長野観光におすすめ!奈良井宿で古き町並みと美食を楽しもう

こんにちは!

Backpackers WireのYoshi(@yoshi_bpwire)です。

 

あなたは、中山道って知っていますか?

江戸(東京)から京都まで続く534kmの道で、日本の幹線道路として古くから栄えてきました。

その道上には、宿場があり、いまだ現存する宿場も多くあります。

 

その中の1つが、長野県の奈良井宿

山がちな地域に、突如現れる日本の古風な景色。

まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような気分にさせてくれるスポットです。

 

「木曽路の宿場街を見てみたい!奈良井宿のおすすめスポットは?」

「奈良井宿を観光する際の注意点は?」

「奈良井宿へはどうやって行けばよい?」

 

そんな疑問をお持ちのあなたに、僕が実際に行って見てきた長野県の奈良井宿を写真とともにご紹介します。

奈良井宿にこれから行かれる方、必見ですよ!

 

奈良井宿とは?

奈良井宿

奈良井宿は、長野県塩尻市にある旧中山道の宿場です。

奈良井川沿いに、全長1kmにわたって古き日本の街並みが続いています。

その長さは、現存する宿場の中でも日本最長とのこと。

昭和53年には、文部科学省から重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

 

奈良井宿に一度足を踏み入れると、「非日常」な風景があります。

木曽路の険しい山々の中に、突如現れる褐色の伝統的な家屋たち。

自然と人工物が見事にミックスした素敵な街なんです。

まるで江戸時代にタイムスリップしてしまったかのよう

 

奈良井の漆器

メインストリートを歩くと、たくさんのお店が立ち並んでいます。

奈良井では昔から漆器の職人さんが多くいたようです。

箸、小鉢、お皿といった美しい漆器が飾られています。

なぜか、おじいちゃんの家に来たような温かい気持ちになります。

 

奈良井宿のおすすめ観光スポット

木曽の大橋

木曽の大橋

奈良井宿の横を流れる奈良井川にかかる大橋です。

すべてヒノキで作られて、柱のないアーチ構造となっています。

橋の上からは、奈良井川の風景が一望できます。

 

また、4月上旬〜11月上旬の日没後には、ライトアップがされます。

昼とはまた違った木曽の大橋を見ることができそうですね!

 

手焼きせんべい「会津屋」

会津屋

奈良井宿のお土産として、人気なのが「会津屋の手焼きせんべい」

今や旅行雑誌などでも取り上げられるほど人気のお店です。

しかし、奈良井には煎餅さんは2軒しかないんです。

 

今回、会津屋を営んでおられる永井さんにお話を伺うことができました。

今は手焼きせんべいで有名な会津屋さん。

しかし、昔は漆器のお店だったそうです。

 

当時、永井さんのご両親は、漆器店から喫茶店や食堂などのお店に変えて、いろいろと試行錯誤しました。

そして、20年ほど前から手焼きせんべいのお店を開きました。

それまで無かった手焼きせんべいのお店は、奈良井宿で人気となり、今でも続いていると言います。

 

会津屋の手焼き煎餅

看板商品である醤油せんべいは、なぜか割れています

一度焼いたせんべいをあえて割って、さらに醤油を染み込ませることで、タレをしっかりと染み込ませているんです。

この醤油せんべいはテイクアウトもでき、カップに入れて食べ歩きもできちゃいます。

地元長野の信州味噌を使った味噌煎餅は、奈良井らしさを出した一品です。

またくるみを加えた「くるみ味噌」は売れ筋だそうです。

 

他にも、ちょっと変わったせんべいを食べたい方は、「唐辛子」せんべいもオススメです

味噌のまろやかさの中に、ピリッとした唐辛子の辛さがアクセントに効いています。

ぜひ奈良井宿を訪れたなら、買っておきたいお土産ですね!

