシングは現金両替、キャッシュパスポートよりも安く両替できました。

現地ATMで通貨を引き出せるので、いちいち両替する手間もいりません。

お金がかかる海外旅行だからこそ、クレジットカードの海外キャッシングを使ってお得に旅してくださいね!

 

▼すぐにつくれるクレジットカードをまとめてみました

海外旅行にまだ間に合う!最短即日発行のクレジットカードまとめ

最短即日発行のクレジットカード海外旅行にまだ間に合う!最短即日発行のクレジットカードまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください