人気連載中!はじめての海外一人旅講座

【参加レポート】ツーリズムEXPOジャパン2018に行ってきました

世界中の観光局、旅行企業が一同に集まる日本最大級のイベント「ツーリズムEXPOジャパン2018」が、2018年9月20日〜23日に東京ビッグサイト(東京都港区)で開催されました。

今年のツーリズムEXPOは、1,441企業・団体が出展し過去最高となる20万7,352人が来場。

一般公開日となる22日(土)、23日(日)は会場前から長蛇の列ができるほどでした。

 

この記事では、ツーリズムEXPOジャパン2018の様子についてレポートしていきます。

会場はとても広く、とても1日で回ることは不可能です。

そこで、筆者が回った中で面白かったブースをいくつかピックアップしてご紹介します。

海外観光局ブース

【ハワイ州観光局】まるでハワイを旅するような体験アトラクション

ハワイ州観光局

今年のツーリズムEXPOにて大注目だったブースの1つが、ハワイ州観光局が手がける「Hawaii MX4D®ライド」

一般公開日の21日、22日には、待ち時間が1時間以上という大盛況でした。

 

今回はハワイ州観光局の宮本さんに、このアトラクションの裏話を聞くことができました!

ハワイ観光局宮本さん
ハワイ州観光局 宮本さんハワイ州観光局のPRマネージャー。学生時代から旅が好きで、イギリス留学などを経験。大学を卒業後、PR会社にて観光局などの仕事などを受け持つ。より旅行の仕事をしていきたいと、ハワイ州観光局に転職して今に至る。

 

ーー今回、このアトラクションはどういった経緯でつくったのですか?

宮本:ツーリズムEXPOジャパンは旅が好きな方が大勢いらっしゃいます。

たくさんのブースがある中で、注目を浴びるような展示にしたいと、MX4D®というテクノロジーを活用した展示にしました。

ハワイには年間150万人以上の方が来られますが、まだ行かれたことがない方もいらっしゃいます。

そこで、このブースでリアルな体験をしていただき、ハワイに行ってみたいと思うきっかけを提供できたら、と思っています。

 

ーーこのツーリズムEXPOジャパンのために、アトラクションをつくったとお聞きしました

宮本:アトラクションに出てくる映像は、ハワイ島とマウイ島で6〜7月に撮影したものです。

それらを編集して組み合わせ、MX4D®のアトラクションに仕上げました。

また、ほとんどの方はオアフ島に行かれますが、ハワイ島やマウイ島など他の島もあります。

今回のMX4D®では、ハワイ島やマウイ島の自然をメインに打ち出し、ハワイでの様々な楽しみ方があることを紹介させていただきました。

 

MX4D®でも使用いたしましたマウイ島のVR映像は、現在弊局のyoutubeサイトでご紹介しております。

今後ハワイ島のVR映像も皆様にご覧いただけるように準備中ですが、是非こちらもご覧いただければと思います。

>>>ハワイ州観光局VR映像を見てみる

ハワイ観光局

筆者も今回、実際に体験してみました。

ライドに乗ってVRゴーグルをかければ、準備OK。目の前には、ハワイの豊かな自然が広がります。

映像は360°カメラによって撮影されているので、上を向いても横を向いても映像を楽しめるんです。

川に飛び込んだり、馬に乗ったりする映像では、座席の前にある装置から風や霧が吹いてきて、まるでその場にいるような感覚を味わさせてくれます。

映像の中に入り込み、実際にハワイを旅している体験ができるとても面白いアトラクションでした!

【ニューカレドニア観光局】パレオ着付けショー

ニューカレドニアは、南太平洋に浮かぶ島国。

ニューカレドニアといえば、カップルで行くビーチリゾートのイメージが強いですが、実はトレッキングやハイキングなどのアクティビティもでき、最近では男性やシニアの方にも人気が出てきているんだとか。

 

