人気連載中!はじめての海外一人旅講座

中部国際空港(セントレア)で海外WiFiレンタルをする方法

こんにちは!
Backpackers WireのYoshi(@yoshi_bpwire)です。

 

昨今、海外旅行に持っていくアイテムとして人気が高い「海外WiFiレンタル」

中部国際空港から海外へ行くあなたも、友人から海外WiFiレンタルの話を聞いて、この記事を読んでいるかもしれません。

 

でも、ぶっちゃけ海外WiFiレンタルの違いってよく分かりませんよね。

海外へちょくちょく旅する僕も、最初はサービスの違いや選ぶポイントは全く知りませんでした。

 

そこで、実際に海外WiFiレンタルを借りて旅した経験をもとに、セントレアで借りれる海外WiFiレンタルをまとめてみました。

  • セントレアから海外旅行に行くけど、どこで海外Wi-Fiレンタルができるの?
  • どの海外WiFiレンタルがおすすめか知りたい

この記事では、こういった疑問をお持ちの方に、中部国際空港(セントレア)で海外WiFiレンタルする方法を紹介していきます。

 

先に結論を言うと、セントレアでは以下のWiFiレンタルサービスがオススメです。

詳しく知りたい方は、このまま読み進めてくださいね。

セントレアでレンタルできる海外WiFiまとめ

イモトのWiFi

サービス名イモトのWiFi
営業時間7時〜22時
受け取り場所3F出発ロビー Oカウンター向かい
公式サイト>>>イモトのWiFi公式サイトを見る

イモトのWiFiは、エクスコムグローバル社が提供している海外Wi-Fiレンタルサービスです。

大人気テレビ番組「世界の果てまで行ってQ」でお馴染みの、イモトアヤコさんが広告塔になっており、街中でもポスターなどを見た人も多いかもしれません。

2008年にサービスを提供スタートし、今でもトップクラスの人気です。

 

イモトのWiFiカウンターの営業時間は、7時〜22時までとなります。

ほとんどの国際線の便は、この営業時間内で借りれるはずです。

セントレア

イモトのWi-Fi

イモトのWiFiのレンタルカウンターは、3階出発ロビーの右手、Oカウンターの向かいにあります。

名鉄トラベルプラザ

イモトのWiFiの返却は、こちらのカウンターのほか、アクセスプラザにある名鉄トラベルプラザでも返却可能です。

 

イモトのWiFiについてもっと知りたい方は公式サイトで確認してみてください!

>>>イモトのWiFi公式サイトを見てみる

グローバルWiFi

サービス名グローバルWiFi
営業時間7時〜22時
受け取り場所アクセスプラザ内
公式サイト>>>グローバルWiFi公式サイトを見る

グローバルWiFiは、株式会社ビジョンが提供する海外Wi-Fiレンタルサービスです。

日本でも大手の海外Wi-Fiレンタルで、LINEでの問い合わせができるなど丁寧なサポートをしています。

 

グローバルWiFiのレンタルカウンターは、7時〜22時までです。

グローバルWiFiのカウンターは、ブースが3つに分かれているので、朝の混雑時でも、長時間待たされる心配はありません。

グローバルWi-Fi

グローバルWiFiの受け取りは、アクセスプラザ内の駐車場側にあるグローバルWiFiカウンターで行います

受け取りの際には、申し込み確認書に記載のQRコードが必要となります。

届いたメールを印刷して持って行くか、スマートフォンなどで表示して見せましょう。

グローバルWiFiの返却

グローバルWiFiの返却は、カウンター右手にあるポストに投函するだけです。3秒で返却できるので、帰りに急ぎの人でも安心ですね。

 

グローバルWiFiの詳細は、公式サイトでチェックしてみてください。

>>>グローバルWiFi公式サイトを見てみる

 

モバイルセンター(Wi-Ho!)

サービス名Wi-Ho!(ワイホー)
営業時間7時〜22時
受け取り場所アクセスプラザ内
公式サイト>>>Wi-Ho!公式サイトで詳細を見る

モバイルセンターは、テレコムスクエア株式会社が提供する海外Wi-Fiレンタルサービスです。

テレコムスクエアは、以下の2種類のサービスを行なっています。

  • Wi-Ho!(ワイホー)【個人向け】
  • モバイルセンター【ビジネス向け】

 

2017年秋から個人向けのWi-Ho!が、セントレアでも空港受け取りできるようになりました。

Wi-Ho!のレンタルカウンターは、7時〜22時まで営業しています

グローバルWi-Fi

Wi-Ho!の受け取りカウンターは、アクセスプラザ内の駐車場側にあります

青の看板で「MOBILE CENTER」と書いてあるカウンターです。

受け取りの際には、申込書とパスポートが必要となるので、手元に用意しておきましょう。

返却は、同じカウンターにある返却ポストを利用します。24時間使えるので、いつ帰国しても安心ですね。

Wi-Ho!の詳細は、公式サイトでチェックしてみてくださいね。

>>>Wi-Ho!公式サイトで詳細を見てみる

Softbank Global Rental

Softbank Global Rentalは、ソフトバンクが運営するWiFiレンタルサービスです。

海外向けのレンタルWiFiのほか、国内レンタルWiFiなども運営しています。

 

ただ、利用料金のプランが全体的に高めです。

アジア単国プランだと、1日1390円となっています。

また、契約事務手数料なども掛かってきます。

特に、ソフトバンクにこだわりがない場合、メリットが少ないように思われます。

 

>>>Softbank Global Rental公式サイトを見てみる

海外WiFiレンタルをする際の注意点

深夜便を使う人は営業時間に注意

あなたが深夜便で海外旅行に行く方は、少し注意が必要です。

海外Wi-Fiレンタルのカウンターは、夜10時で閉まってしまいます。

  • タイ国際航空バンコク行き(TG 647)に搭乗する
  • 飛行機のディレイで10時以降に搭乗する

上記の状態ならば、22時までにカウンターに立ち寄って、海外Wi-Fiレンタルを借りておきましょう。

海外Wi-Fiレンタルは3日前までに予約!

海外Wi-Fiレンタルは、基本的にインターネットで予約する必要があります。

空港で確実に受け取るためには、出発2日前の夕方までに予約しておく必要があります。

「出発直前で間に合わない!」ということがないように、早めに申し込んでおくと安心ですね!

イモトのWi-Fi出発日2日前の17時まで(※)
グローバルWi-Fi出発日2日前の15時まで

※土日祝日の場合、16時まで

海外Wi-Fiの当日レンタルは止めておこう

中部国際空港から飛行機に乗る当日に、海外Wi-Fiレンタルはできるのでしょうか?

結論から言うと、当日レンタルができますが、オススメしません。

 

海外WiFiレンタルは、国ごとにポケットWiFiルーターが異なります。

旅行する先の国や混雑状況によっては、もう在庫がない可能性があります

また、割引キャンペーンなどが適用されず、レンタル費が高額になる危険もあります。

できるだけ事前の申し込みをしておきましょう。

まとめ

この記事では、中部国際空港(セントレア)で借りれる海外WiFiレンタルサービスを紹介してきました。

個人で旅行する場合、イモトのWiFi、グローバルWiFi、Wi-Ho!の3社で選ぶとよいかと思います。

料金については、それぞれの公式サイトで確認して、お得なサービスを見つけてくださいね。

 

▼海外WiFiレンタルを詳しく比較してみました

旅行に必要?海外WiFiレンタルをおすすめな人、注意点まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です