海外旅行前に読んでおきたい記事まとめ

海外旅行に現金のみでOK?現金の持ち方のコツと注意点

こんにちは!

Backpackers WireのYoshi(@yoshi_bpwire)です。

 

海外旅行にお金ってどうやって持っていきますか?

最初の思いつくのが現金ではないでしょうか。

ただし、現金は持ち運びが便利な反面、いろいろな危険性や知っておくべきコツがあります。

せっかく旅行をするのだから、安心して楽しく旅したいですよね。

 

そこで、今回は

「海外旅行に現金だけを持って行くのはアリ?」

「海外旅行に現金を持って行く際のコツ、注意点は?」

「どこで現金を両替するのがお得なの?」

という疑問をお持ちの方に、海外旅行に現金を持って行く方法を詳しくご紹介していきます!

 

現金のみで海外旅行はできる?

海外で現金のみ

結論からいうと、海外旅行をする際に「現金のみ」でも旅行はすることができます。

日本でもそうですが、街の小さなお店やタクシーでは現金は必須です。

現金があれば、支払いで困ることは基本的にありません。

 

「じゃあ、別に何の問題もないじゃない〜」と思った方、ちょっと待ってください!

現金だけで海外旅行をすると、こんなリスクが伴います。

  • 万が一強盗や盗難にあった場合、一文無しになる
  • ホテルなどでデポジット金を要求される
  • 両替所を探さないと、何も買えない

 

特に、万が一の場合、現金がなくなってしまうと、死活問題です。

お金がなくては、旅を続けることはほぼ不可能です。

また、両替所は残念ながら24時間営業ではありません。

日本円はあるのに、現地通貨がなくて途方にくれてしまうこともあります。

現金を持つ際のコツ

では、どうやって海外旅行に現金を持っていけばいいのでしょうか。

そのコツを見ていきましょう。

お財布はいくつかに分散しよう

先ほど、現金だけで旅をするデメリットとして、盗難や強盗のリスクがあると話しました。

逆を言えば、盗難や強盗のリスクを最初から考えて対策をしておくことが重要です。

 

ポイントは、お財布を分散させることです。

お財布1個に全財産を入れておくのは自殺行為です。

必ず2箇所以上に分散して、現金を持っておきましょう。

僕は普段、3箇所に分けて現金を持っています。

  1. 普段使いのお財布
  2. 保管用のお財布
  3. 隠し財布(マネーベルト)

1.普段使いのお財布

普段使い用のお財布とは、普段買い物などでお金を払う時に使う財布です。

ポケットに入れておき、使いたい時サッと取り出すものですね。

この財布の中には、1日の生活費のみを入れておきましょう。

最悪、強盗にあった場合、この財布だけ渡して逃げれば被害は最小限です。

 

普段使いのお財布はどんな財布でもいいのですが、選ぶ際は以下を気をつけるといいですね。

  • 長財布はNG
  • 見た目が安っぽいもの

特に男性は、長財布を後ろポケットに入れる人が多いと思います。

しかし、後ろポケットはスられる可能性が高いので、絶対やめましょう。

また、ブランド物の財布を持っていると、「お金持っています」のアピールをしているようなものです。

ダサいかもしれませんが、安っぽい財布を持っていたほうが安全です。

なお、僕は財布を落とすと嫌なので、こんなカールコードをつけています。

このコードのおかげで、お財布を無くさずに済んだことが何度もあるので、いくつか持っておくと安心です。

2.保管用のお財布

保管用のお財布は、基本的に現金を管理するお財布です。

僕は肌身離さず持っているサブバッグの中に入れています。

 

このお財布に、日本円や両替したお金を入れておきます。

普段使いのお財布の中身が少なくなれば、このお財布から少しずつ出して、補充していきます。

 

3.隠し財布(マネーベルト)

この隠し財布には、非常用のお金を入れています。

万が一荷物を取られた時に、生きていく最低限のお金ですね。

僕は、1万円程度を入れていることが多いです。

 

現金は少額のお札を多く

現金を持って行くときは、額面が大きい紙幣だけでなく、少額の紙幣も持っていきましょう。

1万円はかさばらないですが、両替するとなると意外と不便なんです。

 

なぜなら、両替では1万円単位でしか両替できないからです

旅行中、あとちょっと現地通貨が足りないという時があると思います。

そういう時、5千円分だけ両替して、あとは日本円で返してもらうことはできません。

よって、1000円札や5000円札を用意しておくといいですね!