 

会津屋 

本店(上町)、支店(観光案内所近く)の2店舗があります

営業時間:9時〜17時(1月〜2月は休業)

電話番号:0264-34-3260

 

喫茶たなかやで、信州そばランチ

たなか屋

奈良井宿には、たくさんの民宿や喫茶店、食堂があります。

今回は、散歩中に偶然見つけた「たなか屋」さんを訪れました。

 

長野といえば、信州そば。

長野に来たのだから、食べずには帰られません。

この「たなか屋」さんには、20食限定の「そば・五平餅セット」があります。

 

「もりそば」か「かけそば」のどちらかが選べます。

今回は、冷たいかけそばを頂くことにしました。

信州そばと五平餅

セットの内容は、以下の通りです。

  • かけそば(小)
  • 五平餅
  • 野沢菜しぐれ
  • 漬物
  • 桜湯

これだけ付いて、800円というお得ランチなんです。

 

そばはツヤがあって、しっかりとコシもあります。

とても美味しいそばでした。

五平餅も、また信州味噌が口の中いっぱいに広がります。

 

あと、一緒にいただいた「野沢菜しぐれ」は、おわかりしたい美味さです。

女将さんによると、今大人気な商品で、酒の肴にもオススメだとのこと。

店内でも販売しているので、気になる方は要チェックです。

 

喫茶たなかや 

住所:長野県塩尻市奈良井403

営業時間:9時〜17時(不定休)

電話番号:0264-34-2706

奈良井宿観光をする際の注意点

山の天気はきまぐれ。雨具は必携!

奈良井は、山がちな地域です。

山の天気はとてもコロコロと変わるので、先ほどまで快晴でも急に雨が降って来たりします。

なので、雨具はあらかじめ用意して持っていきましょう。

ちなみに、雨が降る奈良井もまた綺麗な風景ですよ。

 

電車の時刻表は要チェック

奈良井宿へ電車で行く方は、時刻表をよーーく見ておきましょう。

奈良井宿の最寄り駅「奈良井」は、普通電車しか停車しません

また、本数も2時間に1本しかないため、1本逃すと次までかなり待たされてしまうことも。

 

街中を一通り見るだけなら、だいたい2時間もあれば十分です。

時間をよく見て、効率よく回るようにしましょう。

 

奈良井宿への行き方・アクセス

電車で行く

奈良井駅

奈良井宿の最寄りは、JR中央本線「奈良井駅」です。

ただし、1日の本数が少なく、2時間に1本程度しかないため、乗り継ぎには要注意です。

 

東京方面から来るかたは、まず「特急あずさ」で塩尻駅まで来てください。

そこから普通電車に乗り換えて、奈良井駅までは約25分です。

 

名古屋・大阪方面から来るかたは、名古屋から「特急しなの」で木曽福島駅まで来てください。

そこから普通電車に乗り換えて、奈良井駅まで約20分です。

 

また、時間が有り余っている方は、青春18切符で行く手もあります。

僕も今回、名古屋から青春18切符で奈良井を訪れました。

体力と時間のある方は、ぜひ18切符旅をしてみてくださいね。

 

車(マイカー)で行く

奈良井宿へは、車でも行くことができます。

近いインターチェンジはないため、中央自動車道「伊那IC」、「塩尻IC」で下り、国道を40分程度走ることになります。

 

奈良井宿には、無料駐車場と有料駐車場があります。

【無料駐車場】
・木曽の大橋 東駐車場(国道側) 大型車3台、普通車12台、身障者用3台
・木曽の大橋 西駐車場(線路側) 普通車51台、身障者用1台
・奈良井宿橋駐車場(木曽の大橋の北側)
大型車15台、中型車(マイクロバス)2台、普通車28台、身障者用2台

【有料駐車場】
・奈良井駅前駐車場 普通車15台(2017年7月1日より有料化)
金額:500円 ※毎年8月12日は夏祭りのため駐車不可
・奈良井権兵衛駐車場
大型車8台/金額:2050円(マイクロバス:1540円)
普通車83台(第一駐車場13台・第二駐車場70台)/金額:510円

出典:奈良井宿観光協会

 

平日はおそらく問題ないですが、週末は観光客が多く訪れるので要注意です。

まとめ

奈良井宿は、日本最長の規模を誇る中山道の宿場町です。

今でも残る日本の古き町並みに、きっとあなたも心踊るはず。

ぜひ長野に出かける際は、奈良井宿に訪れてみては?

 

▼奈良井宿の民宿を探すなら予約サイトが便利です!

【じゃらん】長野・木曽の旅館、ホテルを探す

【るるぶトラベル】長野・木曽の旅館・ホテルを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA