人気連載中!はじめての海外一人旅講座

2019年1月から!出国税を安く済ませて海外航空券を取る方法

2018年4月11日に、国会で国際観光旅客税(通称:出国税)法が可決されました。

2019年1月から法律が施行され、基本的にすべての旅行者に出国税が課されます。

 

きっとこの記事を読んでいる方の中には「なんとか出国税を払わずに、もしくは安く済ませたい・・・!」という人も多いはず。

実は、航空券を予約するタイミング次第では、出国税を支払わなくてよいのです

そこでこの記事は、出国税についての紹介と、出国税を安く済ませる方法について紹介しちゃいます。(もちろん合法です)

 

とにかく出国税を安く済ませる方法だけ知りたい!という方は、「出国税を支払わずに海外航空券を安く取る方法」の章を読んでくださいね。

日本人・外国人は関係なく1人1000円が徴収されます

出国税

国際観光旅客税(出国税)は、出国の際に1回1,000円を支払う税金です。

2019年1月7日以降に日本から出国する全ての人に、出国税は課されます。

当然、日本人も外国人も関係ありませんし、船で出国でも、飛行機で出国でも徴収されます。

出国税を支払う方法:航空券に上乗せされる

出国税

出国税は、基本的に航空券のチケットに上乗せされる形で徴収されます

つまり、航空券を買うときにプラス1,000円を支払うことになります。

当然、空港などで支払うわけではないので注意しましょう。

出国税を免除される(非課税)ケース

基本的には全員が支払う必要がある出国税ですが、以下の人たちは免除(非課税)されます。

  1. 24時間以内に、日本で乗り継ぎする人
  2. 悪天候などの事情で、日本に戻ってきた場合
  3. 2歳未満の人
  4. 航空会社の職員など

乗り継ぎの場合については、次の出国税に関するQ&Aで詳しく紹介します。

出国税に関するQ&A

乗り継ぎの場合は?

日本で乗り継ぎして海外へ行く場合は、場合によっては出国税が免税されます

例えば、シンガポールから東京・成田空港に飛び、さらにアメリカに行くような場合です。

 

ここでのポイントは、乗り継ぎが24時間以内かどうかです。

国土交通省によると、出国税が免税となるのは以下の条件があります。

① 当該運送契約について一の航空券が発行されること(令4①一)。

② 当該運送契約について発行された一の航空券において、当該旅程に関し、当該旅客が本邦に入国するため搭乗する航空機が出入国港に到着した後 24 時間以内に当該旅客が本邦から出国するため搭乗する航空機が出入国港を出発することが明らかにされていること(令4①二)。

出典:国際観光旅客税に関するQ&A |国土交通省(太字は筆者加筆)

①は、航空券が海外→日本→海外という形で1つの流れがあるかどうかということです。

通し航空券(1つの航空会社で2つのフライトがある)なら全く問題ないですし、それぞれが違う航空会社でも一連の航空券であれば大丈夫です。

この条項が問題になることはまずないですね。

 

②は、乗り継ぎ時間が24時間以内かということです。

乗り継ぎ時間はフライトの予定時刻を見るので、実際は飛行機がディレイして24時間を超えても問題ありません。

子どもでも出国税はかかるの?

出国税は、満2歳以上であれば、一律1,000円の出国税がかかります。

税金の額は、子ども、大人関係ありません。

 

年齢を判断するタイミングは、日本から出国する日です。

出国する日に、満2歳でなければ出国税はかかりません。

出国税を支払わずに海外航空券を安く取る方法

実は、合法的に出国税を支払わずに海外航空券を取る方法があります。

それは、2019年1月6日までに海外航空券を予約(運送契約を結ぶ)するだけです。

 

実際、国土交通省によると、

平成31年1月7日より前に締結された運送契約により出国する場合は、原則として「国際観光旅客税」は課されません(法附則2)。

出典:国際観光旅客税に関するQ&A |国土交通省

との回答が出ています。

 

ただしこの条項は、あなたと航空会社との契約が成立した日が基準となります。

つまりギリギリに取ると、間に合わなくなる可能性はあります。

そうならないためにも、できるだけ早く海外航空券を予約すべきでしょう

海外航空券を取るなら予約サイトを使うとお得!

あなたが海外航空券を取るなら、オンライン予約サイトを使うことをオススメします

 

旅行会社の窓口などで予約すると、数千円の予約手数料がかかってしまいます・・・。

しかし、オンライン予約サイトなら、手数料が無料のサイトもあり、店舗より格安航空券が取れることが多いです。

さらには、ネットですぐに予約できるので、お店に行く時間がない人にもぴったりです。

 

例えば、大手旅行会社HIS(エイチ・アイ・エス)のサプライス(Surprice)は、最低価格保証をしており、かなり安く航空券が取れることで有名。

大手旅行会社が運営していますし、電話サポートもあるので、もしもの時も安心です。

ぜひ値上がりする前に、一度ご自分が行きたい国への航空券を調べてみてくださいね。

\いつでも最低価格保証/
≫ サプライスで海外航空券を探してみる

 

まとめ

この記事では、2019年1月からはじまる出国税について紹介してきました。

 

出国税は基本的に日本から出国する全ての人が対象で、1回1,000円が航空券の値段に上乗せして徴収されます。

出国税は、2019年1月6日までに海外航空券を予約できれば、支払う必要はありません。

 

海外航空券を取るならオンライン予約サイトがオススメです。

HIS系列のサプライス(Surprice)などを利用して、ぜひお得な航空券を見つけてみてください。

関連記事:徹底比較!格安海外航空券が検索できる予約サイトまとめ

徹底比較!格安海外航空券が検索できる予約サイトまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です