現金の両替はどこでする?

日本の両替所は手数料が高い!

現地通貨に両替と聞くと、まず思い浮かべるのが、街中の銀行や日本の空港の両替所ですね。

しかし、一般的に日本国内で両替をするとレートがよくないです。

両替をするならば、基本的に現地に着いてからにしておきましょう。

その際には、日本円を持っていけば基本的に大丈夫です。

日本円は世界的にも強い通貨で、ほとんどの場所で両替してもらえるはずです。

 

メモ
例外として、アメリカドル(USD)は日本で両替するのはアリです。

両替レートは、通貨の需要供給の密接な関係があります。

アメリカドルは日本国内でも取引が多いため、レートは現地とそこまで変わりません。

空港での両替は最低限にしておこう

いよいよ海外に到着!

いわゆる国際空港には、到着ロビーに両替所が必ずあるはずです。

そこで、日本円から現地通貨に両替をしましょう。

 

この時には、1〜2日分の生活費程度の両替にしておきましょう。

空港はあまりレートがよくないことが多いです。

よりレートが良い街中の銀行や両替所で、基本的には両替するといいですね。

メモ
レートが良い・悪いという話をしていますが、あまり良いレートの両替所を探し回るのはナンセンスです。

大金を両替する場合は大きな差になりますが、ちょっとした旅行ならば数百円程度の差です。

適当にケリをつけて、両替しておきましょう。

やっぱりカードあると便利!

ここまで海外旅行に現金を持っていくノウハウを紹介してきました。

しかし、やはり現金のみ持って行くのはオススメしません。

もし旅行まで少し時間があるなら、保険としてカードを持って行きましょう。

キャッシュパスポート

キャッシュパスポート
国際プリペイドカードの中でも人気なのが、この「キャッシュパスポート」

あらかじめ現金をチャージしておくと、現地のATMから現地通貨を引き出すことができます。

キャッシュパスポートは、インターネットから申し込みをすれば、最短で1週間で発行できます。

発行費は無料で、未成年でも発行OKです。発行に当たって審査もないため、誰でも持つことが可能です!

この先、海外旅行に行く予定があるなら、1枚持っておきたいですね。

 

>>>キャッシュパスポート公式サイトを見てみる

エポスカード

エポスカード

エポスカードは、これから海外旅行のためのクレジットカードを作る方にはとてもオススメです!

エポスカードは自動付帯の海外旅行保険がついています。

年会費無料のクレジットカードは、利用付帯のカードがほとんどです。

しかし、エポスカードは旅行代金を支払うといった条件なしに、保険が適用されるためおトクですね。

 

他にも、エポスカードは初年度で年間50万円以上カードを利用すると、ゴールドカードへのインビテーション(招待)がきます。

すると、年会費5千円かかるゴールドカードが無料でもらえます。

ゴールドカードがあれば、空港にあるカードラウンジなども使うことができ、飛行機に乗る前からリッチに過ごせますね!

 

年会費は永年無料で、マルイの店舗でカード受け取りにすると、最短即日でカードを発行できます。

海外旅行に行くなら、1枚持っておきたいカードです!

 

>>>エポスカード公式サイトを見てみる

 

※審査によっては時間がかかったり、発行できないこともあります

まとめ

今回は、海外旅行に現金を持って行く方法と注意点などをご紹介しました。

現金は扱いやすい一方、盗難などのリスクもあります。

できれば、カードなどと併用してお金を持って行くといいですね!

 

▼海外旅行でのお金の管理方法を比較してみました

オススメの両替方法は?海外にお金を持って行く方法まとめ

 

▼東南アジアを旅行する費用をまとめてみました

これから海外旅行に行く人必見!東南アジアを旅する費用と節約するコツ

 

▼海外旅行行くなら入れておきたいアプリ!

海外旅行の両替に!為替アプリCurrencyの使い方

コメントを残す