人気連載中!はじめての海外一人旅講座

海外旅行で本当に使える!おすすめ海外デビットカード比較

こんにちは!
Backpackers WireのYoshi(@yoshi_bpwire)です。

 

どこで両替がおすすめ?海外旅行にお金を持っていく方法まとめ」で紹介した通り、海外旅行にお金を持って行く方法はいくつかあります。

その中で、近年人気となっている方法が「海外デビットカード(キャッシュカード)」です。

 

デビットカード自体は、J-Debitをはじめ昔から日本でもあり、使った経験がある人もいるかもしれません。

しかし、デビットカードの内には、国内利用と海外利用で特典や条件が違うカードも散見されます

 

いざ海外で使おうとして「全然使えなかった!」「キャッシュバックされると聞いたのに、適用外だった!」ということになる可能性も。

そもそも、海外デビットカードは説明が複雑で、「どのカードが自分に合うかよく分からない・・・」という方も多いはず。

 

そこで、海外一人旅をして、実際に海外デビットカードを利用している僕が、海外で本当に使えるデビットカードを調べてみました。

調べてみると、カードによって手数料から補償内容までマチマチです。

せっかくだから、お得で便利なカードを使いたいですよね?

  • どの海外デビットカードがオススメか知りたい
  • できるだけお得に使える海外デビットカードは?

この記事では、こういった疑問をお持ちの方に、海外デビットカードを比較した気づきをご紹介していきます。

海外デビット(キャッシュ)カードとは

海外ATMで現地通貨を引き出せる

海外ATM

海外デビットカードは、別名で国際キャッシュカードとも言われます。

日本の銀行が発行したキャッシュカードのうち、海外でも使えるカードを「国際デビットカード」と呼んでいます。

 

海外デビットカードの最大のメリットは、海外ATMで現地通貨を引き出せることです

普通、日本から現金を持って行き、盗まれないように気をつけながら持ち続け、両替所で現地通貨に両替します。

 

しかし、海外デビットカードならば、カード1枚でOK

現地にあるATMに行き、海外デビットカードを通すだけで、現地通貨を引き出せます。

両替をする手間も省け、現金を持ち歩くリスクも少なくなるのです。

すぐに引き落とし!使いすぎる心配は無用

海外旅行にクレジットカードを持っていく方も多いはず。

ただ、「クレジットカードは使い過ぎてしまうのではないか、と心配」という方もいるのではないでしょうか。

 

その点、海外デビットカードは利用したお金が、すぐに口座から引き落としされます

口座残高までしか引き出せないので、使いすぎる心配はありません。

当然、借金するわけではないので、クレジットカードのように利息(金利)はかかりません。

ポイント別!人気海外デビットカード比較

さまざまな銀行から、海外デビットカードは出ています。

今回は、その中でも人気が高い以下の6種類のカードを比較していきます。

年会費が無料

カード種別年会費
三菱UFJ
VISAデビット
1,080円 ※1
三菱UFJ
JCBデビット
1,080円 ※1
ソニーバンクウォレット無料
JNB
VISAデビット
無料
楽天銀行
VISAデビット
1,029円
楽天銀行
JCBデビット
 無料

年会費の観点から見ると、以下の3カードが年会費無料です。

頻繁に海外旅行をしないよという方、普段はデビットカードを使わないよ、という方ならば年会費無料のカードを使うとよさそうですね。

一方で、他のカードは年会費が発生するので、普段からデビットカードで決済したい人に向いています。

 

※1…三菱UFJデビットカードは、初年度は無料。翌年度から1,080円。ただし、年間10万円以上の利用or23歳未満だと無料になります

ポイント・キャッシュバック還元

デビットカードには、利用額に応じてポイントがついたり、利用額の何%かがキャッシュバックされるカードもあります。

ただし、国内利用の時のみ、海外ショッピングの時のみ対象といった条件付きのカードがあります

そこで、「海外ATMで現地通貨を引き出す」という観点から、ポイント・キャッシュバック還元を調べてみました。

カード種別ポイント還元
三菱UFJ
VISAデビット
0.2%現金キャッシュバック
三菱UFJ
JCBデビット
0.1%ポイントキャッシュバック
ソニーバンクウォレットなし
JNB
VISAデビット
0.2%ポイントキャッシュバック
楽天銀行
VISAデビット
なし
楽天銀行
JCBデビット
なし

ポイント・キャッシュバックの観点から見ると、以下の3カードがお得です。

特に、三菱UFJ VISAデビットカードは、利用額の0.2%が口座に自動で現金キャッシュバックされます。

キャッシュバックの手続きなども不要のため、「面倒な手続きは嫌だな〜」という方にはオススメですね。

 

三菱UFJ VISAデビットカードは、JCBのOki Doki(オキドキ)ポイントが1000円=1Pでもらえます。

普段からJCBカードを利用しており、ポイントを貯めている方には良いですね。

 

JNB VISAデビットカードは、ジャパネット銀行スターというポイントが500円=1Pでもらえます。

1スター=1円に換金できるので、実質0.2%のキャッシュバックと言えますね。

 

他のカードは、国内利用限定のポイント還元プログラムで、海外ATMでの利用は対象外となっています。

付帯保険の充実さ

海外でのカード利用で怖いのが、不正利用です。

カード情報を不正に利用されて、お金が引き出されるスキミングという事件は後を絶ちません。

実は、国際デビットカードにも付帯保険が付いているカードがあります。

カード種別付帯保険
三菱UFJ
VISAデビット
ショッピング保険(年間100万)
不正利用補償(年間100万)
三菱UFJ
JCBデビット
海外旅行保険(利用付帯)
ショッピング保険(年間100万)
不正利用補償(1事故500万)
ソニーバンクウォレットショッピング保険(年間50万)
不正利用補償(1日の利用限度額)
JNB
VISAデビット
ショッピング保険(年間500万)
不正利用補償(年間500万)
楽天銀行
VISAデビット
なし ※ゴールドカードのみ保険あり
楽天銀行
JCBデビット
なし

保険充実度の観点からは、以下の2カードがオススメです。

三菱UFJ JCBデビットカードは、ショッピング保険や不正利用補償のほか、このカードの中で唯一海外旅行保険が付帯しています

利用付帯(このカードで旅行代金の支払いは必要)ですが、最低限の保険をカバーしてくれるカードです。

 

JNB VISAデビットカードは、不正利用補償が年間500万円と充実しています。

万が一、デビットカードが盗難に遭った時にも被害を最小限にできます。

手数料

みなさんが一番気になるのが手数料でしょう。

結論からいうと、何十万円も使わなければ、ほとんど差はありません

 

比較すると、ソニーバンクウォレットはもっとも手数料が安いカードです

特に、ソニー銀行に口座を持っており、外貨貯蓄している方はソニーバンクウォレットが優位といえます。

 

国際デビットカードの手数料比較はかなり細かい話になるので、別の記事で検証していきます。

まとめ

この記事では、海外旅行で使う観点から、海外デビットカードを比較してきました。

それぞれの海外デビットカードは長所、短所があります。

ご自分の旅スタイルを考えて、もっとも自分に合う1枚のカードを選ぶとよいですね。

気になったカードがあれば、公式サイトで詳細を確認してみてください!

 

▼海外デビットカード以外のカードを紹介しています

どこで両替がおすすめ?海外旅行にお金を持っていく方法まとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です