旅の初心者必見!実例で分かる海外旅行の計画の立て方とコツ

スポンサーリンク


こんにちは!

Backpackers WireのYoshi(@yoshi_bpwire)です。

 

いよいよ夏になり、旅行シーズンですね。

「今年こそは、旅行に行くぞ!」と思っている人も多いと思います。

でも、もう旅行の計画は立てました??

 

「友達と旅行したいけど、どう計画してよいか分からない・・・」

「バックパック旅行するんだけど、どうプランニングしよう・・・」

 

そんなあなたに、これまで海外1人旅をしてきた僕から、海外旅行を計画するコツを教えちゃいます。

この記事さえ読めば、あなたも素敵な思い出がつくれるかも!?

 

スポンサーリンク

3種類の旅行タイプ

一口に海外旅行と言っても、大きく3つのタイプに分かれます。

まずは、どういったタイプがあるのか確認してみましょう。

 

パッケージツアー

おそらく一番メジャーな海外旅行の方法です。

電車などに乗ると、車内広告でよく見かけるアレです。

有名どころだと、JTB海外ツアーDeNAトラベルなどなどがあります。

 

基本的には、日本の空港に集合して、添乗員さんと共に海外へ行くことになります。

現地では、決められたプログラム、日程に従って旅行をすることになります。

 

パッケージツアーのメリットは、やはり手軽さです。

ホテルや航空券の予約、移動方法の確保など、面倒な手続きはすべて旅行会社が代行してくれます。

ただ誘導に従っていれば旅行ができちゃいます。

 

一方で、デメリット自由度が一番低いことです。

旅行日程が決まっているがために、それ以外のところには基本的に行けません。

 

個人旅行

友達と旅行

パッケージツアーの対局にあるのが、この個人旅行です。

飛行機からホテル、交通手段まですべて自分たちで手配するパターンです。

いわゆるバックパッカーの人たちもこのスタイルですね。

 

個人旅行の最大のメリットは、自由さ&柔軟さです。

自分たちが好きなところに行き、好きなものを食べることができます。

また、普通のツアーでは行かないようなところにも行けます。

もし途中で予定が変わっても、柔軟に対応できることもポイントが高いです。

 

一方で、デメリットとしては、何かと手間がかかることです。

自宅から旅行先までのすべての部分を自分たちでアレンジしなくてはいけません。

誰もやってくれませんからね。

また、「いざ何かあった時、自分たちで何とかしなくてはいけない」という責任も伴います。

 

ただし、僕はこれまで海外1人旅をしてきましたが、個人旅行で行ってよかったなと思っています。

やはり「自分で思い通りに旅行できる」ことは、とても楽しいですよ!

 

フリーツアー(ダイナミックパッケージ)


最近、増えてきているのがフリーツアーです。

これは、航空券+ホテルがセットになったプランです。

Expedia(エクスペディア)といったオンライン旅行サイトのほか、航空会社も「ダイナミックパッケージ」という名前で発売しています。

 

このフリーツアーのメリットは、コスパの良さです。

たいていフリーツアーはセットの割引があるため、航空券とホテルを別に取る場合よりも安いことが多いです。

また、旅行の日程としてはホテルの宿泊数しか決まっていないので、後の時間は自分たちで好きに旅行することができます。

 

一方で、デメリットとしては、1都市の往復航空券とホテルがセットになるため、周遊旅行などは向きません。

ソウル、バンコクといった有名都市のみを旅行するならば、オススメの方法です。

 

個人旅行と、パッケージツアーの中間にあるフリーツアーは、今後も増えて行くでしょう。

 

旅行のプランニング方法

目的地を考える際の3つの要素

休みが取れる期間

カレンダー

旅行を計画するにあたっては、まず「どのくらいの期間旅行できるか」が重要になってきます。

 

もしあなたが社会人で、「長期で休みが取れない・・・!」という場合。

週末+有給1日といった形になるかと思います。

 

おそらくその場合、距離的、時間的に考えて、

  • 東アジア(韓国、香港、上海、台湾)
  • 東南アジア(タイ、マレーシア、ベトナム、シンガポール)
  • グアム

が限界でしょう。

ヨーロッパやアメリカ本土は厳しそうです。

 

一方、あなたが学生で、「休もうと思えば時間取れるよ!」という場合。

それなら1〜2週間といったプチ長期旅行をすることも可能です。

 

2週間程度時間があれば、いくつかの国を周遊することもできますね!

