人気連載中!はじめての海外一人旅講座

海外旅行時のコンタクトレンズ

あなたは普段からコンタクトレンズを使っていますか?

海外旅行でもいつもと同じように、コンタクトレンズを使いたいと思う人も多いはず。

 

これだけ見ればOK!海外旅行の持ち物チェックリスト」の記事で紹介したとおり、コンタクトレンズは日本で買って旅行に持って行くことをオススメしています

では、どうやって海外旅行にコンタクトレンズを持っていけばいよいのでしょうか。

  • 海外旅行でコンタクトレンズはどう持っていくか知りたい
  • 国際線にコンタクトレンズや洗浄液は持ち込めるの?

今回は、こういった疑問をお持ちの方に、海外旅行時のコンタクトレンズについて紹介していきます。

なお、国内線の飛行機にコンタクトレンズを持ち込む方法については、「コンタクトレンズを飛行機に機内持ち込みする方法」で詳しく紹介しています。

国際線の飛行機に機内持ち込みはできる?

コンタクトレンズ:OK

コンタクトレンズ機内持ち込み可能

コンタクトレンズは、2ウィークや、使い捨てタイプ関係なしに、国際線の飛行機に機内持ち込みが可能です

10何個ほど入っているパックの場合も、同様に大丈夫です。

 

国際線では、100mLまでの液体の持ち込み制限があります。

ただ、コンタクトレンズは、液体の含有量が少ないため問題ありません。

コンタクト洗浄液:OK

コンタクト洗浄液

コンタクト洗浄液は、基本的に機内持ち込みができます

国土交通省からも、以下の回答が出ています。

コンタクトレンズの保存液や洗浄液は、「医薬品」として扱われますので、 検査員に申し出ていただくことにより、機内で必要な量に限り持込みが可能です
1L以下のプラスチック袋に入れる必要はありませんが、「医薬品」として検査員に申し出ていただく必要があります。
出典:国土交通省HP

ただし、大きなボトル(1L程度)の洗浄液だと、検査でチェックが入る可能性が高いです。

機内に持ち込むのは、旅行用のトラベルボトルにしておいて、大きなボトルはスーツケース(バックパック)に入れて預けておけば安心です。

目薬:OK

国際線の飛行機でも、目薬は機内持ち込みが可能です

先ほど「コンタクト洗浄液」で紹介したとおり、目薬も「医薬品」として扱われるので、手荷物として機内持ち込みができます。

海外旅行でコンタクトレンズを使う際の注意点

2ウィークと使い捨て(ワンデイ)を併用しよう

海外旅行の際は、2ウィークと1日使い捨てタイプ(ワンデイ)のコンタクトを一緒に持っていくことをオススメします。

その理由としては、以下の4点があります。

  1. 途上国の場合、水が必ずしも衛生的ではない
  2. 砂埃でコンタクトレンズが汚れやすい
  3. 海や川などで遊ぶ際に雑菌が付着する可能性がある
  4. ワンデーコンタクトレンズだけだと、荷物が増える

基本的には、2ウィークのコンタクトレンズを使い、状況によってワンデーを使うのがベストです。

僕は、旅行日数分の2ウィークコンタクトレンズと、1パックほどワンデーコンタクトレンズを持って行っています。

現地調達は大変。日本で買っておこう

海外旅行中にコンタクトレンズは買えないの?と思う方もいるでしょう。

しかし、海外旅行でコンタクトレンズを現地調達するのは極力避けるべきでしょう

 

海外でも、もちろんコンタクトレンズを購入することができます。

ただし、品数や種類がかなり少なく、日本で使っているコンタクトレンズが売っているとは限りません。

実際、僕がフィリピンでコンタクトレンズを探した時は、カラーコンタクトしか置いておらず、度付きのコンタクトレンズを探すのに苦労しました。

MEMO

もし海外旅行のためにコンタクトレンズを購入するなら、オンラインショップで買うのがオススメです

 

なぜなら、オンラインショップでは、お店より2〜3割ほど安く買えるからです。

大手のメニコンやJohnson&Johnsonといったメーカーの正規品なので、品質も同じです。

注文時に処方箋は不要!注文して数日で届くので、あまり旅行まで時間がない方も安心です。

 

>>>アットスタイル公式サイトでコンタクトレンズを探す

 

まとめ

今回の記事では、海外旅行時のコンタクトレンズ事情について紹介していきました。

基本的に、国際線であっても、コンタクトレンズや、洗浄液、目薬などは持ち込みができます。

ただし、大きなボトルは預けたほうが賢明ですね。

また、海外旅行時には、2ウィークとワンデーをあらかじめ購入にして持っていくとよいでしょう。

 

コンタクトレンズは、オンラインショップで買うと、お得に購入できます。

少しでも節約するために、オンラインショップを使ってみるとよいですね!

 

>>アットスタイル公式サイトでコンタクトレンズを探す

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です