人気連載中!はじめての海外一人旅講座

jetfi(ジェットファイ)の申し込み方法と注意点

1台で世界中どこでもインターネットが使える海外ワイファイレンタル「jetfi(ジェットファイ)」

ただ、「どうやって申し込んでよいか、ちょっと不安なんだよね・・・」という方も多いはず。

 

そこで、この記事では、jetfi(ジェットファイ)の申し込み方法を丁寧に解説してみました

プランの選び方から、受け取り方法まで詳しく紹介しています。

これからjetfiを借りようと思っているなら、まず先に目を通しておいてくださいね。

 

「jetfiについて、まず確認しておきたいよ!」という方は、公式サイトをまず確認してください。

 

» jetfi公式サイトを見てみる

事前に確認しておくこと

申し込み期限に注意!当日、前日レンタルは不可

jetfi申し込み期限

jetfiでは、サービスの性質上、申し込み期限が設定されています。

受け取り方法によって期限は異なり、およそ出発日から3日前までとなります。

前日、当日のレンタルはできないので注意してください

 

一番ギリギリ申し込めるのは、空港での受け取りです。

出発2日前の12時までに申し込めば、出発当日受け取れます。

※関西国際空港(関空)のみ3日前の12時まで

 

Jetfiをレンタルしたい方は、早めに予約しておきましょう。

300MB?500MB?容量プランを決めておこう

jetfiでは、通信容量プランが4種類あります。

  1. 300MBプラン
  2. 500MBプラン
  3. 1GBプラン
  4. 容量無制限プラン

容量プランは、同時に使う人数、頻繁にSNSを投稿するかどうかなどで変わってきます。

容量プランについては「250MBで十分?海外WiFiレンタルの容量プランを選ぶポイント」で詳しく紹介していますので、合わせてご確認ください。

jetfiの申し込み方法の解説

まずは下のリンクから公式サイトを開いてください。

» jetfi公式サイトを開く

 

公式サイトを開いたら、「申し込み」のボタンを押してください。

  • STEP.1

    利用エリア・国を選ぶ

    jetfiの申し込みで国を選ぶ

    まずはインターネットを利用したい国を選びます。

    この選択項目で、自動的に「アジア周遊プラン」か「世界周遊プラン」が決まります。

    使う予定の国はすべて入れておきましょう。

  • STEP.2

    受け取り方法

    jetfi申し込み・受け取り方法

    jetfiは、大きく4つの受け取り方法があります。

    自分の都合が良い方法で受け取り方法を選択してください。

    空港カウンター受け取り

    空港カウンター受け取りは、空港内にある窓口でjetfiレンタルセットを受け取る方法です。

    以下の空港で受け取りができます。

    空港によっては、受け取りカウンターが複数あります。

    自分が使う便のターミナルに近いカウンターを選ぶと便利ですね。

     

    空港受け取りの場合、空港までレンタルセットを持っていく手間は省けます。

    一方で、早朝や繁忙期(GWやお盆休み、年末年始)は混雑で受け取りまで時間がかかる可能性があります。

    また窓口の営業時間があるので、あらかじめ確認しておきましょう。

    空港コンビニ受け取り

    窓口がない空港でも、空港内にあるコンビニで受け取ることができます。

    コンビニ受け取りに対応した空港は、以下の9空港です。

    • 新千歳空港
    • 秋田空港
    • 成田空港
    • 羽田空港
    • 中部国際空港
    • 広島空港
    • 松山空港
    • 鹿児島空港
    • 那覇空港