ぜひ、そんなあなたはバックパック旅行などもオススメですよ。

 

予算

海外旅行では、行く国によって旅行にかかる費用にかなり差が出てきます。

基本的に、アメリカ、ヨーロッパといった国は比較的費用がかかります。

一方で、アジア圏は比較的安く旅行することができます。

 

例えば、言わずとしれたハワイと、タイ・バンコクを比較してみましょう。

比較の指標として、今回は宿泊費を見てみます。

 

以下は、Booking.comで、8月1日からの1泊、大人2名で最安値のホテルを検索した結果です。

ハワイの場合、最低価格は5,373円でした。

しかも、ここは部屋でなく、ハンモックで寝るタイプのようです。

いろいろとすごいホテルですね。笑

 

ハワイは人気観光地なだけあって、全体的にホテルはお高めです。

 

一方、タイ・バンコクの中心街スクンビットでは、992円でした。

ドミトリー(相部屋)の部屋ですが、かなり安いですね。

ちなみに、バンコクには1泊400円ほどの部屋もあります。

 

バンコクは、東京に迫る勢いで都会化していますが、宿のお値段は日本の半分〜1/3程度です。

 

 

このように国によって、お値段だけでもかなりの開きがあります。

ご自身の予算に合わせて旅行先を選ぶのもありですね。

 

▼東南アジアを旅行する際の費用を考えて見ました

おトクに旅をしよう!東南アジアを旅する費用と節約するコツ

絶対に行きたい・見たいところ

旅行先を選ぶ上で大きな動機付けとなるのが、「行きたいところ、見たいもの」です。

最近では、テレビや雑誌、旅行サイトでも世界中の観光スポットが紹介されていますよね。

それらの観光スポットを見て、みなさんも「いつか行ってみたい!」と思っているかと思います。

 

このBackpackers Wireでも、日本、世界の素敵なところを数多くご紹介しています。

ぜひ、旅行記のカテゴリーをご覧ください。

 

見たい、行きたいところがあれば、ぜひ「行きたいところ」リストをつくってみてください。

僕もリストに行ってみたいところを書き貯めてあります。

たまにそのリストを見て、「次の休みにここへ行ってみようかな?」と考える指針になります。

 

おおまかなルートを考えよう

実際に旅のプランニングしてみる

では、いよいよ旅行の計画を実際に考えてみましょう。

今回はわかりやすいように、大学生のケンタくんの事例を用いて考えていきます!

大学生

  • 大学生のケンタくん
  • 初めての海外1人旅
  • 旅行期間は2週間
  • 予算は1日3000円
  • 飛行機は、日本〜タイ・バンコクの往復を購入
  • タイの島にあるビーチと、アンコールワットを見たい(カンボジア)

 

地図で位置関係を確認しよう

タイ〜カンボジア

まずは、旅の起点となるバンコクと、行きたい場所を地図上で確認してみましょう。

アンコールワットは、カンボジアのシェムリアップという街の近郊にありますね。

 

すると、バンコクからシェムリアップまでの直線ルートがイメージできると思います。

当然、正反対の場所に行ってもよいですが、その場合は往復にかかる時間を見積もっておきましょう。

 

今回は、2週間という時間なので、タイ南部のプーケットやサムイ島まで行くのは少し大変そうですね。

色々調べた結果、タイ・バンコクから近いリゾートの島「サメット島」に行くことにしました。

 

▼タイのサメット島についてはこちらで紹介しています

日帰りOK!「サメット島」バンコクから近いおすすめビーチリゾート

 

日数の見積もりをしよう

行きたい場所が決まったら、日数の見積もりをしておきましょう。

どこの街に何日ほどいるか決めておくと、予定が見えてきます。

 

日数の見積もりとしては、1都市(街)で2日くらい見ておくといいです。

毎日都市を移動すると、かなり疲れてきて、精神的にすり減ります。

長く滞在する街、さらっと通過する街というようにメリハリをつけることも大切です。

 

また、街同士を移動する時間もかかります。

日中に移動するなら、半日ほど見ておくといいでしょう。

夜行バスなどを利用するなら、移動時間は節約できますね。

欲張りすぎに注意

いろいろ調べてみると、最初に思っていた以上に、あちこち行きたくなりますよね。

 

でも、ちょっと待ってください。

特に、個人旅行の場合、絶対に当初の計画どおり行きません。

なぜなら、途中で行きたいところが増えたり、時間的に行けなくなったりするからです。

 

特に計画段階では、「ここだけは行きたい!」というところは決めておき、計画にゆとりを持たせましょう。

あとは旅行中に、その時の状況に合わせて、スケジュールを調整するといいですね。

 

 

交通手段を想定しておこう

ビエンチャンのバス

 

今いる街から違う街、また国を跨いで移動となると、その交通手段を考えておく必要があります。

電車で行くのか、バスで行くのか、飛行機で行くのかなど、さまざまな選択肢があります。

 

手段によって、かかる時間やお金、消耗される体力などが大きく違います。(笑)

グーグルなどで、「〇〇+行き方」などを調べてみるといいですね!