首都ヌメアは、ニューカレドニアがフランス領であるため、フランス様式の街並みが楽しめます。

同時に、メラネシアという独自の文化が今なお残っていて、一つの場所でさまざまな文化が楽しめちゃうそうです。

ミス・ニューカレドニア

ツーリズムEXPOのブースでは、準ミス・ニューカレドニアの方によるパレオの着付ショーが行われていました。

パレオは1枚の大きな布で、これを水着の上から着ていれば、レストランなどにも入店できるんだとか。

昨年も人気を博していた着付ショーですが、今年もたくさんの方が観に来ていました。

エアラインブース

【ANA】旅しなくても旅ができる?「AVATER」体験

ANAアバター

ANA(全日本空輸)は、目玉企画として出展したのが「AVATER(アバター)プロジェクト」です。

AVATERプロジェクトは、2016年からANAが始めた事業で、飛行機でヒトを運ぶANAが究極の移動手段をつくろうとするプロジェクト。

自分の代わりの分身(アバター)をリアルタイムに操作することで、たとえ実際に行かなくてもその場にいるような体験ができるというものです。

例えば、体が不自由で旅行に行けない人でも旅の体験ができるほか、将来的には、災害地での救助や病院がない地域での診療などの使い方を考えているそうです。

このANA AVATERがアメリカ・カンザス州に置かれていた

今回のツーリズムEXPOでは、ANA AVATERのプロトタイプの実演が行われました。

PCの画面に写るのは、日本から1万km離れたアメリカ・カンザス州にあるオフィス。

このオフィスに置かれたAVATERとPCがインターネットで繋がっており、PCを操作することで現地のAVATERを操作できるのです。

まだ開発途中ということで、AVATERを部屋の中で走り回せることしかできませんでした。

ただ遠いアメリカにあるAVATERは、予想以上に操作に合わせてリアルタイムに動いてくれます。

 

今後はAVATERのアームなども動かせるようにしていきたい、とのことです。

映画「アバター」の世界が目の前に来ていることを感じました。

 

>>>ANA AVATERについて詳しく知る

【ジェットスター】熱唱するのはアナウンス!飛行機カラオケ

ジェットスターカラオケ

大手LCCのジェットスター(Jetstar)は、カラオケ大手JOYSOUNDO(ジョイサウンド)とコラボして飛行機カラオケを出展。

飛行機の搭乗アナウンス、機内でのCAさんのアナウンス、機長からのアナウンスなど4パターンのセリフが用意されており、画面を見ながらなりきって話します。

飛行機カラオケ

せっかくなので筆者も体験してみました。

選んだのはシナリオ1の搭乗アナウンス。新千歳空港行きのジェットスター107便をお客様にご案内するものです。

お立ち台に上がると、画面にセリフが流れるので、タイミングに合わせて歌って(?)いきます。

観客からかなり視線を浴びるので少し恥ずかしいですが、なかなかできない体験なので面白い出展でした。

ジェットスター

飛行機カラオケを終えたあとは、ハズレくじなしの抽選ができました。

くじを引いてみるとアタリが出て、オリジナルのスマホレンズキットをいただきました!

MEMO

飛行機カラオケは、全国のJOYSOUNDでも体験できます!

詳しくは、JOYSOUND公式を確認してください。

【シンガポール航空】新型ビジネスシート体験

シンガポール航空

シンガポール航空では、最新機材のBoeing787-10に搭載するビジネスクラス座席の体験ブースを出展。

前のシートに足を潜り込ませるタイプのシートで、寝るときには完全にフラットになります。

座席周りにはコンセントや小物入れなどがあり、使い勝手がとても良さそうでした!

【スクート】オリジナルグッズ抽選会

スクート

シンガポール航空のLCCであるスクートでは、記念品がもらえるイベントを1日3回実施。

マスコットキャラクターの「ビッグバード」と記念撮影して、写真をSNS投稿すると、オリジナルグッズがもらえます。

関西=ハワイ線が1万円代で発売するスクートは、今後注目すべきLCCですね!

【JAL】新・間隔エコノミー座席体験

JAL

JAL(日本航空)では、新・間隔エコノミーの座席シート体験を展示。

ワインレッドの座席は低反発でとても座りやすいシート。

足元にはマルチタイプのコンセントを各自備え、フライト中にPCなどを充電したい人に便利そうです。

シート体験のあとは抽選に参加でき、オリジナルのノートパッドをいただきました。

旅行会社・企業ブース

【エイチ・アイ・エス】#HISとタビづくり

旅行会社のHIS(エイチ・アイ・エス)は、あなたの旅を考えるスタンプラリー「#HISとタビづくり」を出展しました。

世界中の旅をつくる企業として、HIS社員がおすすめする旅先を紹介していくという企画です。

3箇所のブースでミッションをクリアしてスタンプを貯めていくことで素敵な景品がもらえます。

第2ブースはランダムに旅ヒントが出て、写真を撮るというもの

第3ブースは、ボタンを連打する

第1ブースでは、旅のヒントが書かれたガチャガチャを引きます。

第2ブースは、高速に映し出される旅先のおすすめをカメラで撮るというもの。

第3ブースでは、2つの押しボタンを30秒間ひたすら連打するというもの。

スタンプラリーをクリアすればアンケートに回答した後に、抽選があります。

特賞には、自分がやりたい旅を実際にHISが叶えてくれるんだとか。

筆者は外れてしまったので、オリジナルのケースに入ったポップコーンをいただきました。

まとめ

この記事では、ツーリズムEXPOジャパン2018の様子について紹介してきました。

まるで世界を旅をしているようなイベント「ツーリズムEXPO」は、旅好きのあなたなら楽しめること間違いなし。

 

2019年のツーリズムEXPOは、東京オリンピックもあるため大阪での開催となります。

気になる方は、カレンダーに書き込んでおきましょう!

ツーリズムEXPOジャパン2019大阪

期間:2019年10月24日(木)〜27日(日)

場所:インテックス大阪(大阪府大阪市)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です