人気連載中!はじめての海外一人旅講座

関西国際空港(関空)で海外WiFiレンタルをする方法と注意点まとめ

この記事を読んでいるあなたは、関西国際空港(KIX)から海外旅行を考えているのかもしれません。

しかし、すでに海外WiFiレンタルサービスをどうするか考えましたか?

 

「海外WiFiレンタルなんて違い分からないし、安いところでいいじゃないの・・・」と思っている人もいるかもしれません。

実は、海外WiFiレンタルサービスは、サービスによって利便性やサポートなどが大きく違います

しっかり調べておかないと、あとでしまった・・・ということになる可能性も。

 

そこで、この記事では関西空港から旅立つあなたに、海外WiFiレンタルを選ぶポイントとオススメサービスを紹介していきます

 

結論からいうと、「イモトのWiFi」「グローバルWiFi」がオススメです。

どちらも空港で受け取り・返却ができ、並ばずに受け取れるロッカー受け取りに対応。

24時間365日のサポートが無料で付いてくるので安心して使えます。

 

詳しくは、各サービスの公式サイトを先に確認してみてください。

関空で借りれる海外WiFiレンタルまとめ

関西空港で海外WiFiレンタルのカウンターを持つサービスは、以下の6社です。

海外WiFiレンタルを選ぶポイント

空港で受け取り・返却できるか

海外WiFiレンタルを選ぶ際は、空港で受け取り・返却できるサービスを選ぶと便利です!

空港で借りれば、家からWiFiルーターセットを持っていく手間もかからず、忘れる心配もありません。

帰国したら、窓口もしくは返却ポストに返せばOK。身軽になって家まで帰れますね。

 

関空の海外WiFiレンタルでは、

の2サービスがターミナル1・2両方で貸し出し・返却ができます。

極力待たずに受け取りできるか

スマートピックアップ

関西国際空港は、関西圏最大の国際空港のため時間帯によってはかなり混雑します。

時には、海外WiFiレンタルカウンターに長蛇の列ができることも。

「海外WiFiレンタルの受け取りに時間をかけたくない・・・!」という方は、ロッカー受け取りができるサービスを選ぶと便利です

 

関西空港では、イモトのWiFiが「イモトのロッカー」、グローバルWiFiが「スマートピックアップ」のサービスを提供しています。

どちらのサービスも仕組みは一緒です。

あらかじめメールで届いたQRコードを専用ロッカーにかざすことで、自分のレンタルセットが受け取れるようになっています。

朝に発着する便を利用する人など、あまり時間がない人には便利ですね!

サポートの充実度

海外WiFiレンタルは、実際に使うのが海外です。

もしトラブルがあった場合は、何らかの方法で日本に連絡して、自分で解決しなくてはいけません。

だからこそ、あらかじめサポートがしっかりとしているサービスを選ぶことが重要です

 

サポートの充実度では、グローバルWiFiがオススメです。

グローバルWiFiは、お客様サポートの賞を取っているほどサポートに力を入れています。

国際電話のほか、SkypeやLINEのチャットや電話で問い合わせもできるので、気軽に連絡できますね。

もちろん24時間365日対応で、サービス利用者なら無料でサポートを受けれます。

関西国際空港の海外WiFiレンタル比較

オススメのサービス2社

グローバルWiFi

ターミナル1の受け取り拠点

場所営業時間
2F スマートロッカー5:30~22:00
4F KABS7:00~21:00
1F KABS21:00〜22:30

ターミナル1の返却拠点

場所営業時間
1F 北カウンター返却ボックス24時間
1F 南カウンター返却ボックス24時間

ターミナル2の受取拠点

場所営業時間
関空まち処6:30~23:00

ターミナル2の返却拠点

場所営業時間
関空まち処 返却ボックス24時間

グローバルWiFiは、ビジョンが提供する海外WiFiレンタルサービスです。

累計800万人が利用する人気の海外WiFiレンタルサービスで、トリップアドバイザーの満足度調査で1位を取ったこともあります。

 

受取拠点として、カウンターのほか、たった10秒で受け取れるスマートロッカーが2Fに設置されています。

空港が混雑した時間でも、待ち時間なしにすぐに受け取れて便利ですね。

他にも、360°カメラのTHETA、ポータブル翻訳機のili(イリー)やPOCKETALK(ポケトーク)などもオプションとして借りれます。

 

事前予約で、早割が必ず適用されるほか、限定クーポンで空港受け取り手数料540円が無料になります!