 

国境を超える方法については、旅行ガイドのほか、旅行ブログなどを参考にしましょう。

ただし、移動方法や国境越えについては、情報が変わっているかもしれないので注意が必要です

 

ケンタくんは、観光をゆっくりとしたいということで、

バンコクからシェムリアップへは陸路で入国、シェムリアップからバンコクまでは飛行機を使うことにしました。

 

▼Backpackers Wireでも国境超えの方法を紹介しています

タイ・バンコクからカンボジアへ! 空路&陸路での行き方、ビザ事情まとめ

 

 

こんな感じで旅行計画をつくってみました

ケンタくんのおおまかなルートは、以下のようなイメージになりました!

 

1日目:日本を出国。タイ・バンコクに飛行機で向かう

2〜3日目:バンコク市内を観光

4〜5日目:サメット島に行く。島で1泊する

6日目:調整日

7日目:バンコクからカンボジア・シェムリアップに陸路移動

8〜11日目:シェムリアップ市内、アンコールワットを見学

12日目:飛行機でバンコクに戻る

13日目:バンコク最後の日。お土産を買う

14日目:タイを出国。日本へ帰国

 

ポイントは、どこかで調整日をつくって、万が一予定が狂ってもいいようにしましょう。

最初から変更が効かないほど予定を詰めると、後に苦労しますよ。。。

 

 

航空券はできるだけ早く取ろう!

飛行機

旅の大まかなルートが決まれば、航空券を予約しましょう。

一般的に、航空券は飛行機に搭乗する約2ヶ月前までに予約すると安く取れます。

 

航空券は運賃ごとに売る座席数が決まっています。

通称、予約クラスと呼ばれていますが、日にちが近づけば近づくほど、安い座席は売れていってしまうんです。

なので、予定さえ決まってしまえば、早めに予約しておくといいです。

 

▼海外への格安航空券についてはこちらでご紹介しています

【保存版】格安航空券で海外旅行に行こう!国際線予約サイト7選

 

ホテル・ゲストハウスを押さえよう

全日程のホテルの予約は要らない!

ウォンドンアンビーチ近くのコテージ

航空券が取れたら、次はホテルです。

よく聞かれることに、「旅行のホテルって全部取ったほうがいいの?」という質問があります。

 

結論からいうと、すべてのホテルは取る必要はありません。

旅行をしていると、途中で必ず当初の計画が狂います。

時間が足りなくなって行くことをやめたり、新しく行きたいところが増えたりします。

ホテルを取ってしまうと、そこへ行かなくてはいけなくなり、旅の自由度が制限されてしまいます。

よって、現地についてからネットで宿を探して予約を取ったり、着いた街で探すのがよいでしょう。

 

ただし、3〜4日ほどの短期旅行なら話は別です。

短期旅行では、宿を探すのに手間がかかってしまい、観光する時間が減りかねません。

その場合、あらかじめ予約しておくといいですね。

 

 

1泊目は予約しておくのがオススメ

日本を経って、海外に到着する1泊目については、ホテルを予約しておきましょう。

長時間のフライトで体も疲れていると思いますし、そこから宿を探すのは結構大変です。

また、夕方〜夜に着く場合、その時間からホテルを探すのはリスクがあります。

 

これは旅行中にも言えて、知らない街に夜着く場合は、安全を考えてどこか1泊は予約しておくことをオススメします。

 

▼海外のホテル・ゲストハウスを予約するなら、こちらもチェック

 

旅行前に必読!海外ホテルの予約方法・おすすめ予約サイトまとめ

 

まとめ

この記事では、個人で海外旅行の計画を立てる方法をご紹介しました。

僕が旅をする中で、学んだノウハウを詰め込んでいます。

 

航空券の値段も下がり、誰でも気軽に海外旅行に行ける時代になりました。

今までツアーでしか行ったことがない海外も、自由に旅することができます。

ぜひ自分で、また友達と一緒に旅の計画を立てて、素敵な旅行をしてくださいね!

 

▼海外旅行をする際に、海外Wi-Fiレンタル使う予定ありますか?

旅行に必要?海外WiFiレンタルをおすすめな人、注意点まとめ

 

スポンサーリンク




人気記事

この記事を書いた人

Yoshi
Yoshi
バックパッカー&アマチュアカメラマン。
東南アジアを中心にこれまで7カ国旅をしました。
綺麗な景色、美味しい物、そして人との交流が好きです。
実際に行ったからこそ分かる生の情報を発信していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA