日本と海外のホテルの違いと共通点

ホテルの違い

これから海外に出かけるみなさん。もうホテルについて考え始めましたか?

だはじめて海外ホテルを探すとなると、いろいろと悩むもの。

みさき

海外ホテルは泊まったことがなくて、ちょっと心配・・・

もしかしたら、こんな方もいるかもしれませんね。

 

そこで、この記事では「日本と海外のホテルの違いと共通点」についてまとめてみました。

結論から言えば、日本と海外のホテルはほとんど変わりません

ただし、いくつか気をつけておきたいこともあります。

 

これから海外旅行へいく予定の方は、ぜひ事前に確認しておいてくださいね!

日本と海外ホテルの違い

水道水は飲めない

日本では当たり前に飲める水道水ですが、海外においては飲まない方が賢明です

もし飲んでしまうと、お腹を下す原因にもなります。

自分でミネラルウォーターを買うか、部屋に置いてあるボトルウォーターを飲むようにしましょう。

(※部屋にあるボトルウォーターは有料のこともあるので、要確認です)

MEMO

特に気をつけたいのが、歯磨きの時のうがいです。

水に耐性がない方だと、水道水でうがいしただけで体調を崩す人もいます。

その時は、最後にボトルウォーターで口の中をゆすぐようにしましょう。

部屋ごとに料金(チャージ)がかかってくる

ホテルの部屋

海外ホテルでは、人数でなく、部屋の数で料金(チャージ)がされることが一般的です

実は、1部屋に1人で泊まっても、2人で泊まっても料金は一緒なのです。

日本のように、2名で別室を使う場合は、2部屋分の料金がかかるので要注意。

部屋の料金を見る時は、部屋の金額を泊まる人数で割って見るようにしましょう。

みさき

1万円のホテルでも2人で泊まれば5千円だから、とってもお得だね!

セーフティーボックスは信用しすぎずに

海外ホテルでは、部屋の中も必ず安心とは限りません

過去には、ホテルの関係者が合鍵を利用して、部屋に入ったというケースもあります。

貴重品は、フロントに預けるか、もしくは自分で持ち歩くほうが安心です。

MEMO

部屋にスーツケースを置いていく人も多いはず。

少し面倒かもしれませんが、鍵をしておくと多少防犯効果があります。

クレジットカードが基本的に必要。なければデポジットが要ることも

多くの海外ホテルでは、チェックインの際にクレジットカードの提示が求められます

これは身分証明と何かあればチャージしてもいいです、という意味合いです。

もしクレジットカードを持ち合わせしていないと、2〜3日分の宿泊費をデポジット(保証金)として取られることも。

もちろん何もなければ、最終日に帰ってきますが、注意するようにしましょう。

日本と海外ホテルの共通点

基本的な手続きはほぼ同じ

部屋に入る

海外ホテルの手続きは、日本とほぼ一緒です。

まずフロントでチェックインして、鍵をもらいます。あとは部屋で過ごし、最後にチェックアウトをすればOKです。

詳しい流れは「チェックインする手続き方法と必要なもの(現在作成中)」でご紹介します。

事前予約しておいたほうが安心

海外ホテルも日本同様、事前予約をしておくほうが安心です。

特に、現地に到着する日が遅くなる場合、疲れた状態でホテル探しをするのは結構大変ですよ…!

最近では、オンラインで海外ホテルが予約できるようになりました。

そういったサイトを利用して、あらかじめホテルを押さえておけば、より安心して旅できますね。

みさき

旅行のシーズンだと、人気の宿はすぐ埋まっちゃうみたい。早めに探しておくと安心だよね!

まとめ

この記事では、日本と海外ホテルの違いと共通点について紹介しました。

海外ホテルだからと言って、大きく日本のホテルと違うことはないので、そこまで心配する必要はありません。

 

ただし、以下の4点については注意しておきましょう。

  • 水道水
  • 部屋ごとにチャージがかかってくる
  • セーフティーボックスは信用しすぎず
  • クレジットカードを持っていく

ぜひ海外ホテルを探すときには、参考にしてくださいね!

人気のホテル予約サイト

booking.comロゴ

Booking.comは、業界大手の海外ホテル予約サイト。229の国と地域での2,800万以上のホテル掲載があり、高級ホテルからゲストハウスまでだいたい見つかります。

» 公式サイトを見る

Expediaは、大手海外ホテル予約サイトの1つです。航空券予約サイトもあり、同時に予約で最大ホテルが100%割引になるAir割が人気です。

» 公式サイトを見る

楽天トラベル

楽天トラベルは、国内大手旅行サイトですが、海外ホテルも予約できます。Rポイントが使えるため、楽天ユーザーには便利ですね!

» 公式サイトを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です