詳しくは公式サイトを確認してみてくださいね。

 

» グローバルWiFiのレンタル料金を調べてみる

 

関連記事:グローバルWiFiをレンタルするメリットと使い方まとめ

イモトのWiFi

ターミナル1の受け取り拠点

場所営業時間
1F カウンター7:00~22:00
2F イモトのロッカー24時間
南海電鉄 改札内7:00〜22:00

ターミナル1の返却拠点

場所営業時間
1F カウンター返却ボックス24時間
南海電鉄 改札内7:00~22:00

ターミナル2の受取拠点

場所営業時間
出発ゲート カウンター6:00~21:30

ターミナル2の返却拠点

場所営業時間
出発ゲート カウンター24時間

イモトのWiFiは、エクスコムグローバルが提供する海外WiFiレンタルサービスです。

2008年にサービスを開始し、海外WiFiレンタルの老舗といえる会社です。

広告塔のイモトアヤコさんのポスターを駅や空港で見た人も多いのではないでしょうか。

 

イモトのWiFiは、関空のみにQRコードですぐに受け取れる「イモトのロッカー」を設置しています。

他にも、南海電鉄で関西空港まで来る人は改札内に窓口があるので、便利ですね。

 

イモトのWiFiは、サービス品質にこだわっており、満足できない場合は全額返金の保障サービスも実施中。

詳しくは、公式サイトで確認してくださいね。

 

» イモトのWiFiのレンタル料金を調べてみる

 

関連記事:実際に借りて分かったイモトのWiFiのメリットと使い方解説

その他海外WiFiレンタルサービス

jetfi(ジェットファイ)

ターミナル1の受け取り拠点

場所営業時間
4F JAL ABCカウンター6:30~22:30

ターミナル1の返却拠点

※空港で返却不可。郵送で返却

ターミナル2の受取拠点

なし

ターミナル2の返却拠点

なし

jetfiはマヤシステムが提供する海外WiFiレンタルサービスです。

海外WiFiレンタルとしては後発ですが、世界中の国を1台のルーターで使える特徴があります。

また、キャンペーンでレンタル料金が比較的安くなっていることが多いです。

 

一方で、関空ではターミナル2では受け取り拠点がありません。

また、返却は郵送のみで、空港返却はできないことに注意です。

 

» jetfiのレンタル料金を調べてみる

JAL ABC

JAL ABC

出典:JAL ABC公式サイト

ターミナル1の受け取り拠点

場所営業時間
4F JAL ABCカウンター6:30~22:30

ターミナル1の返却拠点

場所営業時間
4F JAL ABCカウンター6:30~22:30

ターミナル2の受取拠点

なし

ターミナル2の返却拠点

なし

JAL ABCは、JAL系列の海外WiFiレンタルサービスです

JAL ABCは手荷物の宅配や、VISA代行取得など様々なサービスを手がけています。

 

JAL ABCの特徴としては、WiFiレンタルをした際にマイルやポイントがもらえることです。

対象となっているのは、JALマイレージ、デルタスカイマイル、UAマイレージ、Pontaポイントです。

ポイントを貯めたい、という方には良さそうですね。

 

» JAL ABCのレンタル料金を調べてみる

Wi-Ho!

ターミナル1の受け取り拠点

場所営業時間
4F KABS7:00〜21:00

ターミナル1の返却拠点

場所営業時間
1F モバイルセンター24時間

ターミナル2の受取拠点

なし

ターミナル2の返却拠点

なし

Wi-Ho!は、テレコムスクエアが提供する個人向けの海外WiFiレンタルサービスです。

テレコムスクエアは、ビジネス向けのWiFiサービスも手がける会社です。

 

Wi-Ho!では、容量無制限プランなどを一部の国で実施しています。

なお、空港受け取りする場合は、テレコムスクエア・モバイルセンターでなく、同じ4FにあるKABSでの受け取りとなることに注意が必要です。

 

» Wi-Ho!のレンタル料金を調べてみる

ソフトバンクグローバルレンタル(AnyFone JAPAN)

ソフトバンクグローバルレンタル

ターミナル1の受け取り拠点

場所営業時間
1F ソフトバンクグローバルレンタルカウンター7:30〜20:30

ターミナル1の返却拠点

場所営業時間
1F ソフトバンクグローバルレンタルカウンター7:30〜20:30

ターミナル2の受取拠点

なし

ターミナル2の返却拠点

なし

ソフトバンクグローバルレンタルは、GSMレンタフォンという会社が提供している海外WiFiレンタルサービスです。

AnyFone JAPANも同じ会社のサービスです。

 

1日1GBまでの容量プランのみとなっています。

世界周遊料金とアジア周遊料金の2プランで、1日1,500円前後となっています。

割高感があるので、ビジネス向きのWiFiレンタルサービスですね。

 

» ソフトバンクグローバルレンタルのレンタル料金を見てみる

関西空港の受け取りで注意すべきこと

飛行機が出発するターミナルに注意!

関西空港では、航空会社によってターミナルが分かれています。

基本的には、第1ターミナルを使うことが多いはずですが、自分が搭乗するフライトがどのターミナルを使うか確認しておきましょう。

第1ターミナル下記を除く航空会社
第2ターミナルPeach、チェジュ航空、春秋航空

※2018年12月現在

第2ターミナルで受け取れる海外WiFiレンタルは、以下の2サービスのみです。

他のサービスを借りる場合は、第1ターミナルに立ち寄る必要があるのでご注意を

事前予約の期限に注意しよう

関西空港での海外WiFiレンタル受け取り可能期限

海外WiFiレンタルは、事前予約に期限があり、これを過ぎると予約できなくなります。

 

一番ギリギリまで申し込めるのは、グローバルWiFi

出発前日の15時まで申し込み可能です。

ついで、イモトのWiFiが出発2日前の16時まで間に合います。

 

とはいえ、出発ギリギリに申し込むのはリスクが高いので、早めに予約しておくほうがよいでしょう。

当日申し込みは危険!

人によっては「海外WiFiレンタルって当日も申し込めるんでしょ?」と思っている人もいるかもしれません。

しかし結論から言うと、当日予約は危険&割高なのでオススメしません

 

関西空港では、イモトのWiFi、グローバルWiFiなどが当日申し込みに対応しています。

ただし、これはあくまでWiFiルーターの在庫があれば借りれるというもの。

渡航先によっては在庫がなく、借りれなくなる危険があります。

また、当日手続きに時間がかかったり、事前予約の割引が受けられず高い利用料になったりします。

 

事前予約したほうが圧倒的に便利&安く使えるので、可能な限り事前予約することをオススメします。

レンタルWiFiの予約は4日前までなら無料キャンセルできることが多いので、とりあえず申し込んでおくといいですね。

まとめ

この記事では、関西国際空港(関空)で借りれる海外WiFiレンタルについて紹介しました。

関空では、6社が海外WiFiレンタルのサービスを提供しています。

 

ただ、空港受け取り・返却の便利さ、サポートなどを考えると、グローバルWiFi、イモトのWiFiがオススメです。

事前予約しておけば、当日すぐに借りることができ、お得な割引料金で使うことができます。

 

各サービスの詳細は、公式サイトで確認できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です