人気連載中!はじめての海外一人旅講座

海外旅行に現金のみでOK?現金の持ち方のコツと注意点

こんにちは!
Backpackers WireのYoshi(@yoshi_bpwire)です。

 

この記事を見ているあなたは、きっと海外旅行目前のはず。

ただ、海外旅行にお金をどうやって持って行くか悩んでいるかもしれませんね

 

どこで両替がおすすめ?海外旅行にお金を持っていく方法まとめ」の記事で紹介したとおり、海外にお金を持って行く方法は何通りもあります。

ただ真っ先に思いつくのは、現金ではないでしょうか。

 

東南アジアを海外一人旅をする僕も、旅行では必ず日本円を持っていきます。

現金は持ち運びがかんたんで、わかりやすいですが、盗難や紛失にとても弱いです。

 

実際、海外一人旅をしていると、スリにあったなどお金にまつわるトラブルの話を残念ながら聞きます。

しかし、少し注意をするだけで、トラブルにあうリスクを最小限にすることができます。

結論から言うと、現金だけで海外旅行は危険なので、カードなどを合わせて持って行くべきです

 

  • 海外旅行に現金だけ持って行くのは危険?
  • 現金を持って行く際のコツ、注意点を知りたい

この記事では、こういった疑問をお持ちの方に、現金を安全に海外旅行で持っていき使う方法をご紹介していきます。

海外旅行にオススメのカード類は、この記事の最後で紹介しています。ぜひチェックしてくださいね。

現金のみで海外旅行はできる?

海外で現金のみ

結論からいうと、海外旅行をする際に「現金のみ」でも旅行はすることができます。

日本でもそうですが、街の小さなお店やタクシーでは現金は必須です。

現金があれば、支払いで困ることは基本的にありません。

 

「じゃあ、別に何の問題もないじゃない〜」と思った方、ちょっと待ってください!

現金だけで海外旅行をすると、こんなリスクが伴います。

  • 万が一強盗や盗難にあった場合、一文無しになる
  • ホテルなどでデポジット金を要求される
  • 両替所を探さないと、何も買えない

 

特に、万が一の場合、現金がなくなってしまうと、死活問題です

お金がなくては、旅を続けることはほぼ不可能です。

また、両替所は残念ながら24時間営業ではありません。

日本円はあるのに、現地通貨がなくて途方にくれてしまうこともあります。

海外旅行に現金はどれくらい必要?

海外旅行の予算の立て方

海外旅行に持っていく現金は、メインを現金にするのか、クレジットカードデビットカードを使うかでも変わってきます。

まず全体の額としては、「1日の生活費」×「滞在日数」が目安です。

海外旅行にかかる費用と予算の立て方」で詳しく紹介しているので、ぜひ確認してください。

 

一方で、カードで基本的にお金をもっていく場合は、数万円程度あればこと足るでしょう。

現金を持つ際のコツ

では、どうやって海外旅行に現金を持っていけばいいのでしょうか。

そのコツを見ていきましょう。

お財布はいくつかに分散しよう

先ほど、現金だけで旅をするデメリットとして、盗難や強盗のリスクがあると話しました。

逆を言えば、最初から盗難や強盗のリスクを考えて、対策をしておくことが重要です

 

ポイントは、お財布を分散させることです。

お財布1個に全財産を入れておくのは自殺行為です。

必ず2箇所以上に分散して、現金を持っておきましょう。

僕は普段、3箇所に分けて現金を持っています。

  1. 普段使いのお財布
  2. 保管用のお財布
  3. 隠し財布(マネーベルト)

 

海外旅行における財布の持ち方については、「海外旅行に使うお財布の選び方とお金の管理方法」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

海外旅行に使うお財布の選び方とお金の管理方法

現金は少額のお札を多く

現金を持って行くときは、額面が大きい紙幣だけでなく、少額の紙幣も持っていきましょう。

1万円はかさばらないですが、両替するとなると意外と不便なんです。

 

なぜなら、両替では1万円単位でしか両替できないからです

旅行中、あとちょっと現地通貨が足りないという時があると思います。

そういう時、5千円分だけ両替して、あとは日本円で返してもらうことはできません。

よって、1000円札や5000円札を用意しておくといいですね!