    なお、コンビニ受け取りの場合、受け取り手数料600円(税抜)がかかります。

    宅配便受け取り

    自分の住んでいる自宅に、jetfiレンタルセットを送ってもらう方法です。

    基本的には、出発日の前日に配達されるため、必ず受け取れるようにしておきましょう。

    また、1台につき宅配便受け取り手数料が600円(税抜)かかります。

    コンビニ・郵便局受け取り

    忙しく家を空けることが多い方は、コンビニや郵便局で受け取ることも可能です。

    対応しているコンビニは、以下のお店です。

    • ファミリーマート
    • ローソン
    • ミニストップ

    また、1台につき宅配便受け取り手数料が600円(税抜)かかります。

  • STEP.3

    出国日・帰国日を選ぶ

    jetfi申し込み・出発日

    この項目では、あなたが「実際に出国する日」と「実際に帰国する日」を入力します。

    深夜便などを利用する方は、飛行機が飛び立つ日付を入力します。

    (例)
    1月15日0:30発の便に搭乗する場合、出発日=1月15日

  • STEP.4

    プラン・容量・台数を選ぶ

    jetfi申し込み・容量プラン

    jetfiでは、「アジア周遊プラン」と「世界周遊プラン」がありますが、STEP1で入力した国で自動的にプランが選択されます。

    容量プランは、以下の4種類があります(※国によって変わります)

    1. 300MB
    2. 500MB
    3. 1GB
    4. 容量無制限

    そこまでネットを使わないよ!という方は300MBで問題ないでしょう。

    ただ、海外でもInstagramを更新したい、不自由なく使いたいという方は500MB以上のプランを選ぶことをオススメします。

  • STEP.5

    オプションを選ぶ

    jetfiでは、必要に応じて以下のオプションを選べます。

    jet-phone(通話オプション)

    jet-phoneは、端末を使って日本への国際電話が格安にできるオプションです。

    一般電話、携帯電話問わずかけ放題です。

    さらには発行される専用番号に、日本から国内料金で電話をかけられるので、心配性な人でも安心ですね。

    1日あたり180円(税抜)プラスで使えます。

    » jet-phoneの詳細を見る

    アメリカ放題

    アメリカ放題は、アメリカ・ハワイに渡航する方限定のオプションです。

    1日250円の追加料金で、容量無制限でネットを使うことができます。

    » アメリカ放題の詳細を見る

    安心パック(保証制度)

    安心パックは、旅行中にjetfiの端末が盗まれた、壊れた時の賠償代金を補償してくれる保険オプションです。

    • 安心パック(300円/日)
    • 安心パックプレミアム(700円/日)

    の2種類のパックがあります。

     

    端末を万が一紛失すると、4万円の弁償となります。

    心配な方はあらかじめ加入しておくといいかもしれません。

    » 安心パックの詳細を見る

    マルチ変換プラグ

    jetfiレンタルセットには、ACアダプターは同梱されていますが、マルチ変換プラグは付いていません!

    持っていない方は、レンタルするか、自分で用意しておきましょう。

  • STEP.6

    料金の確認・利用者情報の入力

    画面の一番下に「お見積もり金額」が出るので確認しておきましょう。

    ちなみに、これは「利用料金」のみで、他に受取手数料などが別途加算されるので注意してください。

     

    ここまできたら、ほとんど手続きは完了です!

    次の画面で、自分の名前や住所などを入力していきましょう。

jetfiの支払い方法:クレジットカードが必要です

jetfiでは、クレジットカード払いのみに対応しています。

対応しているカードブランドは、以下の通りです。

  • VISA
  • MasterCard
  • American Express
  • JCB
  • Diners Club

クレジットカードを持っていない人は、この機会につくっておきましょう。

関連記事:海外旅行にまだ間に合う!最短即日発行のクレジットカードまとめ

まとめ

この記事では、jetfi(ジェットファイ)の申し込み方法について解説してきました。

jetfiを利用するには、事前予約が必ず必要です。

期限は、およそ出発日の3日前ほどになります。

 

jetfiでは、キャンペーンなどを頻繁に開催しており、タイミングによってはかなり安く借りることができます。

詳細はぜひjetfi公式サイトをチェックしてみてくださいね。

»jetfi公式サイトで詳細を見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です