人気連載中!はじめての海外一人旅講座

出国税(国際観光旅客税)の徴税方法と免除になるパターンまとめ

2018年4月11日、国会で国際観光旅客税(通称:出国税)法が可決されました。

そして、2019年1月7日より法律が施行され、すべての旅行者に出国税が課されます。

 

この記事を読んでいる方の中には「出国税ってどうやって払えばよいの?」という人も多いはず。

もしくは「出国税が免除される方法はないの?」と思う人もいるかもしれません。

結論から言うと、航空券を買えば自動的に徴収されるので、あなたは特に何もする必要はありません

ただ、2歳未満の子ども、日本で飛行機を乗り継ぐ人などは免税になります。

 

そこで、この記事では、出国税と免税になるパターンについて解説していきます。

出国税(国際観光旅客税)とは

日本人、外国人全員が出国の際に払う税金

出国税

国際観光旅客税(出国税)は、出国の際に1回1,000円を支払う税金です。

海外のメディアでは、「サヨナラ・タックス(SAYONARA TAX)」と呼ばれているんだとか(※1)

 

2019年1月7日から開始され、外国人、日本人を問わず全員に支払い義務があります。

出国税は飛行機で出国する人のほか、船で出国する場合も徴収されます。

 

ちなみに、出国税は日本だけでなく、他の国ではすでに導入されています。

主な国だと、韓国、中国、香港、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツなどの国で1,000円〜2,000円前後が課されています。

 

※出典:今日からスタート「サヨナラ・タックス」ってなに? ~ 地方の経済振興に役立てるために

出国税の徴収方法:航空券に上乗せされる

出国税

出国税は、基本的に航空券のチケットに上乗せされる形で徴収されます

 

これまで航空券を買うためには、

  1. 航空券(チケット)代
  2. 燃油サーチャージ
  3. 空港諸税

を支払っていました。

出国税

成田空港からバンコクまでの往復航空券を調べた場合

2019年1月7日よりは、上記の画像のとおり、これまでの金額に1,000円が加算されます

この出国税は、航空会社・旅行代理店から上乗せして請求されることになります。

よって、自分で何か別に納税する必要はありません。

出国税を免除される(非課税)ケース

基本的には全員が支払う必要がある出国税ですが、以下の人たちは免除(非課税)されます。

  1. 24時間以内に、日本で乗り継ぎする人
  2. 悪天候などの事情で、日本に戻ってきた場合
  3. 2歳未満の人
  4. 航空会社の職員など

乗り継ぎの場合については、次の出国税に関するQ&Aで詳しく紹介します。

出国税に関するQ&A

乗り継ぎの場合は?

日本で乗り継ぎして海外へ行く場合は、場合によっては出国税が免税されます

例えば、シンガポールから東京・成田空港に飛び、さらにアメリカに行くような場合です。

 

ここでのポイントは、乗り継ぎが24時間以内かどうかです。

国土交通省によると、出国税が免税となるのは以下の条件があります。

① 当該運送契約について一の航空券が発行されること(令4①一)。

② 当該運送契約について発行された一の航空券において、当該旅程に関し、当該旅客が本邦に入国するため搭乗する航空機が出入国港に到着した後 24 時間以内に当該旅客が本邦から出国するため搭乗する航空機が出入国港を出発することが明らかにされていること(令4①二)。

出典:国際観光旅客税に関するQ&A |国土交通省(太字は筆者加筆)

①は、航空券が海外→日本→海外という形で1つの流れがあるかどうかということです。

通し航空券(1つの航空会社で2つのフライトがある)なら全く問題ないですし、それぞれが違う航空会社でも一連の航空券であれば大丈夫です。

この条項が問題になることはまずないですね。

 

②は、乗り継ぎ時間が24時間以内かということです。

乗り継ぎ時間はフライトの予定時刻を見るので、実際は飛行機がディレイして24時間を超えても問題ありません。

子どもでも出国税はかかるの?

出国税は、満2歳以上であれば、一律1,000円の出国税がかかります。

税金の額は、子ども、大人関係ありません。

 

年齢を判断するタイミングは、日本から出国する日です。

出国する日に、満2歳でなければ出国税はかかりません。

海外航空券をお得に取る方法

出国税もスタートし、海外航空券は以前よりも高くなってきています。

さらには原油価格の上昇により、燃油サーチャージも値上げが続いています。

「できれば、少しでも安く海外航空券を取りたい・・・!」と思う人も多いはず。

そんな方には、海外航空券を取る時に、オンライン予約サイトを使うのがオススメ

 

旅行会社の窓口などで予約すると、数千円の予約手数料がかかってしまいます・・・。

しかし、オンライン予約サイトなら、手数料が無料のサイトもあり、店舗より格安航空券が取れることが多いです。

さらには、ネットですぐに予約できるので、お店に行く時間がない人にもぴったりです。

サプライス

出典:サプライス公式サイト

例えば、大手旅行会社HIS(エイチ・アイ・エス)のサプライス(Surprice)は、最低価格保証をしており、かなり安く航空券が取れることで有名。

大手旅行会社が運営していますし、電話サポートもあるので、もしもの時も安心です。

ぜひ値上がりする前に、一度ご自分が行きたい国への航空券を調べてみてくださいね。

 

\いつでも最低価格保証/
» サプライスで海外航空券を探してみる

 

関連記事:徹底比較!格安海外航空券が検索できる予約サイトまとめ

徹底比較!格安海外航空券が検索できる予約サイトまとめ

まとめ

この記事では、2019年1月から始まった出国税について紹介してきました。

 

出国税は基本的に日本から出国する全ての人が対象で、1回1,000円が航空券の値段に上乗せして徴収されます。

免除されるのは、①2歳未満の子ども、②24時間以内の乗り継ぎ ③航空関係者 のみです。

 

ますます高くなりつつある海外航空券。

お得に取りたいならば、オンライン予約サイトがオススメ。

HIS系列の「サプライス」などを利用して、ぜひお得な航空券を見つけてみてください。

» サプライス(Surprice)公式サイトを見てみる

 

関連記事:徹底比較!格安海外航空券が検索できる予約サイトまとめ

徹底比較!格安海外航空券が検索できる予約サイトまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です