人気連載中!はじめての海外一人旅講座

jetfi(ジェットファイ )の使いかた・設定方法

jetfiの使い方

jetfi(ジェットファイ)は、最近注目を集める海外WiFiレンタルです。

この記事を読んでいる方の中には「jetfiを借りようと思っているけど、自分で使いこなせるかな・・・」と心配な方もいるかもしれません。

 

結論からいうと、jetfiは誰でも簡単に使うことができます

ただし、いくつか使う上で気をつけたいこともあります。

 

そこでこの記事では、jetfi(ジェットファイ)を実際に使うために知っておくべきことをまとめました

海外旅行前に確認して、あとで困った!とならないようにしてくださいね。

 

jetfiについて詳しく知りたい方は、まずこちらの記事をご覧ください。

jetfiの口コミ本当に使えるの?jetfi(ジェットファイ )の口コミ・評判まとめ

jetfiの受け取り方法

海外旅行当日、もしくは前日までにjetfiのレンタルセットを受け取りましょう

jetfiでは、宅配便受け取りのほか、空港カウンターや郵便局・コンビニでの受け取りも可能です。

自分が一番受け取りやすい方法を、申し込みで選んでおくといいですね。

 

たまにjetfiの受け取りを忘れて、保安検査に入ってしまう方がいます。

一度、保安検査を通って出国してしまうと、何があっても戻れません・・・!

必ず保安検査に進む前に、受け取ることをお忘れなく。

 

jetfiの受け取り方法については、「jetfi(ジェットファイ)の申し込み方法と注意点」で詳しく解説しています。

jetfijetfi(ジェットファイ)の申し込み方法と注意点

jetfiは必ず手荷物持ち込みで!

jetfiレンタルセットは、必ず手荷物で機内に持ち込みましょう!

jetfiには、大容量のリチウムイオン電池が内臓されており、法律上預け荷物に入れることができません。

万が一、スーツケースなどの預け荷物に入れてしまうと、手荷物検査に引っかかるのでご注意を。

jetfiの使い方・設定方法

wifiを設定する

jetfiは、日本国内で事前設定できます。国内では通信は無料で、制限もありません!

現地に着くまでに繋いで、使えるかチェックできるので安心ですね。

STEP.1

国際ローミングをOFFにする

あなたは「海外でインターネットを使ったら、帰国後に高額請求が来てヤバかった」という話を聞いたことはありませんか?

高額請求を防ぐためには、あらかじめ国際ローミングサービスをオフにしましょう

MEMO

国際ローミングとは、海外現地の通信会社のネットワークに接続するサービスです。

当然、回線を借りているため、別途料金がかかり、帰国後に請求されます。

まず「設定」から「モバイルデータ通信」を開いてください。

その中に、「通信オプション」という項目があるのでタップしてください。

データローミング

すると、「データローミング」という項目があります。

その「データローミング」をオフにしてください。

STEP.2

モバイルデータ通信をOFFにする

次に、念押しで携帯電波を使う設定もオフにしておきましょう。

モバイルデータ通信

先ほどの「モバイルデータ通信」のページに戻ってください。

一番上に「モバイルデータ通信」という項目があります。

この「モバイルデータ通信」をオフにしてください

 

これでインターネットは、Wi-Fi接続でしか使えなくなります。

勝手にインターネットに接続しなくなるので安心ですね。

STEP.3

旅行中は機内モードのままで

海外旅行中は、基本的に「機内モード」をオンにしておくことをオススメします。

機内モードは、一切の無線通信を切っておく設定です。

しかし、機内モードがオンでも、Wi-Fiを使うことが可能です。

機内モード

「設定」のページを開き、一番上の「機内モード」をオフにしておきましょう。

これらの設定は、日本から出国する時にしておきましょう。

STEP.4

jetfiのWiFiを選択する。日本国内で事前に使える!

Wi-Fiを選択する

jetfi端末の電源ボタンを長押しして起動させます。

液晶画面に、SSID(WiFiの名前)とパスワードが表示されます。

iPhoneのwifiのページを開き、先ほどのSSIDを探して接続したらOKです。

 

詳しい使い方は、「jetfi使い方ガイド」を参照してください。

jetfiの充電方法

jetfiは、側面に充電端子の差込口(マイクロUSB端子)があります。

レンタルセットに付属のUSBケーブルとACアダプターを利用して、充電が可能です。

ACアダプターは海外対応のもの(100V〜240Vの電圧対応)なので、変圧器を用意しなくてもOKです。

 

なお、jetfiにはコンセント変換プラグが同梱していません!

自分でコンセント変換プラグを用意するか、jetfiのオプションにある「コンセント変換プラグ」をレンタルしておきましょう。

 

参考記事:海外コンセントの種類と持って行くべき変換プラグ

海外コンセントの種類と持って行くべき変換プラグ

jet-phone(電話)のかけ方

jet-phoneは、jetfiに付帯できる国際電話オプション。

jet-phoneは、jetfi端末を操作して電話を発信、受信します。

jetphoneの使い方

電話をかける方法、受けるのはとても簡単。

国際電話をかける場合は、「電話VoIP」ボタンを押してから、電話番号を打ち込んで「IP電話」を押すだけ。

国際電話を受ける場合は、「応答」を押すだけです。

 

詳しくは、jetfiの公式サイトで確認してくださいね。

jetfiを使っていてトラブルが起きたら

もし海外で、jetfiがうまく使えない!と困った時は、以下のサポートが受けられます!

国際電話によるサポート:24時間365日

+81-3-6625-4515

に電話することで、24時間365日のサポートが受けられます。

メールでの問い合わせ

helpjetfi@mayass.com

旅行前から帰国後まで、こちらのメールアドレスにE-mailでも問い合わせできます。

jetfiの返却方法

返却はレターパックを使って郵送する

jetfiは、受け取り方法にかかわらず、郵便局のレターパックを使って、郵送する必要があります

返却期限は、帰国後の翌日までです。

それ以降に発送すると、延滞料が取られるので要注意です。

 

返送先は、以下の住所です。

返送先:

〒277-0834
千葉県柏市松ヶ崎新田13-1ロジポート北柏3F 株式会社GROP内
jetfi配送センター 宛

返却には、jetfiを受け取った時にもらった返却セットを利用します。

  1. 「変装用端末格納封筒」に、収納ケースに入れたjetfi端末をしまう
  2. レターパックのFROM欄に、自分の名前や住所連絡先を記入
  3. レターパックに①と使い方ガイドを入れる
  4. 封をして、ポストに投函する

まとめ

この記事では、jetfiの使い方について紹介しました。

 

jetfiを宅配便や空港などで受け取ったら、手荷物として機内に持ち込みます。

事前設定はとても簡単で、日本国内でも設定できるので、現地で慌てる心配もありません。

電話かE-mailによる24時間365日のサポートも付いてきます。

返却は、同梱の返却セットを使って郵送すればOK。

 

もっと詳しくjetfiについて知りたい!という方は、公式サイトをぜひチェックしてください。

»jetfi公式サイトでより詳しく見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です