現金の両替はどこでする?

日本の両替所は手数料が高い!

現地通貨に両替と聞くと、まず思い浮かべるのが、街中の銀行や日本の空港の両替所ですね。

しかし、一般的に日本国内で両替をするとレートがよくないです。

両替をするならば、基本的に現地に着いてからにしておきましょう。

その際には、日本円を持っていけば基本的に大丈夫です。

日本円は世界的にも強い通貨で、ほとんどの場所で両替してもらえるはずです。

MEMO

例外として、アメリカドル(USD)は日本で両替するのはアリです。

両替レートは、通貨の需要供給の密接な関係があります。

アメリカドルは日本国内でも取引が多いため、レートは現地とそこまで変わりません。

空港での両替は最低限にしておこう

いよいよ海外に到着!

いわゆる国際空港には、到着ロビーに両替所が必ずあるはずです。

そこで、日本円から現地通貨に両替をしましょう。

 

この時には、1〜2日分の生活費程度の両替にしておきましょう。

空港はあまりレートがよくないことが多いです。

よりレートが良い街中の銀行や両替所で、基本的には両替するといいですね。

MEMO
レートが良い・悪いという話をしていますが、あまり良いレートの両替所を探し回るのはナンセンスです。

大金を両替する場合は大きな差になりますが、ちょっとした旅行ならば数百円程度の差です。

適当にケリをつけて、両替しておきましょう。

やっぱりカードあると便利!現地ATMでお金が引き出せます

海外ATM

ここまで海外旅行に現金を持っていくノウハウを紹介してきました。

しかし、やはり現金のみ持って行くのはオススメしません。

 

実は、最近、海外の現地ATMでお金を引き出せるカードが増えてきています。

日本でお金を下ろすように、海外でもお金を引き出せるのでとっても便利なんですよ

さらには、カードなら落としても止めることができるので、現金よりも安全です。

 

海外のATMでお金を引き出す方法としては、以下の3つが人気です。

  1. クレジットカードを使う
  2. 海外デビットカード(国際キャッシュカード)を使う
  3. 海外プリペイドカードを使う

クレジットカードを使う方法

エポスカード

クレジットカードには、キャッシングという機能があり、海外ATMで現地通貨を引き出せます

キャッシングというとあまりイメージがよくない方もいますが、海外旅行の両替としては手数料がかなり安く済みます

 

僕も、実際にエポスカードを使って韓国でキャッシングをした時は、現金を両替するよりも手数料を安く抑えられました

数週間の旅行であれば、クレジットカードのキャッシングだけで旅行できてしまいます。

 

有名なクレジットカードだと、こういったカードがありますね。

海外旅行にクレジットカードは最低1枚はほしいところです

ぜひこの機会に海外旅行に強いクレジットカードを作ってみるといいですね!

海外デビットカード

海外デビットカードは、海外での利用もできる銀行キャッシュカードです

クレジットカードと違って、支払いした瞬間に口座から代金が引き落とされるので、使い過ぎる心配はありません。

 

有名なカードだと、こういったカードがあります。

詳しくは、「海外旅行で本当に使える!おすすめ海外デビットカード比較」で紹介しているので、ぜひご覧くださいね!

海外旅行で本当に使える!おすすめ海外デビットカード比較

海外プリペイドカード

キャッシュパスポート
国際プリペイドカードの中でも人気なのが、この「キャッシュパスポート」。

あらかじめ現金をチャージしておくと、現地のATMから現地通貨を引き出せます。

 

キャッシュパスポートは、インターネットから申し込みをすれば、最短で1週間で発行OK。

発行費は無料で、未成年でも発行OKです。発行に当たって審査もないため、誰でも持つことが可能です!

詳しくは「両替不要!キャッシュパスポートの申込方法&使い方解説」で紹介しています。

キャッシュパスポート両替不要!キャッシュパスポートの申込方法&使い方解説

まとめ

今回は、海外旅行に現金を持って行く方法と注意点などをご紹介しました。

現金は扱いやすい一方、盗難などのリスクもあります。

できれば、カードなどと併用してお金を持って行くといいですね!

 

▼海外旅行にお金を持って行く方法をまとめました

どこで両替がおすすめ?海外旅行にお金を持っていく方法まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です